ヒト

<4月の新メンバー>ウェルネス領域の新規事業の立ち上げを目指して!(ウェルネス事業推進室・平野)

今月入社した中途社員を紹介します。

はじめまして!4月14日付で入社しました、ウェルネス事業推進室 平野祐です。

所属する部署名

社長直下のウェルネス事業推進室にて、オールアバウトグループが掲げる8つの注力領域のひとつである「ウェルネス」分野の新規事業の立ち上げを担当する予定です。
まだ外部に正式に発表できる状態ではありませんが、壮大なビジョンのもと、一段一段そこに向かって頑張っていこうと思います。

前職でやっていたこと

EHR(地域医療連携ネットワーク)に特化したコンサルタントでした。
新卒でコンサルティング会社に入社後、そこでのプロジェクトがスピンアウトする形で独立し、会社の立ち上げに参画していました。

「EHR」とは何か?ざっくり言うと、「ICTを活用して、地域の病院のカルテを1つにまとめてしまおう!」といったものです。
これまで病院ごとにバラバラだった「病気」「お薬」「血液検査」などの情報を地域で共有し合うことで、例えば救急車で運ばれた先の病院でもかかりつけ医での治療状況がわかったり、何度も同じような検査を繰り返さなくて済んだりする仕組みを構築していました!

そうした仕組みが特に必要とされるのは医療崩壊が進む地方部のため、必然的にプロジェクトも地方が中心。そのため、新潟県の佐渡島で2年、岩手県の陸前高田市周辺で2年半、住民となっていました。
岩手県のプロジェクトでは仮設住宅に1人で住んでスタートするなど、見知らぬ土地に単身で放り込まれても生き抜いていける心と体のタフさが身に付きました(笑)

All Aboutへの入社のきっかけ

「情報の信頼性と根拠」「医師へのリスペクト」を大切にする姿勢に共感したからです。
もともと、ウェルネス領域に携わりたいと考えていたところオールアバウトに出会い、入社を決めました。

この領域への興味のきっかけは、喘息やアトピーなどを患っていた幼少期にさかのぼります。

強い動機付けとなったのは、小学校高学年で始まったマラソン大会。
4年生の最初の大会はスタンドで見学し、300人が目の前でゴールしていくのを観るのが悔しくてたまりませんでした。その後、段々と快方に向かい、5年生で完走、6年生では一気に良くなり16位になりました。
喘息の発作の心配を全くしないままゴールまで走り切れたとき、「健康って、なんて幸せで、なんて可能性が溢れているんだ!」と強く思いました。

私は●●ガイドです!

私は佐渡島ガイドです。

東京生まれ東京育ちの私が社会人2年目で流れ着いた佐渡島。
暇すぎて美味しいお店や絶景などを開拓するうちに、すっかり魅力に取りつかれてしまいました。 その後自称観光大使の活動を続け、これまでに延べ50人くらいを案内しています(笑)

佐渡の魅力は、なんといっても「特別すごいものは何もないが、 『普通にいい』が充実している」ことです。
高齢化と地味さで誰も来ないため、透明度抜群の海はどこに行ってもプライベートビーチ。 2階建て以上の建物がほぼなく、真っ暗なため、星空の広さと星の数は天然プラネタリウム。 島流しのお陰で充実した伝統文化。島以外には出回らない日本酒。寒ブリ。寿司。などなど。

3日間もらえれば、史上4番目くらいに充実した3連休を提供できる自信があります!

私の中の衝撃ニュース

「佐渡 偽の金の延べ棒が盗難 隣の純銀は泥棒の気を惹かず」(2017/4/19・スプートニク日本)
ロシアの通信社が佐渡のローカルニュースを取り上げているのに衝撃を受けました。しかしながら、佐渡はロシアに最も近い島の1つなので、よく考えると納得です。

最後に

入社前日に岩手のプロジェクトを終えて帰ってきたばかり、久々の東京ライフに緊張しています。
東京へのリハビリに付き合ってくれる方を現在探しています!
13 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(前編)

オールアバウトの創業者である江幡さんは、昨今「スキルワーカー」という概念を提唱しています。江幡さんがオールアバウトの経営を通じて実現したい、理想的な社会や個人のあり方とは、いったいど...

ヒト <リーダーズvol.14> 多様な価値観が溢れる時代にAll Aboutが目指す"One to One"の提案

『あなたの明日が動きだす』をスローガンに、信頼ある情報を提供し続ける総合情報サイト「All About」。今後、さらなるユーザーとのエンゲージメント強化に向けた新たな取り組みについて...

人気記事ランキング

コト 若手社員が社会人としての価値を上げるべく主体的にとりくむ「若手勉強会」って?

今年3月から営業部の新卒社員によってひっそりとスタートした「若手勉強会」。 当初の参加人数は8人だったものの、今では他部署からの参加者も多く約15人が常時参加するウィークリーセミナ...

ヒト <9月の新メンバー>会社のビジョンにある「自立」という言葉に共感(経理グループ・川野)

今月入社した中途社員を紹介します。

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...