ヒト

【後編】強いメンタルとパフォーマンスUPの秘訣は会社以外の“拠り所”を持つこと

今回から始まった新コーナー。就活生や、若手社員が抱える“働くことへの不安”や“仕事のモヤモヤ”を人事のミサトこと井上美里が先輩社員に聞きまくり! 後編では、木下くんが1年目に経験した新規事業の立ち上げから今に至るまで、いままでの仕事を通して辿り着いた「木下流」のメンタル維持やモチベーションを保つノウハウや、コミュニケーション術などを伺いました。

――前回の「就活~新人時代編」はこちらから

今回登場した社員のプロフィール
木下 豪 (きのした ごう)

メディアビジネス本部 メディア企画部


東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 修士課程修了後、2015年4月オールアバウトに新卒入社。入社後、新規事業開発に携わり、サービス設計、CRM、ユーザーリサーチなどを経験。現在は、メディア事業推進のため、データ解析などに従事。

■入社1年目で新規事業立ち上げを経験

入社して半年後、新規事業の立ち上げメンバーになったそうですが、1年目でいきなり新規事業立ち上げって、大変でした?
大変でした。そもそも経験が無いわけだから当然なんですけど。当時はP/Lの意味すらも知らなくて、とりあえず勉強しました(笑)。あと、今まで漠然と“企画がしたい”と思ってたんですけど、実際やってみてみないと分からなかったこともやっぱり多くて。事業を推進することの難しさとか、反対に醍醐味みたいなものとか、色々な経験をすることができました。

あとは、会社にいる意味というか、会社は個人プレーをする場所じゃなくて、チームプレーで何かを生み出す場所なんだなと。これまた当たり前なんですけど、そういう初歩的なことが体感として理解できたのは良かったです。

結局、そのサービスは1年でクローズという判断になってしまったんですけど、事業の意味とか、経験の大事さとか、根性は役に立たないけどド根性は役に立つとか、そういった、なんていうんでしょう、仕事をする上でのベースになる考え方を学べたことは、僕にとって、とても大きな財産になっていると思います。
根性は役に立たないけどド根性は役に立つ……経験した人にしかわからない、深いフレーズですね……。事業を閉じたとき、ぶっちゃけ辞めたいとか思われなかったんですか?
辞めるかどうかも基準があって、僕の場合は「後で後悔しないかどうか?」ということをかなり自分に問います。確かに、事業が終わったときって、強制的に仕事から離れることになるので、一度フラットになるんです。そうすると、色々と自分の価値観がはっきりしてきたりもするんですよ。

なので、実際にそのタイミングで他社に転職したチームメンバーもいましたし、サービスのクローズが良くも悪くも色々な事の引き金になるというのは、そうだと思います。ただ、僕の場合はもっとこの会社でやってみたいこともあるなと。今のタイミングで辞めたら後悔するなと。そう思ったので、辞めようとはならなかったですね。
後悔しないために仕事をやり切るためには、たくさんの壁にぶつかると思いますが、どのように解決されてきましたか?
そうですね、習慣としてあるのは、自分が何に困っているのか、まずは自分で考えることですね。とりあえず落ち着いて、5分くらいは考える。で、5分考えてわからなかったら1時間考えても分からないだろうから、諦めて、人に聞くなりググるなりしていく、という感じです。全くユニークな解決策ではないですね(笑)。
壁にぶつかった時に一旦落ち着いて考えるって意外と難しいと思います。そして自分の中で考え込むのではなく、5分で切り替えるということも日頃から意識していないとなかなか出来ないです。 ちなみに、木下さんが聞く相手はどういった方ですか?
聞く相手は、チームに限らず、部署、会社、社外だったらオールアバウトを卒業した先輩なんかにも聞きます。母親にもよく相談してますし、漫画読むのも映画観るのも僕的には聞いている感覚です(笑)。ただ、基本的にはダイレクトに答えを教わるというよりは、物事の“原理原則”や“考え方”を教えてもらうことが多いかな。

あと、壁をクリアするっていう視点でいうと、会社以外に“拠り所”をたくさん持つというのは、会社にコミットするためにすごく重要だなと。これも入社して半年くらいの時に思ったんですけど、ちゃんと“逃げ道”があるっていうのは、メンタルを良好な状態に保つために、とても重要なことだと思っています。
"拠り所"を持つことの重要さについては、私もとても共感します。後ほど詳しく聞かせてください。壁といえば、職場の人間関係で悩む人も多いと思うのですが、いかがでしょうか?
課題はたくさんあるんですけど、クヨクヨするみたいな意味でいうと、今は、全く悩んでないですね。僕の場合、会社での人間関係の悩みって、「相手に何かを求めていて、それを相手が満たしてくれない」と感じた時に起こるんですけど、この悩みってもう全く意味がないんですよ(笑)

というのも、これって煎じ詰めれば「あなたはなんで完璧じゃないんだ!」というクレームなんですよね。で、当たり前ですけど、完璧な人ってそもそもいないし、そんなふうに気が付いてからは、基本的に人間関係では悩んでないですね。

当然、自分がどう行動するかとか、周りをどう動かしていくかということは残りますけど、それは悩みじゃなくて課題だし。とはいえ、あまりに違和感があると、怒ることもあります(笑)。
えっ!!木下さんって怒ることあるんですか?
怒るというか、自分がここで感情をぶつけることで、プロジェクトが進むのであれば、あえて感情を出すこともあります。うちの会社は割と控えめなのか、オピニオンが少ないこともあるので、時には感情をバーン! とぶつけるくらいのことも必要かなと。まぁただ単に腹が立ってるだけのこともありますが(笑)。
木下さんはクールなイメージなので意外です(笑)

■今はチームでコラボレートするのが楽しい

では、今はぶっちゃけどうですか?
すごいざっくりな質問……(笑)。チームのミッションでいうと、メディア事業の課題を解決するために、意思決定のバックアップをしたり、コミュニケーションをとったり、主に事業を推進していくミッションを担っています。
そんな中、いま、いちばん楽しいことは何ですか?
チームでコラボレートして、物事を進めていくことが一番楽しいですね。例えば、午前はリモートワークを使って個人作業を家でやり、午後は会社に来てディスカッションに時間を使ったり、という感じです。

ディスカッションでいうと、メディア企画部の会議ってずっと音楽を流しているんですよ。おかげでずいぶん発言のハードルが下がります。それってよく“心理的安全性”とかいわれるんですけど、この「何でも言える」環境は、チームをドライブするために非常に重要なことですね。
音楽流してるんだ……! 会議の質にもとてもこだわっているんですね。では、他部署との連携はいかがですか?
チームの役割的にも、他部署に相談しにいきやすい環境だとは思います。他部署に口出ししちゃいけない雰囲気はあまりないですし、事業のためにプラスになることであれば聞いてくれるところは良いところだと思います。

■後輩に伝えたいこと

わたしを含め、後輩に伝えたいことはありますか?
身も蓋も無いんですが、僕が最も大事だと思うのは「健康」ですね(笑)。食べて、運動して、寝ると。あとは、先にも出たメンタル

メンタルが不調だと、めちゃくちゃパフォーマンスって下がります。で、メンタルだったら、さっきも出ましたが、会社以外の自分の居場所を複数確保しておくといいかなと。当たり前ですけど、基本的に誰しも自分のいる場所を選ぶ権利があるんですよ。そういう選択肢というか、ある程度の身を護る権利意識は持っていたほうがいい

で、実際には、選択肢がある方が安心して一つの方向に進めるんですよ。結果的に仕事に向き合う気持ちが軽くなり、仕事のパフォーマンスも上がるのでオススメです。なので、僕が伝えたいのは「健康」と「選択肢を持つこと」ですね。
まずは「健康」ですか。シンプルですが刺さりました……。会社以外の拠り所の確保は、私も本当に大事だと思います。外を知り選択肢を持つことで新たに見えてくることもありますよね。あと、仕事以外のところでいうと、例えば土日は何をされていますか?
うーん。まぁ誰かと会ってることが多いですね。人と会うと色々いいことありますし、いいアイデアとか、刺激ももらえますし。
土日も仕事の延長のような……。
基本は、何かしらの企画を進めてますね。
えぇ~~~!!(驚)
あ、散歩したりもしますよ。考え事をしたりとか。
やっぱり考えるんですね(笑)
あと、もう一つ大事だなと最近になって思うのは、ポジションを取るというか、自分の意見を持つことですね。そして、実際にそれを口に出しちゃうことですね。そうするとわんさかフィードバックをもらえて、自分の考え方とかが全く的外れだなと、恥ずかしい思いをすることもよくあります(笑)。

少しハードルがあるとすれば、口にする時に少し勇気がいることでしょうか。でも、結局長い目で見たら言わなくて損するのは自分ですし、自分のコミットメントがどこにあるかはよくよく考えていたいですね
木下さん、本日はインタビューにお答えいただき、有難うございました! 

■人事・ミサトのあとがき

私が感じた木下さんの“ココがスゴイ! ”は“考えることを徹底している”ことです。入社間もない頃や仕事に慣れてくるとつい、仕事をこなすこと自体に精一杯になりがちですが、視点を変えて、こなすことよりも仕事自体の意味やゴールをきちんと考え、自分の意見を持つことが重要だと教えてもらいました。また、壁にぶつかったときも、5分考えてわからなかったら人に聞くなりググるなり、ちゃんと行動することも大事だとあらためて感じました。

みなさんの気づきはどのようなことだったでしょうか?

今後も、オールアバウトで働くことのリアルをお伝えできればと思います。御覧いただき有難うございました!

バナー写真のオフショット(広報チームからの無茶ぶりに応えるふたり) 普段から先輩・後輩として仲の良いふたりのインタビューは終始リラックスした雰囲気となりました
44 件

おすすめの記事

ヒト <オピニオンvol.1>正しいデータに向き合わなければ、デジタル広告市場は崩壊する ― デジタルマーケティングの未来 ―

業界ニュースを取り上げ、解説や分析、意見を掲載する新コーナー「Opinion」。初回はメディアビジネス本部 執行役員 本部長の箕作聡が担当。メディアからプラットフォームへ変革を宣言す...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.13】美味しい野菜の宝箱! 舌も身体も喜ぶ健康ランチ

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第13回はウェルネス事業推進室の平野さんが登場! お店の看板メニュー美味しい”ケール”もモ...

ヒト <10月の新メンバー>WEB専門のディレクターから、コンテンツマーケティングを軸にした仕事へ(制作部・山口)

今月入社した中途社員を紹介します。

ヒト 【後編】強いメンタルとパフォーマンスUPの秘訣は会社以外の“拠り所”を持つこと

今回から始まった新コーナー。就活生や、若手社員が抱える“働くことへの不安”や“仕事のモヤモヤ”を人事のミサトこと井上美里が先輩社員に聞きまくり! 後編では、木下くんが1年目に経験した...