ヒト

<7月の新メンバー>運用だけでなくスピード感ある新たな仕組みづくりにチャレンジしたい!(情報システムグループ・新井)

今月入社した中途社員を紹介します。

所属部署

情報システムグループに配属の新井 祐樹です。会社のPC、セキュリティの管理、ヘルプデスク等を行っています。

経歴/前職でやっていたこと

前職では、10年以上地図や航空写真といった地理情報を扱う部署でデータ加工の業務を行っていました。その後、社内の情報システム部門に異動となり、社内ツールの開発から、セキュリティ、資産管理、ヘルプデスク等々、幅広く社内のデジタルに関する業務に携わりました。

元々、地図や情報システムの仕事に活きるような知識を持っていたわけではなく、前職においてプログラミング技術、セキュリティ・ネットワークに関する知識等々をすべて覚えたので、そういった意味では前職の会社には感謝しており、そこでお世話になった方々とは今後も付き合いを続けていきたいと考えています。

オールアバウトへの入社のきっかけ

情報システム部で仕事をしていく中で、既存システムの運用保守だけではなく、ITを使ってスピード感のある新しい仕組みを作っていきたいという思いが強くなっていました。その中でオールアバウトでは、IT業界のスピード感に遅れることなく、どんどん変化していくことを恐れずに進んでいると感じました。

私は○○ガイドです!

私は浦和レッズガイドです。
毎試合見に行くようなサポータではないので、ガイドというのは忍びないですが、日本代表より、海外サッカーより浦和レッズの試合の方が重要です。昨年のACL優勝のような感動を今後も多く味わっていければうれしいです。今年は子供のスタジアム観戦デビューを予定しています。
 (5145)

休日の過ごし方

休日は子供の相手しかしていません。
家事をしない代わりに子供の相手を一手に任されています。習い事の付き添い、公園、妖怪ウォッチぷにぷに(無課金派)、1週間撮りためたアニメを一緒に見る……。その間、隙をついて昼寝をしています。変に日常と違う休日を送ると疲れるので、これはこれで休まります。

私の中の衝撃ニュース

今年初めて人間ドッグで胃カメラを経験したのですが、衝撃的に痛かったことです!

カメラは鼻からだったのですが、鼻の構造上入りにくいらしく、両鼻をグリグリ試されたのち、結局入らず口からとなってしまいました。両鼻グリグリの時点で、すでにもう勘弁してください状態だったのですが、向こうはプロですので、きっちり検査をするまでは当然止めてもらえず、終わったころにはげっそりしていました。
来年はまた胃カメラチャレンジをしようかどうか1年間かけてじっくり考えたいと思っています。

ひとこと

従業員を豊かにできるような情報システムグループでありたいです。
 (5152)

16 件

おすすめの記事

ヒト <オピニオンvol.1>正しいデータに向き合わなければ、デジタル広告市場は崩壊する ― デジタルマーケティングの未来 ―

業界ニュースを取り上げ、解説や分析、意見を掲載する新コーナー「Opinion」。初回はメディアビジネス本部 執行役員 本部長の箕作聡が担当。メディアからプラットフォームへ変革を宣言す...

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

人気記事ランキング

専門家 人生における本当の意味でのキャリア形成とは。「かかりつけ医」のように、一人ひとりに寄り添う転職エージェント

20代・30代のキャリアデザインガイドとして、またモヤフォー研究所での頼もしきアドバイザーとして、活躍中の末永雄大さん。自らも転職ののち、独立起業して現在は大手とは違ったアプローチで...

コト 2019年3月期決算説明会をおこないました。

2019年5月10日に行われた、株式会社オールアバウト平成31年3月期 決算説明会資料の内容を書き起こしでお伝えします。

専門家 なぜ、不満の多い人生になるのか?心の中にあるカギを見つける、手助けをしたい【ストレスガイド 大美賀 直子】

多かれ少なかれ、現代人はストレスを抱えている。その正体を知り、うまく付き合う方法を教えてくれるのが「ストレス」ガイド、大美賀さんだ。もうすぐ400本という記事の積み重ねは、彼女の成長...