お知らせ

専門家がオススメの品を紹介する、お買い物情報メディア「PICUP(ピカップ)」がオープン

専門家ならではの独自の目線で、商品の選び方やオススメの品を紹介する新サービス、お買い物情報メディア「PICUP」について紹介します。

こんにちは、広報グループの大貫です。

今日は弊社の出来立てホヤホヤの新サービス、お買い物情報メディア「PICUP」について紹介します。

皆さんは何か購入するときや、サービスに申し込む際、それらについて事前に調べていますか?オールアバウトが2017年6月に実施した「買い物とインターネット利用」に関する調査では、約9割もの人がインターネットで事前に情報収集を行っていることがわかりました。

しかし、インターネットの情報が役に立たなかった経験を持つ人も約8割存在。その理由は情報の信頼性、正当性が不明であることと、情報量が多いこと。情報の見極めが難しく、商品の良し悪しや、自分に合っている商品なのか判断が難しいと感じている人が一定数いると考えられます。
そんな「何を買ったらいいかわからない」「自分にあった商品がわからない」といったニーズに応えるべく誕生したのが、お買い物情報メディア「PICUP」です!

■メディア開発部の徳永さんに、サービスの特長や立ち上げの背景について話を聞きました


メディア開発部の徳永さん

-改めて、サービスの特長を教えてください。

「PICUP」は、お買い物をする際に役立つ、信頼性と実用性を兼ね備えた情報を提供する買い物情報メディアです。
「PICUP」に掲載されている記事は、様々なジャンルの専門家やその道のプロからの情報を元に作成しています。記事では、紹介する商品のサイズや機能などの基本情報だけでなく、その道のプロならではの商品の選び方や推奨理由、購入できる外部のECサイト情報を掲載します。

-どのような商品を扱うのですか?

現時点では「生活雑貨」「家電」「スポーツドア」「ベビー・キッズ」の4カテゴリですが、「食品・ドリンク」「自動車・バイク」「ファッション」など食品や日用品、嗜好品のカテゴリ拡充を検討しています。

-商品をオススメしてくれる専門家はAll Aboutのガイドですか?

商品を選定する専門家は、総合情報サイト「All About」で記事を執筆する約900名のガイドに加え、ビックカメラ、石橋楽器店、ゴルフ5など各カテゴリの専門店の販売員も登場します。
今回行った調査でも、買い物の際に参考にしたい情報の1位が「一般消費者の口コミ」、2位が「商品やサービスに詳しい専門家のオススメ」、3位が「企業が発信する情報」だったのですが、4位に「商品やサービスに詳しい店員のオススメ」がランクインしました。 購入者のあらゆるニーズを踏まえ、豊富な商品知識を活かした販売員ならではのオススメは知りたいポイントですよね。

-なぜこのサービスを立ち上げたのですか?

総合情報サイト「All About」は「あなたの明日が動き出す」をサイトスローガンとして掲げ、生活全般のHow To情報を提供しているのですが、より“アクション”に近い部分で信頼性の高いサービスを作りたいと思ったのがきっかけです。
そこで“買い物”に特化した行動支援サービスとして、「PICUP」を立ち上げました。

-なぜ買い物に注目したのですか?

ここは僕のプライベートの体験も大きく影響しているんですよね。実は昨年子供が産まれまして、育児用品を購入する必要がありました。第一子なので当然育児用品については知識が無く、あれこれインターネットで調べるのですが、情報が多すぎて何を買えばいいのか判断するのがとにかく難しかったんです。

例えば「おしゃぶり」を調べると、「オススメのおしゃぶり●選」「人気ランキング」など山の様に情報が出てくるのですが、情報の掲載基準、お墨付きをしている発信者が不透明な情報も多く、必要な情報を見極められないんですよ。
「このオススメって誰のオススメ?」「どういう理由でオススメなんだ?」「人気の基準ってなんだ?」といった具合に。

特に育児用品は、自分が買ったことがない商品群なので知識もなく、どういうところに気をつけて商品を選べばいいのか、自分の子供にあっている商品はどういうものなのかという周辺情報も欲しかった。

育児用品に限らず、たとえば新しくスタートした趣味であるとか、日ごろ使っているものでも、その道の専門家がどういう基準で商品の良し悪しを見ているのか、その上でオススメする商品が何なのか知りたいというニーズは多いのではないかと考えました。

-最近、商品スペック以外の情報をコンテンツとして掲載するECサイトが増えていますよね。 「PICUP」との違いはどのようなところでしょうか。

大きい違いはEC機能の有無ですね。「PICUP」ではEC機能を採用していません。

ECサイトの利用シーンですが、ある程度自分が欲しいものがわかっている、あるいは商品スペックを見て自分で買うべき商品を判断できる場合が多いと考えています。そういったユーザーに対し、ECで取り扱う商品の販売促進の手段として、コンテンツを活用するサービスも増えています。購入前に商品の詳しい説明や活用方法など、詳細な商品情報を読んでもらうことで、消費者は買い物で失敗するリスクも減らせるし、メーカーは購買促進にもつながるので双方にとっても有益ですよね。

一方で「PICUP」は、「何を買ったらいいかわからない」「おすすめの商品を知りたい」というユーザーを対象にしたサービスなので、商品ありきでコンテンツを作るのではなく、情報ありきでコンテンツを作ることを主旨としています。

知識がなくても、スペックを見て判断できなくても、自分にあった商品が見つかるように、また買い物で失敗しないように信頼性の高い情報を発信することがサービスの本質。紹介する商品が購入できる外部ECサイトのリンクは紹介しますが、サイト内での販売は行っていません。

ただ、今後専門家とのコラボ商品など一部の商品に関しては、サイト内での販売を行うことも検討しています。

-「All About」との連携はどのようにしていくのですか?

現時点での連携施策は「All About」で執筆する約900名のガイドの起用ですね。
今後は「PICUP」で取得できるユーザーの購買意欲に関するデータと、総合情報サイト「All About」が所有する、ユーザー属性、興味関心などのオーディエンスデータを連携し、オールアバウトがクライアントに提供する広告価値の向上を図るなどが考えられます。

-徳永さんのオススメ記事を教えてください。

そうですね、僕自身が参考になった記事を2つ紹介します。
一つ目はこれからの時期に必須のエアコンの記事です。
この記事は商品知識の豊富な家電量販店の方に取材をさせていただいたもので、各メーカーの特色、値段の違いなど分かりやすく紹介しています。あるメーカーのエアコンでは人の顔まで見分けることが可能であったり(なんと今帰ってきたばかりの人の顔を見分けて、その人を冷やそう・温めようとしてくれます!)省エネや立ち上がりの早さなどメーカー毎にしっかりと特色もあって私自身も大変参考になりました。

もう一つは、All Aboutの家事ガイドの江口恵子さんに取材した、「鉄フライパン」の記事ですね。
僕、家でけっこう料理をするんですが、そろそろ鉄フライパンを買おうと思っていたところだったので、すごく参考になりました。記事では、商品の選び方と、ガイドさんのオススメ商品はもちろん、「油ならし」や「空焼き」、焦げ・サビの落とし方など、購入した後の手入れまで解説してあります。

取材をしたAll About家事ガイドの江口さんには、鉄フライパンだけでなく、おしゃれで人気の「スキレット」や、南部鉄器フライパンの手入れ方法、オススメ商品も聞いており、別記事で紹介しているのでぜひ見てみてください。

最後は、ギターを始めようと思っている人に絶対に読んでほしい、編集部イチ押しの記事です。
趣味として人気のギターですが、特に初心者の方はそもそもブランドの違いや種類についてよく分からない方も多いかと思います。こちらの記事では、種類やメーカー毎の違い、使用しているアーティストまで網羅的に紹介しており、納得できる最初の1本を選ぶのに最適な記事かと思います!

-最後に一言お願いします。

ユーザーの皆さまにとってこれから何か新しいことにチャレンジしたり、一歩を踏み出すための後押しとなるサービスにしたいと思っています。
買い物情報メディア「PICUP」を、どうぞよろしくお願いいたします!
37 件

おすすめの記事

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

ヒト 膨大なデータの海から未来のオールアバウトを見出すデータエンジニア・横山

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年エンジニア部門における通期MVPに輝いた、シ...

ヒト <リーダーズ vol.1> 新編集長、大塚が見る「All About」の今と未来 

こんにちは、広報グループの大貫です。 弊社が運営する総合情報サイト「All About」ですが、2017年1月に新しい編集長が就任しました! そこで、ジェネラルマネジャーや、執行役...

人気記事ランキング

ヒト 自称“前向きな社内ニート”役員が描くオールアバウトのバーティカルメディア構想

2014年にデザイン部門の責任者としてジョインした伊藤さん。それまでアリババやグルーポンなどグローバルなECサイトを主戦場としていたところから、Webメディアに飛び込み、UI/UXの...

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...

コト オールアバウトの「オーダースーツ支給制度」を徹底レポート!

オールアバウトではこの春入社した新卒社員に対して「オーダースーツ」を支給するという新制度を作りました。制度導入後、記念すべき第一号の社員達に密着し、自分にぴったりのスーツが完成するま...