専門家

月間200種類のスイーツを試食?!「スイーツジャーナリスト」のお仕事に密着してみた

All Aboutの専門家のお仕事について聞くコーナー、今回はTBSテレビ「マツコの知らない世界」などのテレビ番組への出演や、ラジオ、新聞、雑誌、SNSでスイーツの魅力を発信し続ける、All About「スイーツ」ガイドの平岩理緒さんの一日に密着しました。

All About「スイーツ」ガイドとしての記事執筆を始め、TBSテレビ「マツコの知らない世界」などのテレビ番組への出演や、ラジオ、新聞、雑誌、SNSでスイーツの魅力を発信し続ける平岩さん。ひとつのスイーツを紹介するのにもパティシエの経歴、その想い、誕生エピソード、味について深く掘り下げての解説は、スイーツを作る側・食べる側、双方への愛がたっぷり。取材のために、月間200種類はスイーツの試食をしているというスイーツジャーナリストの1日に密着してきました。
All About「スイーツ」ガイド 平岩 理緒

2002年よりスイーツ情報サイト「幸せのケーキ共和国」を主宰するスイーツジャーナリスト。新聞、雑誌などでスイーツの情報を発信するほか、カルチャースクール、製菓系専門学校での講義、スイーツイベントのコーディネート、商品開発コンサルティング、コンテスト審査などを行っている。1か月に試食するスイーツはなんと200種類!

■ 朝から夜までスイーツ三昧!?広がる「スイーツジャーナリスト」のお仕事

―― スイーツ三昧でうらやましいような……。もう少し具体的に仕事内容を教えてください。

今、月1のWeb原稿がAll Aboutを含めて4媒体くらい。このほか海外の専門雑誌や、年4回といった頻度のWeb媒体でも執筆しています。

―― 原稿を書くときに気を付けていることはありますか?

原稿や情報発信では、作り手の想いをしっかり聞き取った上で、必要に応じ私自身の主観も加えて、お菓子やお店の良さを伝えますが、改善した方がいいなと思うことは記事には書かず、お店に直接「ここをこうすればもっと良くなりますよ」と伝えています。

―― お店にとってはありがたいアドバイザー的な存在ですね。媒体で言うと、日経新聞土曜版の「なんでもランキング」でも、よくお名前を拝見しています!

そうですね。あれは、あるテーマで選出されたお菓子を複数の専門家がランキングするのですが、私はテーマや候補のお菓子選定もご相談いただく場合もあり、企画段階から関わっているお仕事です。

―― そのほかにはどのような仕事がありますか?

講師、コンテスト解説や審査員、MCなど。話題のお店やケーキのチェックも大切な仕事。今のスイーツのトレンド分析・予想などを頼まれることもあります。

―― 一口にスイーツジャーナリストといっても間口は広いんですね!コンテストの審査員について聞かせてください。

今年は、「第9回全国和菓子甲子園」「第10回えひめスイーツコンテスト」などがありますが、書類選考から関わることも多いです。食べずに選考する際は、プレゼンや添える写真を重視します。写真の撮り方やレシピの書き方などの第一印象にも、どれだけそのスイーツについて丁寧に考えているか、その人の生き方が反映されるんです。一つひとつの書類を細かく見る前に、概観していいものをピックアップしていく。そして、さらに絞り込むという感じです。

―― 平岩さんは製菓学校でも講師をされていますが、何を教えているのですか?

「レコールバンタン」では、パティシエやバリスタ志望の学生たちにお菓子業界の動向や、新しいお店やパティシエの情報を伝えています。心がけているのは、一方的に伝えるだけではなく、情報交換の場となるようにしていること。将来パティシエやバリスタになる学生たちは、ケーキを作ったり、コーヒーをサーブしたりするだけではなく、情報発信力やアンテナの立て方も大切。そのために必要な心構えや方法を伝えています。
平岩さんの一日に密着その①~レコールバンタンで授業~


この日は、学生たちが行ってみたいスイーツやカフェのお店の名前とその理由を書いて一人ずつ発表。これは、学生たちが受け身の授業にならないような工夫のひとつでもあり、学生たち同士の情報共有や興味関心を引き出すことにもつながる。

将来のパシティエたちには発表することを通じて「プレゼン能力」も必要だということを気付かせる効果も。平岩さんにとっても、今の学生たちがどんなところに興味を持っているかわかるという、一石四鳥くらいの効果的な授業だった。

学生が発表するお店は、フランスの有名店ばかりではない。「コンビニのケーキや地元の和菓子屋さんでもいいものはたくさんあるのです。なぜ売れているのか、その理由を考えることが大切」という平岩さんの話に、学生たちも熱心に聞き入っていた!

取材協力:レコールバンタン東京校 
URL:http://www.lecole.jp/
住所:東京都目黒区上目黒1-3-3

―― 最近では平岩さんをテレビでもお見掛けします。「マツコの知らない世界」に2度ほど出演されたとか。

そうですね。でもどちらかというと、テレビよりラジオのほうが好きなんですよ。 もともと文章を書くのが好きなので、ラジオであれば、言語化して説明できるけれどテレビだと映像の効果が強すぎちゃって。言葉でスイーツのすばらしさを伝えるのは燃えますね。TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」などにも、時々、出演させていただいています。

■ モチベーションは、「素晴らしい出会い」

―― 平岩さんのお仕事のモチベーションってどこにあるのでしょう。

私の役割は、人と人をつなげることだと思っています。作り手と買い手の間に介在して作り手の「わかってほしい」という気持ちを世間に伝えて、「買ってみたい」「食べてみたい」という行動につなげる。その結果みんながハッピーになれば一番うれしいですね。「記事を読んで行ってみたらおいしかった」とか、お店の人に「想いをわかってくれてありがとう」と言われると、やはりうれしいです。
平岩さんの一日に密着その②~予約したケーキを受け取りに、中目黒の「クリオロ」へ~


クリオロは、フランス人サントス・アントワーヌさんのお店。フランスのチョコレートメーカーが日本で展開する「ヴァローナ・ジャポン」などを経て、小竹向原でお菓子教室「エコール・クリオロ」として2000年にスタート。その後パティスリーもオープンした。

2016年に明るくポップなお店から、ちょっぴり大人の雰囲気を醸し出すお店「クリオロ」にブランドチェンジ。日本人の好みをよく取り入れたフランコジャポネなスイーツが評判。

この日は2018年5月2日にNHKBSプレミアム「極上!スイーツマジック」で紹介された「茶CHA」を受け取りに。茶筅をかたどったチョコレートや抹茶の泡まで再現されたケーキの中にはほうじ茶ジュレや抹茶クリーム、そしてゆず餅もin。甘すぎず繊細な食感は、「お茶のセレモニー」のテーマにふさわしい逸品だ。
※「茶CHA」は2018年7月末までの販売予定。詳細は店舗に要確認。

【クリオロ】クリオロ東京本店
URL:https://www.ecolecriollo.com/shop-honten/
住所:東京都板橋区向原3-9-2
電話:03-3958-7058
営業時間:10:00~20:00
休:火曜(祝日の場合は営業)

取材協力:クリオロ中目黒店
住所:東京都目黒区上目黒1-23-1中目黒アリーナ103
電話:03-5724-3530
営業時間11:00~20:00(日~木)・11:00~21:00(金・土)
休:不定休

■ お菓子の知識を深め、アンテナを立て、専門性を高める

―― 平岩さんはその専門性をより高めるために、どのような努力をしていますか?

ひとつは、お菓子の知識をより深めることです。そのために製菓の専門学校に通って、基本の作り方から勉強をしました。そのほうがもっとパティシエたちの想いや言っていることがわかるのではないか?と思ったんです。私のような動機で入学している人は他にいませんでしたけど(笑)。現在も、フランス人のMOF(フランス国家最優秀職人章)パティシエの来日講習会に、国内トップパティシエの講習会やトークイベント、素材の勉強会などに、可能な限り参加しています。知り合いのシェフにも「どこに行ってもいるよね」と言われるくらい。

―― これだけアウトプットが多いのに、それを上回るインプットなんですね。

お菓子だけではなく、食まわり全般にもアンテナを張っています。今度、私の母のルーツである熊本で「日本洋菓子協会連合会」と「熊本県洋菓子協会」主催の講習会があって取材を兼ねて行くのですが、せっかくなので有田にもまわり、焼き物をみて来たいと思っています。

―― スイーツの世界からどんどん広がりつつも、軸はスイーツにあり。

外食産業や大手食品メーカー、流通の動きはもちろん、食関連に限らず、そのほかトレンドチェックは欠かせません。最先端に左右される必要はないけれども、今のトレンドを理解して、その上で作り手は何をすべきか選択肢を増やすお手伝いはできるかなと思っています。

■ 情報発信は特性を踏まえて発信内容を変える工夫を

―― 情報発信は、ご自身のSNSでも積極的にされていますね。

それぞれ使い分けをしています。Twitterでは140字しか書けないので、工夫しています。ユーザーが見てすぐ買いに行けるように営業時間や定休日は入れるようにするとか。インスタでは、「こんなに書く人いないよ」ってくらい文章もたくさん書いています(笑)。フェイスブックでは、やはり、Twitterで書ききれないところを書きますね。

―― 平岩さんのインスタ見ました。本当にコメント長いですね(笑)。とても詳細で、ケーキに対する愛を感じます。

―― 他には、どのような工夫をされていますか?

投稿ひとつとっても実験と検証を繰り返していますよ。たとえば、チョコレート系やお取り寄せ系情報は、夜のほうが反応がいいとか、新店オープンなどの情報は、朝8時までが反応がいいとか。曜日や天気や気温なども踏まえ、日々仮説をたてて実験して検証。結果がでるのが面白くて。 前職がマーケターなので、どうしてもそういうアプローチをしてしまうし、実際そういうのが好きみたいです。変わり者ですね(笑)

■ 月に200種類食べるってホント?それでも太らないその秘密は?

―― ところで、平岩さんは毎日毎日ケーキばっかり何個も食べて、よく太りませんね。試食のときも、一口食べるだけではなく完食すると伺いましたが、本当ですか?

審査などは別で、もともと数人で分ける想定で用意されていることも多いですし、数十種類を一度に食べなくてはならない時は、最初と最後で満腹度によって評価がぶれないことが優先です。でも、取材で1つ用意いただいている時や、自分のリサーチとして選んで食べる時はそうですね。ケーキって、一口目の舌触りから始まって、食感であったり、甘味であったり食べ終わったときのトータルのバランスを考えて作られているんです。だから完食しなければそのケーキを本当の意味で理解はできません。作り手の方や素材の生産者さんにも申し訳ないですし……

―― それはパティシエの人たちもうれしいですよね。でもカロリーが心配。

摂取カロリー分をジムで消費するよう心掛けたり、家での食事は野菜とタンパク質中心にして、炭水化物は控えています。それでも以前と同じだけジムで運動をしても基礎代謝が落ちているせいか、体重が落とせなくなっていますねえ。

■ 20種類のアイスクリームの試食でも味ははっきり識別!

昨日は、アイスクリームの試食だったんですよ。20数種類。

―― え!?おいしそうだけれど、味がわけわからなくなりそうです。

試食のときは淡泊な味のモノから次第に濃い味になるように、順番を考えるのが基本ですが、同一カテゴリーの時は、順不同でも概ね問題ないです。「おいしい」という感覚より、常に頭に甘味と酸味とかのバランスといった評価基準があり、軸で分けられた象限に味をあてはめて考えるところがありますね。

―― 「なんだかわからないけれど、おいし~い」というわけにはいかないですもんね。ところで、和菓子には興味はありますか?

和菓子は今とても面白いと思っています。和菓子というのは、非常に歴史があって何百年と続いている老舗が、新しい試みにもチャレンジしていたりします。それが面白いですね。

私はもともと歴史の教師を目指していたくらいなので、歴史を感じさせるものは大好きなんです。また、同じお饅頭でもなぜこのお饅頭は売れるのか?といった観点で見ると、興味深いですよ。

―― なるほど。とことん調べるこだわりと、なぜおいしいか、なぜ売れるのかというアンテナを常に磨いていることが、スイーツの紹介に役立っているんですね。 平岩さんの紹介は、シェフの人となりから、お菓子の付帯情報について細かく調べて情報を出してくれるので、スイーツに対する理解がすごく深まりますし、それを知ってから食べるとよりおいしく感じます。

おいしく食べるには、どんどんお店の人とコミュニケーションをとっていろいろ聞いてみるのもいいと思いますよ。

■ 専門用語を入れつつ、まわりに説明をちりばめる

―― All Aboutでは70本近く記事を書かれていますが、意識していることを教えてください。

お菓子の専門誌とは違って、All Aboutの読者はとても幅広いですよね。ですから、より読みやすさを心がけています。専門用語は、そのまま書くとわからないけれど、無理に翻訳してもわかりにくい。そこで、そのまま書き、それが何を意味するのかを分かるような書き方にしています。

たとえば、「ビスキュイ・ジョコンド」という言葉があります。アーモンド入りの別立てのスポンジ生地を意味する専門用語なんですが「アーモンドが香るビスキュイ・ジョコンドがしっとりとしているので」と書けば、「ああ、生地にアーモンドが入っていてしっとりとしているのかな」とイメージがわくでしょう?専門用語をあえて残すことでスイーツ好きな人が「この言葉はなんだろう」と一つの発見にしてくれればそれはうれしいなと思います。

■ スイーツの歴史をきちんと残したい

―― 今後、さらに展開していきたい活動はありますか?

昨年は、監修本を2冊出してとてもいい経験になりました。今後は、お菓子業界の大御所たちにロングインタビューをして、自伝を書くお手伝いができたらいいなと思っています。日本のお菓子業界の歴史を残すという意味でも、意義のある事だと思っています。

―― わあ。それは楽しみです! 歴史好きのスイーツ専門家として、ぜひ実現してくださいね。今日は長時間にわたり、ありがとうございました!

平岩さんの著書の数々…… ガイドプロフィールページからもご覧いただけます。

まとめ

平岩さんは、一見クールビューティーなお嬢様風ですが、内に秘めたる情熱、とことん調べて伝えたいというエネルギーは熱くて、とってもパワフル。
健康にもとても気を遣い、すべてをスイーツに捧げているその一端をみせていただきました!これからもますますスイーツの魅力を発信し続けてください。ありがとうございました。
取材・文:宗像陽子
ライター・All About「歌舞伎」ガイド・子育てサイトココフル♪編集長。インタビュー記事や子育て記事、日本芸能についてなど、様々な媒体で情報発信中!
64 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(前編)

オールアバウトの創業者である江幡さんは、昨今「スキルワーカー」という概念を提唱しています。江幡さんがオールアバウトの経営を通じて実現したい、理想的な社会や個人のあり方とは、いったいど...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

人気記事ランキング

ヒト <7月の新メンバー>データサイエンスの知見をより深め、ユーザーやクライアント、事業にフォーカスした活用を推進したい(エンジニアリンググループ・秋月)

今月入社した中途社員を紹介します。

コト 【イベントレポート】サンプル百貨店主催『知らなきゃ損する!セルフメディケーションとOTC医薬品の活用講座』をレポート

日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」が「セルフメディケーション」の推進を目的に、OTC医薬品の正しい理解と活用を促進するセルフメディケーション講座を開催! 「サンプル百...

ヒト <7月の新メンバー>運用だけでなくスピード感ある新たな仕組みづくりにチャレンジしたい!(情報システムグループ・新井)

今月入社した中途社員を紹介します。