ヒト

<部署紹介 Vol.10 >メディア企画部(オールアバウト)

オールアバウトに関わる様々な”ヒト”のほか、部署にもフォーカスし、その内情を分かりやすくご紹介する本コーナー。第10弾はオールアバウトのメディア企画部をご紹介します。

■はじめに

こんにちは!今年で新卒入社4年目になるメディア企画部の木下と申します。この記事では、社内でも「何をやっているのかよく分からない……!」と評されがちな、メディア企画部のあれこれを詳しくご紹介していきたいと思いますので、しばしお付き合いいただければ幸いです。

■チームのミッションは、企画で未来を作ること!

メディア企画部の中心にあるのは、みなさんの想定内だと思いますが「企画」です。例えば、既存の事業を成長させるための「企画」を立案し、関係各所と連携しながら実行したり、新規事業の「企画」を立案したりすることもあります。あるメンバーの言葉を借りますと、「企画」という切り口で「未来を作る」ことにコミットしているとも言えそうです。

当然、事業ですので世の中に価値を提供していくことは絶対的な条件ですし、きちんと収益をあげる必要もあります。そのあたりのことも踏まえて、幅広く業務に関わっていくのがメディア企画部の特徴ですね。

■本質的な役割は意思決定の推進

メディア企画部においては「定形の業務」というものはとても少なく、表面的には何でも屋のような感じもしますが、実は「全ての業務に共通する特徴」があると思います。その特徴とは、「事業における課題を『意思決定の推進』というかたちで解決する」ということです。

例えば最近だと、あるプロジェクトのPM(プロジェクトマネジメント)が主な役割なのですが、その中にはプロダクトのミッションを決めるようなコンセプチュアルな業務もあれば、開発を進めていく上でのディレクションもあります。より身近なところでは、会議体や部署間の連携を整えるコミュニケーション設計の課題もありますし、PDCAサイクルを回すためのデータ解析も業務の範疇で、本当に色々なことをやっています。

それでもどこかで共通するのは、どの業務も本質的には「意思決定の推進」というかたちで、事業に食い込んでいる点です。ですので、メディア企画部の業務は「自分たちで決める」「意思決定の材料を提供する」か、「意思決定を促進するためのコミュニケーションを取る」か、これらのいずれかになっているのではないかと思います。

■メディア企画部の強みはチーム力!

私たちメディア企画部は、チームでアウトプットすることには非常に長けていると感じます。基本的には全員フラットな関係を保ちつつ、1人で悩むよりもメンバーとディスカッションをして、課題を解決するというやり方を取る傾向が強いですね。

それと、いくつかカルチャーのようなものがあるのではないかと思っていて、1つは「朝令暮改でOK」というものです。よりいいアイデアが生まれたらサクッと乗り換えるという意味ですが、要は「損切りをちゃんとしよう」ということです。

もう1つ、「最初にフレームを決める」というのも特徴的です。若干説明しにくいですが、チームで何かを進めるときには、必ず「どういう全体観で捉えるか?」という視点が必要になりますし、ディスカッションの道中で生じる「着想や洞察を入れる容れ物」が必要なので、それをプロジェクトの初期段階で決める、という習慣があります。

さらにもう1つ付け加えるなら「雑談がとても多い」です(笑)。たぶん1日に数時間は雑談してると思います。でも結局、そういう「リラックスとキンチョーの真ん中」くらいのモードで話をしているときの方が、ものごとってうまく進みますし、その中から何らかのアイデアが生まれることも多いです。

基本的には全員ディスカッションが大好きなことに加え、発言ハードルがとても低いチームなので、テーマによってはかなりエキサイトする場面もあります。お互いに遠慮せずハッキリとした物言いもしますが、チームで何かを進めるためにはいい雰囲気だと感じます。

■大事にしているのは楽しむこと!

「楽しむ」というスタンスがチーム全員の根本にあるのではないかと思います。難しい課題にしかめっ面をしていても仕方がないですし、実際にメディア企画部のミーティングでは常に音楽をかけています。そういう「いい時間になるような工夫」にはなかなか貪欲です。

余談ですが、邦楽にすると聴き込んでしまい逆効果なので、多くの場合は海外のレゲエかハウスをかけ、上手くアイデアが出ないときには音楽を変えたり、といったこともよくしています(笑)。

組織の構造はピラミッド型ですが、チーム内にいる体感としては「サークル型の関係性」です。というのも、基本的には「目の前の課題に対して解決に最も近い人がイニシアチブを取って進める」というやり方で、(明文化されている訳ではないですが)ものごとを進めているからです。このあたりは、リーダーである徳永さんの采配にもよるので、良し悪しというよりは、メディア企画部ではそういう感じで上手くいっている、ということですね。

チームのことを大雑把にまとめてしまうと、年齢、性別、社歴、役職、などに関係なく、フレキシブルに動けるという感じがします。フラットにコミュニケーションを多くとって、右脳も左脳も使って、当事者が納得感を持って進めるという点が、非常に重要視されているチームです。

■共通するスキル、個別のスキル

改めてメンバーに聞いてみたのですが、まずマインドやスタンスとして、フラットなコミュニケーションと、論理と直感の両面を大事にすることは共通していると思います。

スキル面でいくと、論理的な思考やコミュニケーションスキル、ドキュメンテーション能力はやはり重要との認識でした。これは先述の向き合う課題の幅広さや、「意思決定の推進」という役割から要求される部分が大きいのではないかと思います。

加えて、事業、商品、WEBページなど、何らかの「ものを作った経験がある」という点は共通の経験として持っており、これも1つの特徴と言えるかもしれません。

■メンバーのご紹介

せっかくの機会なので簡単にメンバーの紹介もします。徳永さんはチームのリーダーで、主に意思決定とマネジメントを行っていますが、とにかく寛容です。本人も怒れないって言ってました(笑)。加えて、しゃべりが面白く、自由に振る舞える雰囲気を作ってくれています。以前は制作会社でディレクターをされていたので、開発寄りの知識や経験も豊富で、これぞ「WEB屋!」という印象の方です。


柏口(かしぐち)さんはディレクションを推進する機会が多いです。というのも、元々プログラマーなのでシステムに関係する事で特に頼りになるんですね。経験の幅も広いので「打てば響く!」という方です。チームで唯一の女性で、相手が誰でもちゃんと話を聞いてくれる感じがします。


早見(はやみ)さんはリサーチ系の音頭取りをしているのですが、論理の強さだけでなく着想も豊かな5児の父です。とにかく「肝が据わってる!!」というのが私の印象で、チームのムードメーカーでもあります。


私はというと、入社から3年くらいは主に新規事業の開発を経験し、プロダクトデザイン、CRM、ユーザーリサーチなどを経験して、この4月から総合情報サイト「All About」に関わる業務に戻ってきたところで、今はデータの解析を主に行っています。

■チームで価値を作ることに熱中できる方と働きたい!

今回、どんな方と一緒に働きたいか、改めてメンバーに聞いてみたのですが、以下のような回答が返ってきました(原文ママ)。

・プロト作っちゃえるエンジニアや、ぶっとんだ思想を持つ人
・チームでアウトプットすることに喜びを感じられる人
・ハートは熱く、頭はクールな人
・作ることに情熱を燃やせる人、他人を巻き込むことに対してネガティブじゃない人

やはりというか、「チームで価値を作ることに熱中できる方と働きたい!」というのが総意かなと思いました。最後になりますが、ぜひぜひ自由闊達でクールでホットなメディア企画部に興味を持って頂けたらとても嬉しいです!

集合写真撮影当日、早見さんは夏休みだったためワイプにて。
21 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズvol.14> 多様な価値観が溢れる時代にAll Aboutが目指す"One to One"の提案

『あなたの明日が動きだす』をスローガンに、信頼ある情報を提供し続ける総合情報サイト「All About」。今後、さらなるユーザーとのエンゲージメント強化に向けた新たな取り組みについて...

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

人気記事ランキング

コト 若手社員が社会人としての価値を上げるべく主体的にとりくむ「若手勉強会」って?

今年3月から営業部の新卒社員によってひっそりとスタートした「若手勉強会」。 当初の参加人数は8人だったものの、今では他部署からの参加者も多く約15人が常時参加するウィークリーセミナ...

ヒト <9月の新メンバー>会社のビジョンにある「自立」という言葉に共感(経理グループ・川野)

今月入社した中途社員を紹介します。

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...