コト

【イベントレポート】サンプル百貨店が主催!小児科医が教える、ママ向け「薬育」講座

日本最大級のサンプリングECサイト「サンプル百貨店」がセルフメディケーションの推進を目的に、OTC医薬品の正しい理解を促進する「薬育」講座を開催!36名の6歳以下の子供をもつママが参加しました。

オールアバウトグループでEC事業の分野を担う株式会社オールアバウトライフマーケティングが運営する、日本最大級のサンプリングECサイト「サンプル百貨店」は、0歳〜6歳までの子どもを持つ女性会員を対象に、セルフメディケーションの啓発を目的としたOTC医薬品の正しい理解を促進する「薬育」講座を2月2日(金)に開催しました。

イベントでは、みいクリニックの宮田医師が登壇し、容態の判別がつきにくい乳幼児を対象とするセルフメディケーションについて解説いただきました。

■セルフメディケーションって何?

みいクリニック 宮田医師

みいクリニック 宮田医師

――宮田先生 「『セルフメディケーション』とは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすることを意味します。例えば、かぜ気味だ、頭が痛い、のどの不快感、胃腸の調子が悪い、夜泣きなど、日ごろよく経験する症状は、市販薬を利用し無理せず休むことで治ることも多いでしょう。

家庭薬や市販薬は長い販売実績があり、飲みやすさが工夫されています。病院の処方薬は、早く病気を治すことが目的ですので、飲みやすさといった工夫が少ないこと、また作用が強いことがあげられます。医師によっては薬の飲み合わせに対し配慮が足りなかったり、また抗生物質を出すほどでもない症状でも、処方薬がたくさん出される場合もあります。

多くの自治体で12歳以下の場合、医療費控除で費用がかからないとはいえ、育児と家事をこなしながら、時間を捻出して病院へ行くのは容易ではないと思います。もし医者にいくほどの症状でなければ、自分でケアをしてみてください。

■市販薬を利用しない理由「病院の確実性」「市販薬の使い方がわからない」

サンプル百貨店が532人の6歳以下の子どもを持つ女性を対象に行った調査によると、市販薬を用いた子どもの自宅看病、健康管理への実施意欲は約7割(実施したい31%,やや実施したい40%の合算)と高いものの(グラフ1)、実際は約9割が「子どもの体調が悪い時は病院に連れていく」と回答しており、市販薬の使用率は15%に留まりました(グラフ2)。
 (3585)

 (3586)

市販薬を使用しない理由として最も多かったのは「病院のほうが確実・安心だから」で、次いで「どの市販薬を使ったらよいかわからない」「病院に行った方が費用が安いから」「市販薬を子どもに服用させてよいかわからない」でした(グラフ3)。

また、病院へ連れていく際の懸念点として、約8割が「待ち時間」と「病院での院内感染」と回答しており、セルフメディケーションの取り組み意欲は高いものの、現実的に実施が難しいことが推察されます。
 (3587)

――宮田先生 「中々自分で判断するのは難しい部分もある。そういう時に活用してほしいのが『かかりつけ薬剤師』です。『かかりつけ薬剤師』とは、薬による治療や、健康・介護に関することなどに豊富な知識と経験を持ち、患者さんや生活者のニーズに沿った相談に応じることができる薬剤師のこと。かかりつけの薬局や薬剤師を決めておけば、自分の体質に合ったアドバイスを受けられます。また、医師から処方される薬との重複利用による悪影響や、飲み合わせによる副作用なども防ぐことができます。

そのほかにも活用できる様々なサービスがあります。例えば、『小児救急電話相談#8000』では小児科医師や看護師からのアドバイスがうけられますし、厚生労働省研究班と公益社団法人 日本小児科学会が監修する『こどもの救急』というサイトでは、気になる症状別に簡易診断ができるようになっており、病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。」
イベントの第2部では、「龍角散」「宇津救命丸」「丹平製薬」「三宝製薬」「玉川衛材」のOTC医薬品メーカー5社も登壇し、販売するOTC医薬品の効能や服用における注意点について解説。

体験ブースでは、参加いただいた方が直接メーカー担当者から話をきいたり、実際に商品を手に取って体験する様子が見られました。

<OTC医薬品メーカー 商品説明の様子>

宇津救命丸株式会社 専務取締役  宇津 善行 様による説明

宇津救命丸株式会社 専務取締役  宇津 善行 様による説明

三宝製薬株式会社 ヘルスケア営業部 流通推進課 田中 ...

三宝製薬株式会社 ヘルスケア営業部 流通推進課 田中 孝一 様による説明

株式会社龍角散  代表取締役社長 藤井 隆太様による説明

株式会社龍角散  代表取締役社長 藤井 隆太様による説明

<体験ブースの様子>

丹平製薬 「アトピタ」体験ブース

丹平製薬 「アトピタ」体験ブース

龍角散 「らくらく服薬ゼリー」体験ブース

龍角散 「らくらく服薬ゼリー」体験ブース

■サンプル百貨店がセルフメディケーション促進を応援する理由

―本事業を担当する、イベント・プロモーショングループ プロデューサーの小塚さんに、開催趣旨を聞きました。

――小塚「今回の講座のテーマである『セルフメディケーション』は、医者不足の解消、医療費の削減などを目的に国をはじめ、OTC医薬品メーカーや薬局が認知促進に取り組んでいます。例えば、昨年2017年1月から『セルフメディケーション税制』が施工され、OTC医薬品を購入した際に、購入費用について所得控除をうけることができるようになりましたが、日本一般用医薬品連合会によると、その認知率は約6割。そのうち内容について詳しく知っている人は1割に満たないことが明らかになりました。2015年から医薬品を取り扱っているサンプル百貨店という立場としても、セルフメディケーションの必要性、その実施方法を広く訴求していきたいと考え、このようなイベントを企画しました」

―今後も継続してイベントは行う予定ですか?

――小塚「はい。今回は乳幼児向けのOTC医薬品を中心に行いましたが、切り口を変えたりしながら継続的に実施していきたいと考えています。セルフメディケーションの啓発はもちろんですが、OTC医薬品の認知拡大にも力をいれていきたいと思っています。

以前サンプル百貨店が行った調査の結果、医薬品の購入時に重視することとして、約9割がメーカーや商品の認知度と自身の使用経験、実家で常備していた薬と回答。飲みなれていない、またはメーカー名・商品名を知らないOTC医薬品の購入は抵抗があることがわかりました。

また、医薬品の購入時に参考にする情報として、"薬剤師の説明(58%)"、"家族の使用経験(44%)"が最も多い結果となり、OTC医薬品はブランドスイッチを検討する機会が少ないと推察しています。

サンプル百貨店は、メーカーの商品を通常価格の半額~1/3程度のお試し価格で提供する『ちょっプル』を展開しています。リアルの場でお試しできるイベント『リアルサンプリングプロモーション』も年に4回実施しており、企業は来場者に対しブランド認知向上と正しい理解促進が期待でき、生活者は正しく詳細な商品情報が得られるなど、双方にとってメリットのある場になることを目指しています。 様々な施策をもって、セルフメディケーションの普及に貢献できればと思っています!」
株式会社オールアバウトライフマーケティング イベント・...

株式会社オールアバウトライフマーケティング イベント・プロモーショングループ プロデューサー 小塚雄基さん

-小塚さん、ありがとうございました。

26 件

おすすめの記事

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

ヒト <リーダーズ vol.1> 新編集長、大塚が見る「All About」の今と未来 

こんにちは、広報グループの大貫です。 弊社が運営する総合情報サイト「All About」ですが、2017年1月に新しい編集長が就任しました! そこで、ジェネラルマネジャーや、執行役...

人気記事ランキング

ヒト <リーダーズ Vol.10>オールアバウトグループ成長の牽引役、『サンプル百貨店』の取り組み

2011年に資本業務提携をした後、2012年3月にオールアバウトのグループ会社となったオールアバウト ライフマーケティング。話題の商品がお得に試せる「サンプル百貨店」を主力サービスと...

コト 【ゴチエビス vol.2】体に優しい!ついつい食べたくなる創作系中華料理(グローバル推進室・呉 怡慧)

オールアバウトの所在地、恵比寿にある弊社社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第2回はグローバル推進室で、海外向け情報発信サイト「All About Japan」 ...

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...