ヒト

【前編】入社後すぐにぶつかった壁、乗り切るコツは“それっぽい”メンターとの出会い

今回から始まった新コーナー。就活生や、若手社員が抱える“働くことへの不安”や“仕事のモヤモヤ”を人事のミサトこと井上美里が先輩社員に聞きまくり、「仕事のリアル」について迫ります。

今回登場した社員のプロフィール
木下 豪 (きのした ごう)

メディアビジネス本部 メディア企画部


東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 修士課程修了後、2015年4月オールアバウトに新卒入社。入社後、新規事業開発に携わり、サービス設計、CRM、ユーザーリサーチなどを経験。現在は、メディア事業推進のため、データ解析などに従事。
みなさん、こんにちは! オールアバウトグループの新卒採用を担当している人事の井上です。就活生と日々接していると「先輩社員がどのように働いているのか知りたい」という要望をたくさんいただきます。

また、私自身も入社して2年目ですが、自分を含めた若手社員が抱える仕事のモヤモヤを先輩社員たちはどのように解決していったのかとても気になるところです。 そこで今回は、新卒1年目で新規事業立ち上げの経験を経て、現在入社4年目となるメディア企画部・木下さんに「ぶっちゃけオールアバウトに入ってどうですか?」というテーマで話を聞いてきました。

■最後は直感で選んだオールアバウト

木下さんっ! 今日はよろしくお願いします。さっそくですが、木下さんがオールアバウトへ入社した理由から教えてください。
なんか面接みたいですね(笑)。そうですね、まず、就活で会社を選ぶ際に、自分なりに3つの条件を決めていたと思います。1つ目は、会社の“規模”です。僕はとにかく、会社がどんな仕組みで動いているのかを知りたかったので、立ち上げ間もない2,3人の会社とか、従業員数10万人! みたいな会社というよりは、一通りの機能が部署として揃ってくる100人以上くらいの規模の会社がいいと思っていました。

2つ目は、“業界”です。ぼんやりですが、将来的には何かしらを企画する職種に携わりたかったので、トライアルの回数が多そうないわゆるIT系がいいなと思っていました。

それから3つ目は、“事業”です。大学時代に情報の流通をテーマに研究をしていたこともあって、情報を扱う事業を運営する会社に入りたいなと思っていました。だいたいそんなところです。
なぜ3つの条件なんですか?
全ての会社を見ようとしても物理的に無理だっていうのを感じていたからですね。なので「これだけはクリアしなくちゃ嫌だな」というポイントだけ考えて、それにひっかかる会社の中で、ご縁があったところで決めようと思っていました。で、運良くオールアバウトとご縁があったと。
ちなみに、入社前からオールアバウトが運営する総合情報サイト「All About」のことは知っていましたか?
何となくしか知らなかったですね。赤い丸のある情報サイトくらいで……(笑)
そうなんですね。それでも入社した決め手は何だったんですか?
決め手として大きかったのは、ビジョンに共感できたことと、面接でのコミュニケーションがお茶してるみたいな感じで、いつも通りというか、自然体でいられたことですね。ただ色々と理由はあるんですが、ほとんど後付けだと思っていて、最終的には直感です(笑)。
それわかります! わたしも最後は直感で入社を決めました。

■入社後すぐに、カルチャーショックを経験

学生から社会人になったときに、一番驚いたことは何ですか?
学生の時の考えていた“社会に出る理由”というのがあって、僕は直感的に、「世の中に価値を作りたいなぁ」と思っていたんです。でも現実には、会社に行く理由って、そういう意気込みだけではないというか、人それぞれ働くことの動機が違うことにショックを受けました。今考えればそんなことは当たり前なんですけど、当時は全く分からなかった。
では、会社のイメージのギャップはありましたか?
オールアバウトの成り立ちが、リクルートから独立した会社だったので、社風もリクルートっぽいのかな?と思いきや、思ったよりマイルド(笑)というギャップはありました。
なるほど(笑)。あと、働いてみて感じた“オールアバウト的なこと”はありますか?
先輩後輩の関係がフラットだというのは感じます。今のチームもそうですが、入社当初から、先輩に頭ごなしに命令されるということは、まず無かったですね。
それは、オールアバウト的な特徴ですよね。指示が無いからこそ、自ら行動する姿勢が求められますよね。
そうですね。例えば今の部署でいくと、労務管理上もちろん管理の仕組みはありますが、現実の取り組みに関していえば、“一番得意な人”が旗を振って業務を推進しています。組織としてはよくあるピラミッド型なんですが、チームにいる体感としてはサークル型に近く、自分の得意なことを仕事に活かせる環境だとは思います。

■一番きつかった入社半年間

自分の得意なことを仕事に活かせる環境……。すごく充実した社会人生活って感じですね。
いや、本音を言うと、入社して最初の半年は、まじできつかったよ。何がきついかって、今だから分かるんだけど、要するに学生時代からの“手持ちの価値観”が通用しないんですよね。ルールが全く違うというか。それがとにかくきつくて、ちょっとノイローゼ気味になって、当時の上司にはめっちゃ心配されました(笑)。
それは仕事的にきつかったってことですか?
仕事といえば仕事なんですけど、どちらかというと考え方とか捉え方の部分ですね。これは、入社して半年くらい経った頃に気が付いたんですけど、仕事がきついと感じる理由って、“何をしたらいいか分からない”“どうしたら上手くできるか分からない”の2つに分類できるなと。WHATとHOWですね。

で、入社から半年くらいは、前者の「何をしたらいいか分からない」状況が続いたんですけど、今思えばその時期が一番つらかったですね。半年くらい経って、少しは自分の仕事を俯瞰して見られるようになって、やっと楽になった感じがしました。
俯瞰して見られるようになるために、どんなことをされたんですか?
それっぽい人にとにかくたくさん聞きました。
それっぽいって(笑)。
社内でも、社外でも、親でも友達でも誰でもいいから、自分の直面している状況を知ってそうな “それっぽい人”を見つけては聞いてました(笑)。で、何をしたらいいかが分かって来て、どうしたらいいかを考えるところまで課題が棚卸しできたら、もうだいたいのことは解決に向かうので、そういったアドバイスがもらえる知恵袋的な人というか、メンター的な人を早く見つけられるかはすごく鍵ですね。自分にとって、最初の“それっぽい人”はTさんという先輩でした。
なぜTさんだったのですか?
後付けですけど、Tさんの経験値的に、僕の課題を整理することができて、それを僕と上手くつなげてくれる人だったんだと思います。これは、それこそ受験の参考書選びと同じだと思っていて、同じ目的でも、自分と合う合わないはあるんですよ。例えば英単語だったら、私は“ターゲット”だなとか、いや俺は“DUO”だなとか、いやそこは“速読英単語”でしょ、みたいな、そういうことじゃないかなと。だから、シンプルに自分に合いそうな人に相談すればいいと思いますね。

で、そのTさんとは、毎朝勉強会(のようなもの)をやっていました。始業前に1時間ほど時間をいただいて、基本的には全営業日やってましたね(笑)。今考えたらほんとによくつきあってくれたなぁと。チームや自分の課題を共有したり、整理したり、議論したりといったことをしていただいていました。感謝しています。
朝から1時間、しかも週5日とはすごい……。どうやってTさんに弟子入りしたんですか?
直接「相談に乗ってほしい」とお伝えしました。
下からお願いするのって勇気いりませんか?
そこは何となく、自分から行かなきゃダメだなと。普通に考えても、助けてもらう側がお願いしますよね。しかも、僕もそうですけど、後輩から頼られて嫌な顔をする人っていないんですよ。だから、困っているなら「困っている」って自分で伝えればいいんじゃないかな。SOSを出すのは本当に大事ですよね。

──入社後すぐにぶつかった壁を乗り切るため、Tさんに弟子入りした木下くん……。次回、後編では新規事業の立ち上げから今に至るまで、「オールアバウトで働くことのリアル」に迫るほか、いままでの仕事を通して、仕事へのモチベーションを保つためのノウハウや周りとのコミュニケーション術などを伺いました。後編は来週公開です!

42 件

おすすめの記事

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

コト 「Advertising Week Asia」に執行役員・箕作が登壇~生活者をいかに態度変容させるか、ブランドリフト観点でのアドベリフィケーション活用について

世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング・広告など多くのテーマでセッションが展開されるイベント「Advertising Week Asia」。アドベリフィケーションに関す...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.13】美味しい野菜の宝箱! 舌も身体も喜ぶ健康ランチ

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第13回はウェルネス事業推進室の平野さんが登場! お店の看板メニュー美味しい”ケール”もモ...

ヒト <10月の新メンバー>WEB専門のディレクターから、コンテンツマーケティングを軸にした仕事へ(制作部・山口)

今月入社した中途社員を紹介します。

ヒト 【後編】強いメンタルとパフォーマンスUPの秘訣は会社以外の“拠り所”を持つこと

今回から始まった新コーナー。就活生や、若手社員が抱える“働くことへの不安”や“仕事のモヤモヤ”を人事のミサトこと井上美里が先輩社員に聞きまくり! 後編では、木下くんが1年目に経験した...