コト

ほぼ実務?!マーケティングの基礎を実践的に学ぶ、 オールアバウトのサマーインターンシップを紹介。

毎年夏に開催されるオールアバウトの2daysインターンシップ。多数の応募の中から今年は29名が参加!マーケティングの基礎を学び、実在する企業の商品を題材に、市場分析からコミュニケーション施策を考える弊社のインターンシッププログラムを紹介します。

毎年夏、2daysで開催されるオールアバウトのサマーインターンシップ。今年もたくさんの応募の中から合計29名の方に参加いただきました!

オールアバウトのインターンシップは、実際にオールアバウトのアカウントプランニング部(営業職)の業務に近い実務型なのが特徴。Webマーケティングの基礎を学んだ後、クライアントの課題分析から、総合情報サイト「All About」の強みを活かした解決策の立案までを行います。

毎年多くの参加者から「実践的な内容で面白かった」「かなり密度が高い内容だった」「頭をフル回転した2日間だった」といったコメントをいただく弊社のプログラム。本記事では、2018年のサマーインターンシップの内容を少しご紹介します!

■オールアバウトは潜在層向けのコンテンツマーケティングが強み

―講師はメディアビジネス事業部本部 ジェネラルマネジャーが担当

佐々木 望(ささき のぞむ)

大手旅行会社で法人営業として勤務後、2006年にオールアバウトに入社。広告営業として5年従事したのち、グループ会社の株式会社オールアバウトライフマーケティングの営業、マーケティング、オペレーションを担当。2015年よりオールアバウトに戻り、コンテンツオペレーション部のジェネラルマネージャーに就任。2018年4月より商品企画部のジェネラルマネージャー、10月よりガイドサービス部のジェネラルマネジャーを務める。

―まずはオールアバウトの提供サービスを理解しよう

オールアバウトは、約900人の専門家が記事を書く日本最大級の総合情報サイト「All About」を運営しています。記事テーマは「転職」「投資」「結婚」「健康」など全部で1300領域をカバーし、生活のなかのあらゆる悩み、迷った時に“専門家の知識”を知ることができるサイトとして、2001年から約17年多くの方から支持をいただいています。
この総合情報サイト「All About」が持つオーディエンスデータや生活者へのリーチ力などを活かした広告展開や、コミュニケーションプランの立案など、企業のマーケティング支援(コンテンツマーケティング)がオールアバウトのビジネスモデルです。

―なぜコンテンツマーケティングなのか?

オールアバウトのコンテンツマーケティングは、商品を探していない、求めていない潜在層へ、コンテンツを通して商品を認識、関心を持っていただくことを得意としています。
インターネット広告は近年急成長しており、2020年にはTVを抜き2兆円のマーケットになると言われています。しかしながら、多くのメディアや企業がデジタルシフトすることにより、既にデジタル市場は情報で溢れている状態にあるのも事実です。
情報が氾濫している今、ユーザーが一日に見る広告は数千以上あるなかで、思い出せる広告は一つもないと言われています。それどころか、ユーザー側が利用するデバイスもスマートフォンが主流となり、小さい画面を占有する広告は邪魔なものとして認識され、ブロックされる。企業が発信したい広告(メッセージ)はユーザーに届いていないわけです。

生活者の記憶に留めるにはどうすればいいか? それを効率的に実施するのがコンテンツマーケティングです。 生活者に関心を持ってもらうには、その情報が生活者のインサイトを突いたものであること、自分事化できる内容であるかが重要です。自分事化するには、その情報を知るタイミングや場所も鍵となります。つまり、企業は伝えたい情報を生活者が知るべき情報(コンテンツ)に変換する必要があり、そしてそのコンテンツを適切なタイミングで、信頼できる流通経路で(優良なメディアを通して)届け、その結果を正しく計測していくことが重要であると、オールアバウトは考えています。

■ワークショップ① コミュニケーション戦略を立案しよう

―戦略はどう立てる?マーケティングの基本フレームワークの使い方

オールアバウトが強みとする、コンテンツマーケティングについて理解いただいたところで、実際にクライアントの課題分析を行い、コミュニケーション戦略の設計に入ります。

有効な戦略を立てる上で元も重要なのは、情報の収集と整理です。
オールアバウトでは、基本となる以下の項目を埋めることから始めますが、ここで情報整理に役立つのが「4P(C)」「3C」「SWOT」などの手法/フレームワークです。
戦略をたてるにあたり、これらのフレームワークを使い分け、企業や商品がおかれている現状を把握し、意味ある解釈を導き出すこと。説得力のある方針や戦略を論理的な矛盾なく構築できるかがポイントになります。
インターンシップでは、実際に既存の事業と新規事業を題材に、フレームワークの使い方を学びながら実際に戦略立てをグループワークで行います。

■ワークショップ② オールアバウトのタイアップの提案書を作成しよう

コミュニケーシ戦略の基本的な立案方法を学んだあとは、具体的なアウトプットとして、オールアバウトでのタイアップの提案書を作成するワークショップを行います。
企業の強みや、企業が伝えたいメッセージを、ユーザーの興味関心に合わせた切り口に変換し、コンテンツ案を考えます。

起案時には、アカウントプランニング部の先輩も議論に参加します。
企画がまとまったら、インターンシップの参加者全員の前で、プレゼンテーションです。

■実践的なワークと社員ランチが好評。参加者の感想を紹介

いかがでしたでしょうか。
最後に、この夏参加した学生からの感想を少し紹介します。
以前からマーケティングのフレームワークは知っていたが、どのフレームワークをどの段階で使うのかがわかっていなかったため、勉強になった。しかし、ただ単純に3C分析などを行えば良いのではなく、3C分析の中でもどんな項目を、何のために調べるかを細分化して考える必要があると学んだ。
社員さんとのランチが楽しかった
大学でマーケティングのゼミで、4P,3C,SWOT,PEST等々は企業を分析する際にも用いていましたが、実際に企業の一員となり実践的に活用する方法がわかり勉強になりました。1日目だけでも本当にこのインターンに参加してよかったと感じるし、他の人にも(特に私と同じ学科の友人など)にオススメしたいです!
実際にワークをやってみて、思った以上に頭をフル回転させて、アイデアを出さないといけないなと思いました。沢山考えれば考えるほど、何が要点だったかを忘れてしまって、いつの間にか話が逸れてしまったときもありました。本当に難しいと思ったけど、それが楽しいとも感じられたので良かった
社員さんや社内の雰囲気を垣間見ることができ、楽しそうな雰囲気だったのでよい〜!と思いました
参加してくれた学生は、商学部やマーケティングを専攻している方も多く、フレームワーク自体は知っていたものの、実践的な使い方が印象に残った様子です。
あとは、社員とのランチが楽しかったといってくれている学生も多く、私たちも嬉しい限りです。

■人事から

サマーインターンシップは、学生が「実際の仕事を体験する」ことが目的なので、2日間で出来るだけ実務イメージを明瞭にさせられるような仕組みにしています。例えば、一つの仕事にせよ「何故それをしているのか」には、全体像を知ることが必須です。そのためインターン中の講座も内容を厚めに組んでいて、広告業界の全体像→メディアについて→オールアバウトについて→実務の話 という全体像→粒の流れで、説明しています。

…と堅い説明になりましたが、学生には毎度、実際に社員が使っているフレームワークやノウハウを注入し、頭をフル回転していただきます。このフレームワークは様々な課題解決に使えます。(例えば、ゼミで皆の意見がまとまらない…、バイトリーダーで新人育成に苦戦している…など。)学んだことを持って帰るだけでなく、しっかり私生活に活用してほしいですね。社員とのランチ、社員の私も楽しみました!社員とのコミュニケーション・社風も含めて実際の仕事というものを体験してもらえたなら嬉しいです。
38 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズvol.13> 目指すべきは持続可能なエコシステムの構築

オールアバウトでは、2017年にアドベリフィケーションツールを導入し、優良メディアのみに絞ったアドネットワーク「All Aboutプライムアド」をローンチしました。次いで2018年5...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

ヒト <リーダーズ Vol.9>PVからの脱却を目指して!営業と制作が一体となって成果にコミットする組織づくり

オールアバウトでは、2016年11月から営業と制作部門が一体となって、コンテンツマーケティングの効果最大化に向けた取り組みを行っています。“営・制一体”の取り組みから約一年が経ち、徐...

人気記事ランキング

お知らせ 【年頭所感~2019】変革期こそチャンス。専門性をもった個人のチカラで社会の“不”を解消したい

オールアバウトの代表取締役社長 江幡哲也の年頭所感です。

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...

コト 「準備はアラフォーのうちに」と介護経験者。殆どの女性が話さない「親の介護」のリアルを大調査。

オールアバウトでは、人生100年時代といわれる今、生活者が漠然と感じている“不安”についての調査を実施。初回テーマは「親の介護」。介護経験者の7割が「準備はアラフォーのうちに」と断言...