ヒト

<4月の新メンバー>メディアとして、企業としての信頼性に惹かれて…… (編集・本田)

今月入社した中途社員を紹介します。

こんにちは!4月1日付で入社しました、オールアバウトナビ 本田です。
オールアバウトナビにて、主に広告編集業務を担当いたします。
よろしくお願いいたします!

前職でやっていたこと

前職は大手のコミュニケーションアプリを運営する企業で、主に企業の運営するキュレーションプラットフォームの編集部に所属していました。
主な業務は広告タイアップ記事の企画提案、編集ですが、中でも注力していたのはタイトル付け、言葉のクリエイティブです。

ウェブの記事はタイトルが8割といわれるこのご時世。内容はもちろんですが、いかに「人がついクリックしたくなるような言葉をチョイスして情報を届けられるか」といった部分が勝負になります。そのため、1つの広告案件でタイトル案は多いときには200本近く考案しました。
商品の良さを限られた文字数でどう伝えるか。
またそれがターゲットのインサイトを捉えたものになっているか。
言葉のクリエイティブと、時流の流れを掴む力は身につけてきたと思います。

社風はかなり自由で、短パンサンダルで出勤はあたりまえ、中には手ぶらで出勤をされる方もいらっしゃいました(笑)オフィス内もかなりラフ。ごろ寝スペースやダーツができる機械も設置されているなど、働くより遊びたい雰囲気満載でした(笑)
そんな職場でしたが、オンとオフはきっちりしていて、メリハリのある働き方ができる職場でもありました。

場所は先月に新宿に移転しましたが、それまでは渋谷ヒカリエにあり近辺のランチ・ディナースポットはかなり詳しくなりました。

オールアバウト入社のきっかけ

ざっくり言うとメディアとして、企業としての『信頼感』に惹かれました。

昨年末ごろの某キュレーションサイトでの騒動を皮切りに、現在、業界全体としてメディアとしての在り方が問われているように感じています。そういった中で、自分が今後どうメディアや広告業界と向き合いたいかを考え、いいものを自信をもって「いい」と伝えられる企業で働きたいと思ったとき浮かんだのが、オールアバウトでした。

「All About」は前職との兼ね合いでもちろん知っていましたが、イチ編集者として、本当に必要な情報をしっかり届けている媒体としての信頼性の高さは本当に素晴らしいなと感じていたことが主な理由です。

と、前段階でポジティブなイメージがありすぎたのですが、決め手となったのは社員さんの雰囲気。それぞれ面白い雰囲気もありつつも、皆さんがしっかりとした軸をもっていて。
社員さんのこの堅実さあっての、メディアの信頼感なんだな。と思えたことがここで働きたい一番の理由になりました。

私は●●ガイドです

私は「アカペラ」ガイドです。

元々音楽が大好きで、高校時代にはギターボーカルをしていたのですが、 そんなギター少年だった私が、大学からドハマりしたのがアカペラ。
4~6人の声だけでひとつの曲を表現する、という音楽です。
楽器も必要なく、ただ集まるだけでできるというのも魅力で、10数年前からある「ハモネプ」というテレビ番組からじわじわプレイヤー数が増え、現在は1000組以上がエントリーするアマチュアの全国大会が行われるなど、意外と勢いのあるジャンルでもあります。

アカペラは本当に奥が深い音楽で、楽器で簡単にできること(例えばドミソを合わせたCという和音)が、人の声となった途端に全然鳴らせなくなります。(この和音が鳴らせている状態をハモるといいます)。
それは人それぞれの声質や発声によるもので、音楽をやっていた、絶対音感があるから、というひとりの音楽メリットだけでは成り立たたない部分にも面白さがあります。

楽器をやってる、音楽が好きな人こそハマっちゃう音楽がアカペラなので、少しでも音楽をやっていた方などいらっしゃいましたら、ご連絡ください。布教させていただきます。笑

背徳の薔薇 - Visual Kei-【MV】

水色のシャツを着ているのが本田さん(ジェシー)です

背徳の薔薇チャンネル - YouTube

背徳の薔薇チャンネル - YouTube
V系アカペラ‼︎“背徳の薔薇” 公式チャンネル
もっと見たい!という方はこちらからどうぞ
9 件

おすすめの記事

ヒト <プレイヤーズ vol.1> メディアビジネスの収益を最大化させる高橋幸代の挑戦!

今月から始まったAbout All Aboutでは、オールアバウトの成長や変革に寄与した人を”プレイヤーズ”と称し、その人の価値観や取り組みの詳細を深堀りしていきます。記念すべき第1...

ヒト <リーダーズ vol.2>信頼性を武器に戦うオールアバウトの広告ソリューションの真価とは?

オールアバウトでは昨年11月より、ネイティブ広告の読了率とクライアントサイトへの送客効率(CTR)を指標とした運用型コンテンツマーケティングの取り組みを始めています。リリースから数ヶ...

ヒト <プレイヤーズ vol.2>運用で広告価値をさらに上げる、企業とユーザーを繋ぐ縁の下の力持ち 小松美鈴

「プレイヤーズ」では、オールアバウトの成長や変革に寄与した人の価値観や取り組みの詳細を深堀りしていきます。 昨今、WEBメディアにおいては運用型広告の成長が著しいですが、 “その他...