ヒト

<4月の新メンバー>広く浅くより、一点突破 (デザイン室・水落)

今月入社した中途社員を紹介します。

所属部署

デザイン室で、オールアバウトグループ全体のSEOを担当する水落です。

前々職~前職でやっていたこと

前々職ではWeb専業の広告代理店でSEOのコンサルタント兼営業として勤務していました。
SEOのスキルをより極めていくのには運営する側に立つ経験をした方がいいと考えて、前職のWeb企業にコンテンツメディアのインハウスSEO担当者として転職をしました。

前職では複数の媒体があり、そのいくつかに関わっていました。
主な仕事の仕方としては、いかに多くの方にコンテンツを見ていただく状態にするために、多くの実験を繰り返し、最適な施策を見つけ出してそれをオペレーションに組み込んで成果を上げる…… というものでした。

数字的な結果を出すことももちろんですが、情報コンテンツだったので、数字ではない部分も重要です。いかにユーザーに対しての最適解になるか、ということも同時に考える必要があったので、そのあたりのバランス感覚が芽生えてきたと思います。


学生の頃からWeb業界が隆盛著しいことを目の当たりにしながら育ってきた世代なので、社会人になる前からWebの仕事をしたいと思っていました。
その中でも、謎解きのような仕事の仕方をしたいと思っていたので、答えのあるようでない、ないようであるという世界に惹かれてSEOを仕事に選びました。
また、元々SF映画が好きで、Web業界にいると技術によって時代が進歩していく様が体感できるので、そういったところも楽しいと思っています。

私は、●●ガイドです!

私は、音楽ガイドです!


学生時代から楽器をやっていて、今もバンドをやっています。
バンドではベースを弾いていて多いときで年5回以上はライブにも出演しています。

自分が演奏する立場だからか、どうしてもプレイヤーの視点で音楽を聴く傾向があるのですが、それもあって国内外のインスト音楽やプレイヤーのことは詳しいです。
そして他の人となかなか音楽の話が合いません(笑)
あまりジャンルで分ける考え方もせず、鳴っている音やそこから出てくる空気感で、好きか嫌いかを判断します。

2017年4月時点で、個人的におすすめなのは、アメリカのベーシストの「Thundercat」というアーティストです。
顔はゴツイのに妖精のような声で(笑)宇宙を感じさせるブラックミュージックを聴かせてくれます。
あとは最近だとイギリスの伝説的なアーティストの「Squarepusher」がやっているバンドや、ヒップホップの「Kendrick Lamar」も、すごくカッコいいですね。
 (388)

ひとこと

SEOもマニアックな音楽も、なかなか広く理解をしてもらいやすいものではないんですが(笑)、あまり色んなものを広く浅くするより、好きなことや得意なことに尖ったほうがいいと思っているので、同じような考えの方とぜひ一緒にお仕事してみたいです!
10 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

ヒト <リーダーズvol.12> 不確実な世の中で”長く続く会社”になるために

今年3月の決算説明会にて、7期連続増収・過去最高売上高更新を発表したオールアバウト。2020年に迎える創業20周年に向けて、今、順調に業績を拡大している背景について、代表の江幡さんに...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.16】超貴重! 恵比寿で美味しいワンコインランチ

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第16回はメディアビジネス本部アカウントプランニング部から”ペーター”こと大谷さんが登場!...

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...

お知らせ 【年頭所感~2019】変革期こそチャンス。専門性をもった個人のチカラで社会の“不”を解消したい

オールアバウトの代表取締役社長 江幡哲也の年頭所感です。