コト

【ゴチエビス vol.8】栄養が偏る一人暮らしに嬉しい、家庭的な“ぼっちランチ”

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第8回はオールアバウトの営業活動を担う、アカウントプランニング部 新卒3年目の“とめちゃん”こと、久留深冬さんのオススメを紹介します。


アカウントプランニング部 久留深冬(ひさとめ みふゆ)

2016年オールアバウトに入社。現在、新卒3年目。アカウントプランニング部で「食品・飲料」分野のクライアントを担当する駆け出しの営業マン。

■ランチに求めるものは、「味と栄養」

 (4572)

―お店の名前と場所を教えてください

北海道の旬の食材を取り寄せた定食が楽しめるお店「ヤマノキ」というお店です。恵比寿駅西口側の「猿田彦珈琲恵比寿本店」や「JAPANESE ICE OUCA」よりさらに奥に入った、「たいやき屋ひいらぎ」の店の並びに、この店はあります。佇まいはこぢんまりとした居酒屋で、お昼時はつい見逃してしまうかも知れません。夜は、北海道の地酒とそれに合う北海道産食材を使った料理が楽しめます。

――お店の魅力は?

未婚・単身の私がランチに求めるものは、「味と栄養」。いくらオシャレな街、恵比寿といえどもそこは譲れません。美味しくて、栄養もバッチリ! それがこの店の魅力です。

「ヤマノキ」は北海道の食材を取り寄せた料理を提供する家庭的な個人居酒屋で、5年前から恵比寿に根付いています。
 (4578)

美味しさの理由は、なんといっても食材。店主が北海道出身で、仕入先も昔馴染みの漁師など独自の仕入れルートを確立しています。その時の美味しいものを提供したい! というご主人の想いから、旬の食材を仕入れています。

居酒屋の昼定食ですが、夜の余り食材ではなく、なんとメインの食材は夜と全く同じものを使用するそうです。昼定食のお値段で夜と同じものが食べられる、お昼であろうと夜であろうと一切妥協しないところもこのお店の魅力です。
(ランチは仕入れの関係で水・木・金曜のみの営業です。5月いっぱいは臨時でランチがお休みのようですのでお気をつけ下さい)

――お店の雰囲気は?

ランチはご夫婦、夜はご主人お一人で切り盛りされており、家庭的な雰囲気が特長です。席もすべてカウンター席で、ぼっちランチにも抵抗がありません。
 (4582)

座ってすぐに奥さんが淹れてくれる温かいお茶で、まずは心が解れます。それから、ゆっくりと定食のメインと小鉢を選びましょう。

――オススメのメニューは?

 (4585)

北海道の各地で採れた旬の食材を使った定食のメインメニューは、4種類ありました。どれも1,200円で、一番人気は「道北の紅鮭・鮭といくらのルイベ漬添え」です。以前頂いたことがありますが、身がふっくら、ぷりぷりとしていてとても美味しかったです。いつも食べるタイミングを掴めない鮭の皮も、身に劣らず美味しかったです。

ですが、実はお店のオススメはこれではなく別のメニューだといいます。それは、「釧路のサバ一夜干し」。お店がランチ営業を始めるきっかけになったメニューです。
夜に飲みに来る常連から「夜は酒が美味しくて飲んでしまう。サバ一夜干しもこんなにたくさん食べられないから、昼にランチをやってくれないか」との声があったそうです。

――この日食べたメニューは?

 (4588)

ヤマノキさんオススメのメイン「サバ一夜干し」と小鉢は「ほうれん草のごま和え」を頂きました! 選べるメインと小鉢の他にも、お刺身・サラダ・ごはん(ゆめぴりか)・利尻とろろ昆布汁・お漬物がついてきます。これで1,200円はお得すぎます……。

サバは干物と侮るなかれ。かなり肉厚でぷりぷりとしていました。ご主人が仕入先に連絡を入れてから削られたものを仕入れているという利尻昆布を使っただし汁も、程よい濃さで落ち着きます。飲んだ次の日に絶対飲みたい一品です。
 (4590)

あと、頼む人が意外に多いという、追加一品メニューを定食につけてみました。北国の手づくり珍味三種類がかなりオススメです。左から「函館 真いかの塩辛」「松前 数の子松前」「ニシンのキリコミ」です。
どれか一品を定食にプラスするだけで、素晴らしい水加減で炊き上げられたご飯(特A品種ゆめぴりか)をおかわりしたくなること間違いなしです。そして、おかわりは自由!

■こっそりオススメ、昼の顔と夜の顔

――他にオススメポイントはありますか? 

今回、一人でも行きやすく栄養満点の昼定食のお店としてオススメしましたが、夜の利用もオススメしたいです。と言いますのも、先程ご紹介した北海道の珍味が、お酒によく合うのです……。
ご主人が大のお酒好きで、元々はお酒とそれに合う北海道食材を使ったおつまみを出すお店として始めたといいます。
美味しいビールを(自分が)飲みたいから、ビールの淹れ方やビールサーバーの掃除に手を抜くことはないご主人。ビールサーバー点検の人からは「5年経ってこんなにきれいなビールサーバーはなかなかない」と言わしめたほど。
 (4595)

パーフェクト黒ラベルが飲める店にも認定されています。
 (4596)

都度レパートリーは変わりますが、北海道の地酒もここまで豊富に取り揃えています。普通の居酒屋でなかなか見かけることがない銘柄ばかり。北海道専門のお店だからこその品揃えです。たまに、年間2000本ほどしかつくっていない、試験醸造のレアな日本酒が入ることもあるとか……。

■次回の案内人は?

――最後に、誰の「行きつけ」を知りたいですか?

グルメ系のAll About ガイドとの親交も深い、ガイドプロデュース部 岩井さんの「行きつけ」ランチがとても気になります!

■店情報

【店名】ヤマノキ
【住所】東京都渋谷区恵比寿1-4-1 恵比寿アーバンハウス 106
【TEL】03-6277-2766
【OPEN】ランチは水・木・金 11:30~15:00頃まで 夜は18:00~24:00
【CLOSE】日曜日
※5月いっぱいは、臨時でランチがお休みです。
※ランチは仕入れの関係で、水・木・金のみですのでご注意下さい。

■これまでの「ゴチエビス」はこちらから

35 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(前編)

オールアバウトの創業者である江幡さんは、昨今「スキルワーカー」という概念を提唱しています。江幡さんがオールアバウトの経営を通じて実現したい、理想的な社会や個人のあり方とは、いったいど...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

人気記事ランキング

コト リモートワーク試験導入から見えた手応えと課題点 ※社員アンケート結果付き※

オールアバウトでは2018年2月より、リモートワーク制度を試験導入していますが、半年経過した現在、どのような状況になっているのでしょうか?導入を推進した人事グループのほか、執行役員に...

ヒト <部署紹介 vol.9>編集部(オールアバウトナビ)

オールアバウトに関わる様々な”ヒト”のほか、部署にもフォーカスし、その内情を分かりやすくご紹介する本コーナー。第9弾はオールアバウトナビ編集部をご紹介します。

コト リモートワークって実際どうなの?試験導入の様子をレポート ※トライアルルールも全公開

オールアバウトでは2018年2月より、リモートワーク制度を試験導入することになりました。そこに込めた人事グループの想いや、実際にリモートワークを実践した社員の話を通じて、オールアバウ...