コト

【イベントレポート】サンプル百貨店主催『知らなきゃ損する!セルフメディケーションとOTC医薬品の活用講座』をレポート

日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」が「セルフメディケーション」の推進を目的に、OTC医薬品の正しい理解と活用を促進するセルフメディケーション講座を開催! 「サンプル百貨店」の女性会員約50名が講座に参加しました。

オールアバウトライフマーケティングが運営する、日本最大級のサンプリングサービス「サンプル百貨店」は、今後医療費が増加すると言われる40~50代の女性会員50名を対象に、「セルフメディケーション」の啓発を目的とした講座を6月22日(金)に開催しました。

講座では、東京薬科大学 客員教授で一般社団法人浅草薬剤師会 監事を務める みどり薬局 坂口 眞弓氏を招き、薬剤師の立場から、OTC医薬品※の正しい理解と活用法や自分自身で日頃の健康管理や病気の予防・治療にあたる「セルフメディケーション」について講演しました。

※薬局・薬店・ドラッグストアなどで販売されている医薬品

■ 今、セルフメディケーションが必要な理由

坂口氏はまず、高齢化率が急速に高まり社会保障費の拡大が財政を圧迫している中、社会保障費の内訳として医療費が2025年度には約54兆円に達する見通しと、その原因として3分の1以上が生活習慣病関連であると説明。医療費を減らすためには、生活習慣病への対処が重要であると解説しました。
薬剤師の立場で講演した 東京薬科大学客員教授 坂口 眞弓氏
医科診療費の3分の1以上が生活習慣病関連
(出典:厚生労働省「平成25年度国民医療費の概況」,坂口氏講演資料より)
続いて坂口氏は、生活習慣病への対処には、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする「セルフメディケーション」が必要であり、そのポイントとして、下記項目を挙げ、自分自身の健康と毎日向き合う習慣を身に着けることが重要であると解説しました。
セルフメディケーションのポイント(坂口氏講演資料より)
(1) 毎日の健康管理の習慣を身につける
(2) 食事・運動などの生活習慣を考えて生活する
(3) 医療や薬の正しい知識を身につける
(4) 定期的に検診をし、自分の検査値を知る
(5) 疾患により、OTC医薬品を使用し、医療機関で受診する手間と時間を省く
(6) 受診が減ることで、国民医療費品の増加を防ぐ

■ 〇×クイズで確認 OTC医薬品との正しい付き合い方

次に、セルフメディケーションにおいて重要な、OTC医薬品に対する理解度について、いくつか質問し、参加者は手元に配布された〇×の札をあげて回答しました。
〇×クイズでは、OTC医薬品の副作用の有無やOTC医薬品の使用期限について出題。これらの回答とあわせ、OTC医薬品を使う上で知っておきたい副作用について、OTC医薬品にも重大な副作用があり、過去には風邪薬や解熱鎮痛薬で死亡例や後遺症が残ったケースがあることを挙げ、OTC医薬品を購入するときは、薬剤師や登録販売者に相談することが重要であると話しました。

■ かかりつけ薬局と薬剤師の必要性

サンプル百貨店が会員向けに行ったアンケート調査では、薬を服用する際に重視することとして、多くの人が用量用法、薬の効き目、副作用に対して気を付けるものの、薬の飲み合わせ、食べ合わせ、服用期間については意識が低いことがわかりました(グラフ1を参照)。また、病院の処方薬についても、使いきれず残す人が7割、またその後自己判断で再び使用することがある人が6割と高いこともわかりました。
<グラフ1>サンプル百貨店が会員約800人に実施した「薬の服用に関する意識調査」の結果
また、会場で参加者に直接聞くと、かかりつけ薬局と薬剤師を持っていると答えた人は約2割。このような結果を踏まえ、坂口氏は実際に起こりえる身近な薬の飲み合わせ・食べ合わせのNG例として、降圧薬とグレープフルーツジュース、抗生物質と便秘薬の組み合わせを挙げ、このケースでは薬の効き目が強く出すぎたり、弱くなると紹介。このように薬の飲み合わせや食べ合わせにも自己判断は危険があると指摘しました。 また、多くの人が該当する、複数の医療機関を利用しているケースやOTC医薬品を購入する場合にも、薬の重複が問題になることが多くあり、この場合も自己判断ではなく、かかりつけ薬局・薬剤師に相談することが重要と話しました。

かかりつけ薬局・薬剤師を持つことのメリットとして、薬の内容や使用方法について詳細な説明を受けることができることはもちろん、サプリメントや食品との飲み合わせなど、日ごろ盲点になりがちな点を確認できる点、そして、複数の医療機関をまたがって処方される薬の重複や禁忌のチェックができる点を挙げ、かかりつけ薬局・薬剤師を持つことが日々の健康管理や疾病予防に重要であると伝えました。
最後に、「みなさんもお近くでかかりつけ薬剤師を見つけ、どんなことでもまずは相談をしてみましょう!」と伝え、講演を終えました。

■ OTC医薬品などをもっと身近な存在に 出展企業によるプレゼンタイム

イチジク製薬株式会社 薬事部 薬事管理課 課長 三宅氏
「今すぐに出したい便秘に。“イチジク浣腸”のご紹介」
三宅氏はまず、便秘とは、硬くなった便が出口を塞いでしまっている状態のことを示し、腸を柔らかく保つ水分が不足することや、便を押し出す腸筋が弱くなることが原因で起こる現象と説明。「夏は水分が不足がちで特に便秘が多い季節ですが、浣腸を使ったことが無い人がほとんど。食用としても使われるグリセリンが主成分でかんたんに使えるイチジク浣腸を便秘の改善の選択肢に」と話しました。

また、難しいと思われがちな浣腸の使い方について“かんたん6ステップ”の使い方を伝え、介護者に使用する場合の注意事項として、腸の位置を考慮し、左側を下に、横向きで使うことがポイントと説明しました。また、使用のタイミングと本数については「浣腸は血液中に移行しないため、いつ使っても問題は無く、ほとんどの場合、わずか数分で効果を表します。1本で効果のない場合は、30分~1時間程度、時間を空け一日2本まで使うことができます」と話しました。
株式会社山崎帝國堂 専務取締役 竹内氏
「生薬の便秘薬 “毒掃丸(どくそうがん)”のご紹介」
同社のアンケート調査によると、“便秘が解消されるのなら(生活改善等での)かなりの努力もいとわない”と回答したのはわずか10%、しかしながら“できるだけ便秘薬は飲みたくない”と回答したのは84%。この相反するニーズに対し、「少しだけ薬の力を借りる」という発想を提示。その際に、上手に「自然に近いお通じ」を目指せる数少ない便秘薬が毒掃丸であることを説明しました。

また、「便秘はできるだけ生活改善で対処し、便秘薬は困ったときだけ、自分に合った薬を使うことが大事で、小さな粒で調整しやすい毒掃丸なら、自然なバナナ便を目指せる」とし、おすすめの服用方法として、夕食前1回15丸(15歳以上)を服用し、翌朝排便ができれば休薬を、出ない場合は朝食前に1回30丸を服用、それでも解消しない場合は1回30丸を昼・晩・翌朝と続けてみることを提案しました。
株式会社龍角散 代表取締役社長 藤井氏
「たくさんの薬でも、つるんと飲める “らくらく服薬ゼリー シリーズ”のご紹介」
藤井氏は同社で実施した薬を水で服用した場合と、龍角散の服薬ゼリーで服用した場合の実験映像を公開。その映像では、水で薬を飲んだ場合、胃に到達する前に薬が食道でつっかえてしまっている様子、服薬ゼリーで服用した場合にはスムーズに胃まで到達している様子が紹介されました。

藤井氏は「本来、“のど”は“液体”と“固形物”を同時に飲み込める構造になっていない。薬を飲む際も、固形物より水の方が流れるのが早く、薬がのどに取り残されてしまうため、薬を水で飲むことは難しい」と説明。龍角散の服薬ゼリーでは、薬をゼリーで包むことで、のどや食道に詰まらずにつるんと服用することができる。また、“のどに詰まらない性質”“薬の作用や吸収に影響を与えない”ことを研究し、成分にもこだわっていると話しました。参加者は、会場でサンプルとして配られた、らくらく服薬ゼリーを試し、その味のおいしさも評価していたようです。

■まとめ

身近な存在であるがゆえに、思い込みや自己判断での服用も多いOTC医薬品との正しい付き合い方をクイズや事例を通して学ぶことができました。また、自分自身の健康と向き合うためのノウハウや、健康管理の最大の味方となる、かかりつけ薬局や薬剤師を持つことの重要性を知り、参加者のセルフメディケーションへの意識が高まったイベントとなりました。

講演後、参加者のSNSでの情報発信を見ると、「セルフメディケーションやサンプル商品について新たに知ることができ、短い時間でしたが楽しかった」「便秘の悩みが多い女子にとって、正しい情報教えてもらえるがありがたい」という声をいただきました。

サンプル百貨店では今回開催した医薬品のイベントのほか、観て!聴いて!体験する!商品体験イベントを多数開催しています。今後もご期待ください。

35 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

専門家 月間200種類のスイーツを試食?!「スイーツジャーナリスト」のお仕事に密着してみた

All Aboutの専門家のお仕事について聞くコーナー、今回はTBSテレビ「マツコの知らない世界」などのテレビ番組への出演や、ラジオ、新聞、雑誌、SNSでスイーツの魅力を発信し続ける...

ヒト <リーダーズ Vol.10>オールアバウトグループ成長の牽引役、『サンプル百貨店』の取り組み

2011年に資本業務提携をした後、2012年3月にオールアバウトのグループ会社となったオールアバウト ライフマーケティング。話題の商品がお得に試せる「サンプル百貨店」を主力サービスと...

人気記事ランキング

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

コト 今年は恵比寿もアツかった……オールアバウトのハロウィンパーティーをレポート

ハロウィンといえば“渋谷ハロウィン”が話題となっていましたが、恵比寿のハロウィンはもっと熱い?! ということで、先日オールアバウト社内で開催されたハロウィンパーティーの様子をレポート...

ヒト 手芸をキッカケに主婦をスターにさせる、ナガオ流プロデュース術

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みを深堀していく「Players」。今回は生涯学習事業を推進する、株式会社オールアバウトライフワークス...