コト

【ゴチエビス vol.6】私の「やる気スイッチ」!目と舌を満たす、極上ご褒美ランチ

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第6回は「All About」の広告の運用を担当する、商品企画部の小松美鈴さんのオススメをご紹介します!


本日の案内人 :メディアビジネス本部 商品企画部 
営業企画グループ 小松美鈴(こまつ みすず)


2004年オールアバウトに広報・販促担当として入社。その後、ECサイト(スタイルストア)の販促・食品バイヤーも経験。2人の産休復帰を経て、現在は商品企画部運用グループにてコンテンツマーケティングの運用を担当。たまにスイーツ部を開催中。

■メニュー選びに悩むはず。秋冬はもちろんジビエで再訪!

 (4071)

―お店の名前と場所を教えてください

フレンチレストランの「マノワ」というお店です。
オールアバウトのオフィスからだと7~8分程でしょうか。明治通りを広尾方面に歩いて行き、よだれ鶏が人気の「JASMINE」より少し手前にあります。お店は通り沿いですが、少し奥まっていますので通り過ぎないように…。

――お店の魅力は?

なんといっても、いつ行っても飽きさせないお料理に尽きますね。その時期の旬の素材を使った独創的なフレンチをいただけます。秋になればもちろんジビエの季節、この時期も外せません。ちなみにオーナーソムリエはハンターとして、自ら狩りをするそうです。

――お店の雰囲気は?

明治通り沿いながらも、入り口がやや奥まっているため、基本的には予約して行くお店だと思いますし、ちょっと入りづらそうな雰囲気はあるかもしれません。扉を開けるとヨーロッパの邸宅に招かれたような、ちょっと重厚な雰囲気。やや緊張するかもしれませんが、オーナーとサービスの方に優しく迎えてもらい、メニューを渡された瞬間、もうすっかりこの世界に溶け込むことでしょう(メニュー選びに集中するため)。ちなみに、店内はやや暗めのため、写真を撮りたい場合は座る席にはちょっと気を付けてください。
 (4072)

――オススメのメニューは?

ランチメニューは3800円のプリフィクスコースと6500円のおまかせコースがあります。もちろん、3800円コースしか頼んだことはありません(笑)。しかしおまかせをチョイスするお客さんが結構いらっしゃって、正直羨ましいです…。ちなみにプリフィクスコースは、グラスシャンパンなどアルコールもOKのワンドリンク付きか、ワンドリンクなしでメインがお魚とお肉が頼めるものの2種類があります。食いしん坊な人はメイン2品を、お酒が好きな人はワンドリンク付きを選ぶと良いと思います。
 (4073)

――この日食べたメニューは?

悩みに悩んでチョイスしたのはこの3品。

前菜…蝦夷アワビとフランス露地物のホワイトアスパラのソテー(+800円くらい)。

ホワイトアスパラがあります、と言われて飛びついてしまいました。黒いプレートの上に白と緑のコントラストが美しく、絵画のようなお料理にまずは感激。そしてホワイトアスパラのしゃっきりとした食感とあっさりとした甘みにニンマリ。肝ソースで和えたアワビもほろ苦さとうま味が合わさります。
 (4074)

メイン…熟成日本鹿のショーソン(ミンチ肉のパイ包み焼き)

鹿肉の粗めのミンチをパイで包み焼きした、定番メニュー。さっくりとしたパイが鹿肉の甘みをしっかり包み込んでくれています。添えられたニンジンの濃さも良いアクセントに。
 (4075)

デザート…柚子とオレンジのパルフェ ヴァローナチョコレートと共に

これも芸術的な美しさ。ほろ苦いヴァローナチョコレートの下には、柚子のソルベとオレンジのコンポート、さっくりとしたガレットが。濃い目のメイン料理の後にさっぱりとしたこのパルフェのチョイスは大正解。ガレットとチョコレートがさっぱりさせすぎない、絶妙なバランスでした。
 (4076)

ちなみに、幸代ちゃん、あさみちゃんが選んだマノワの球体モンブランは、定番ながら季節ごとに中身が変わる仕掛け。今回は苺とピスタチオという魅惑的な組み合わせでした。
 (4077)

 (4078)

■恵比寿ならではのプチ贅沢を

――どんな時に利用しますか? 

マノワを利用したきっかけは「締めランチ」。高橋幸代ちゃん、石橋まりーちゃん(現マカロニ副編集長)他数名で、Qが終わると仕事を労いつつも鬱憤を晴らそうと、毎回2000~4000円位のお店を探しては楽しむランチをしていました(ママであまり夜出歩けないため)。他にもいろいろ行きましたが、マノワが一番満足度が高く、同じようなメンバーで既に5~6回は行っています。ランチとしては決して安くはないですが(今回も追加料金払って5000円ちょっと)、一度食べたら高いとは思えないはず。恵比寿で働く者として、たまのご褒美には本当にオススメです。一緒に行きたいという方、ぜひ声かけてください!

■次回の案内人は?

――――最後に、誰の「行きつけ」を知りたいですか?

新大久保の美味しい韓国料理のお店を数多くご紹介されている、DMGグループのジョンさんの行きつけのランチ店をぜひ教えてほしいです。(先日も豚足の美味しいお店に連れて行ってもらいました)

■店情報

【店名】MANOIR(マノワ)
【住所】 東京都渋谷区 広尾 1-10-6 プロスペクト グラーサ 広尾 1F
【TEL】03-3446-8288
【営業時間】 Lunch 11:30~13:30(L.O.)15:00(CLOSE)
Dinner 18:00~21:00(L.O.)23:00(CLOSE)

これまでの「ゴチエビス」はこちらから

39 件

おすすめの記事

コト 「Advertising Week Asia」に執行役員・箕作が登壇~生活者をいかに態度変容させるか、ブランドリフト観点でのアドベリフィケーション活用について

世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング・広告など多くのテーマでセッションが展開されるイベント「Advertising Week Asia」。アドベリフィケーションに関す...

ヒト <リーダーズ Vol.10>オールアバウトグループ成長の牽引役、『サンプル百貨店』の取り組み

2011年に資本業務提携をした後、2012年3月にオールアバウトのグループ会社となったオールアバウト ライフマーケティング。話題の商品がお得に試せる「サンプル百貨店」を主力サービスと...

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは...

人気記事ランキング

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

コト 今年は恵比寿もアツかった……オールアバウトのハロウィンパーティーをレポート

ハロウィンといえば“渋谷ハロウィン”が話題となっていましたが、恵比寿のハロウィンはもっと熱い?! ということで、先日オールアバウト社内で開催されたハロウィンパーティーの様子をレポート...

ヒト 手芸をキッカケに主婦をスターにさせる、ナガオ流プロデュース術

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みを深堀していく「Players」。今回は生涯学習事業を推進する、株式会社オールアバウトライフワークス...