専門家

看護師の経験を生かして、お金の悩みに寄り添う「がん患者さん専門のファイナンシャルプランナー」に話を聞いてみた

All Aboutの専門家のお仕事を聞くコーナー。今回は、日本でただ一人、看護師の経験を持つがん患者さん専門のFPとして活躍する、All About「看護師FP/がんとお金」ガイドの黒田ちはるさん。心と身体が密接に関連するがん治療において、お金の悩みを解決することを使命に日々奮闘する黒田さんに話を聞きました。

All About「看護師FP / がんとお金」ガイド 黒田 ちはる

10年間の看護師経験とFP1級・CFP(R)の資格を活かして「黒田ちはるFP事務所」を開設。がん患者さんとその家族の心身の負担軽減や、治療生活の選択肢の幅が広がるよう、経済面の悩みに対するアドバイスを提供したり、全国で「がん治療と仕事と生活設計」に関する講演を行っている。
ブログ http://ameblo.jp/3403ck
HP http://fpkuroda.com/

■知らないで悲しい思いをする人を無くしたい。

―日本で唯一の「がん患者さん専門のFP」として活躍されている黒田さん。看護師からFPに転身したきっかけを教えてください。

看護学校を卒業して配属されたのが外科病棟だったのですが、そこでがん患者さんを担当することが多かったんですね。看護師の役割として、医療以外にも患者さんが安心して治療に専念できるよう、心のサポートをしてあげることは非常に重要です。日ごろ接する中で治療生活に関する悩みなどを相談されることも多かったのですが、その中にはお金の相談もありました。お金の問題って、直面して初めて浮彫になることが多いんですね。がんと告知されて治療に集中したいはずなのに、お金の問題で治療を決断できなかったり、不安で眠れなくなったり、そういった心の不安が病状に影響することもあります。

―お金の悩みががん治療に関連するんですか?

はい。がんのつらさは総合的に捉えられるという意味で「トータルペイン」と呼ばれ、「身体」「心」「スピリチュアル」「社会面(経済面)」の4つのつらさが互いに関連し合っています。「住宅ローンをどうしよう」という経済面の悩みが、夜も眠れないほどの不安になることで身体にも影響したり、「家族にお金の面で迷惑をかけてまで治療を続ける意味はあるのか。」といった悩みに発展してしまうこともあるのです。
だからこそ、その人をケアするためには全体を見ていくことが必要で。医療従事者だけではなく、社会保険労務士やFPなどの専門家がバックアップして支援していけることが理想なのですが、病棟で勤務していた当時それぞれの機能は分断されていて、がん治療を念頭においた一気通貫のサポートは難しかったんです。

実は、日本においてがん患者さんのための支援制度は比較的整っています。でもその制度や適応条件は複雑で、患者さん個人でそれらを把握するのは困難な上に、申請しないと利用できない。患者さんにアドバイスしたいけど、当時の自分はFPが持つ専門的な知識もありませんでしたし、個人の意見しか述べられない中、介入していくことは立場的にも難しい。 そこで看護師をやる傍らFPの資格を取得しました。最初はボランティアでFP活動を行っていたのですが、専門的に取り組んでいく必要性を感じ2年前に独立。がん患者さん専門のお金の相談を受ける個人事務所を設立しました。

■早期に相談してくれれば選択肢はある。手遅れになる前に相談してほしい

―がん患者さんのお金の問題というのは、具体的にはどういったことでしょうか。

その人のがんのタイプやステージや家庭状況などにより、様々です。初期の治療費の捻出から始まって、会社を休業中の収入低下への対策もあるでしょう。また、がんの多くは治療して終了ではなく、そこから年単位で治療が継続することもあります。このままでは治療費が足りないのではないかなど、見通しが立たない不安が大きいんですね。

―今は共働きの世帯が多いですけれど、夫の収入に頼っている場合、大黒柱が倒れると資金面をどう工面するかというのは切実な問題ですよね。

実は共働きだとしても負担が大きいのは同じなんですよ。患者さんが子育て世帯である場合は特に、治療費以外に子どもの教育費、住宅ローン、通院にかかる交通費や、雑費自分の親の介護費用など支出項目が多いのは言うまでもなく、それ以外にも子どものお迎え、学校行事など世話にかかるマンパワーをどうするか考えなくてはいけません。今までは二人で家事や子育てを協力してやってきたのが、全部一人に負担がかかってくるわけです。最初はがんばるけれども、数カ月たつと負担が大きすぎて精神的につらくなり仕事をやめてしまったという方もいます。 患者さんと多くの時間を過ごしたいと願っていても、家計を支えようと無理をして働き、結果的に患者さんと向き合えないというケースもありました。

また相談を聞いていて一番悲しいのは、治療費などがかさんでしまったり、給与が支給されなくなってしまい、住宅ローンなどが支払えなくなったときに、消費者金融などで借りたり、クレジットカードのリボ払いにしてしまうなど、にっちもさっちもいかなくなってから相談に来られるケースです。もっと早くに相談してくれていればと思うことも多いです。

―どうしてそこまで追い詰められてしまうのでしょうか。

お金のことって相談しづらいんです。身体や心の面は、立場が同じ人がいるので、患者会などで相談しやすいのですが、お金のことはみな背景が違いますよね。お互いに話す習慣もないし、誰に話していいかもわからない。 「がんになった」と会社に言えばクビになるのではないか。「お金がない」と病院に言えば、追い出されちゃうのではないか。そうして、自分一人で抱え込んでしまいます。 人に頼らず、自分で何とか頑張ってきた人の方が追い詰められてしまう場合が多いです。 支払い方法を猶予してくれたり分割にしてくれる場合もありますし、早ければそれだけ選択肢もありますので、まずはなるべく早い段階で病院の医療ソーシャルワーカーなどに相談されることをお勧めします。

■がん患者さんの一人ひとり違う困りごとに丁寧に耳を傾ける

―がん患者さんに対する家計相談は、通常のアドバイスとどのように違うのでしょうか?

通常の家計相談の場合、年収はいくらか、支出はいくらか、という数字から入ります。収入と支出のバランスが悪く、妻が働いていなければ「働きに出られますか」とアドバイスするケースが多いです。 けれどもがん患者さんの家族の場合、たとえ働きたい気持ちがあっても「病院に行くときは付き添ってあげたい」とか「時間のある限り、寄り添っていてあげたい」という気持ちもありますし、それでなくても家事や育児のほか、看護となれば手一杯になってしまうので、簡単に「働けば」とは言いません。 お金の話から聞くのではなく、かといって病気について詳しく聞くでもなく、生活のどこに困っているのか、どうしたいのかを、まずはよく聞きます。

制度の話を質問してきたので、丁寧に答えながらも、よくよく話を聞いてみると、実は家族の問題が絡んでいるケースもあります。というのも、がんをきっかけに潜在化していた家族の問題が浮き彫りになることがあるんです。離婚まで考えているケースも珍しいことではありません。もし離婚をするとなれば、制度の話も全く違うシチュエーションとなり、一から内容が変わってくるので、全体的によく話を聞くことが大切です。 そもそも患者さんが制度の申請方法について詳しく知りたいのか、制度を切り口に今後の働き方や生活費について相談したいのかを見極め、最初に優先順位をつけて聞きたい内容を確認するよう心掛けています。

―よく話を聞いたうえで、制度の活用で収入を増やすことや、家計の見直しで支出を減らすことをアドバイスするのですね。支出の減らし方で一つアドバイスを頂けますか?

ありがちなのが、支出を減らそうと思うと、手っ取り早く手近な食費やその他毎月の変動費から減らそうとすること。健康で短期ならばそれでもよいのですが、治療中で長期となるとどこかで無理をしているためにつらくなります。だから固定費を見直すことをおすすめしています。住宅ローン、自動車ローン、生命保険、携帯電話料金は、色々な情報や知識が必要ですぐに変更することは難しいのですが、一度見直せばもうあとは固定なので、楽なのです。

■がんと診断されたら住宅ローンが免除されるがん団信

―今まで、がんになった場合のことについて伺ってきましたが、病気になる前に、私たちが準備できることはありますか?

住宅ローンを組むときにがん団信(団体信用保険の特約など)付けておけば、がんと診断されたらローンが免除されるものもあります。住宅ローンが免除されれば、月々の負担がグッと減るので、これはぜひ覚えておいてほしいですね。

もう一つは職場の就業規則を確認しておくことです。治療のために長期休みになるときに使える制度は、年次有給休暇以外にあるか。長期休みになったときに期限付きでも給料が出るのか、まったく出ないのか。それを知っておくと、足りない分をカバーする備えも当然変わってくるはずです。

付け加えておきたいのは、がん患者さんに対する支援制度のようなものは、年々変わっていく可能性もあるし、複雑。なので一つ一つの制度については深く知っておく必要性はありません。けれども、病院には医療ソーシャルワーカーという相談できる専門の人がいるということや、治療のことだけではなく制度や就労については専門の社会保険労務士、家計については専門のFPにつなげてくれる病院もあること、『がん制度ドック』という無料のサイトがあって、自分の状況に合った制度を調べることができるなど、いざという時の相談先や情報収集の方法を知っておくと違いますよ。

(注:がん制度ドックhttp://www.ganseido.com/
がんと診断された人のための公的・民間医療保険制度検索サービス 病状・体調・希望に合わせた制度を探すことができる)

■生活費の数カ月分は、プールしておこう

―保険に入るか否か。住宅における賃貸か持ち家がといった議論と同じく意見が分かれるトピックだと思います。黒田さんはどう思われますか?

まずは、自分あるいは家族が働いている環境で、どれだけ公的制度でカバーされているか把握して、足りない部分を民間の医療保険やがん保険で補填するという考え方がいいのではないでしょうか。公的制度が厚い人はいいのですが、自営業の人や専業主婦など、手当が薄い人は保険で補うことをお勧めします。

次に、医療保険やがん保険にはいるのであれば、中身をしっかりと知っておくこと。“先進医療特約がついているから自由診療もすべて保険金が出るのではないか“といった間違った認識でがっかりされた患者さんもいました。どこからどこまで給付されるのか、されないのか、きちんと把握しておくことが必要です。

また、医療保険は「入院したらいくら」「通院したらいくら」といった給付金はでますが、生活費の補償にはなりません。ですからまず動かせるお金が必要になります。少なくとも生活費の半年~1年分は確保されていると安心です。すぐに引きだせるところにあるといいですね。

■都道府県に一人ずつ、がん患者さんの相談に対応できるFPを増やしていきたい

―黒田さんの活動の今後の展開について教えてください。

私は、病院でがん患者さんの相談に対応できるFPをもっと増やしたいと考えています。病院でお金のことまで相談できることが当たり前になれば、誰にも相談できなくて悩む人もいなくなると思います。担当看護師のように担当FPがいるようになれば、銀行に行く患者さんに同行し、サポートしたり、入院中外出が難しい患者さんでも、病室で手続きなどが行えるよう、経済面のコーディネーター的な役割が担えるようになります。そうなれば、患者さんの負担や苦痛はすごく軽減されますよね。

今は「NPO法人がんと暮らしを考える会」でもFP研修を行っていますが、全国からこの分野に興味を持つFPの皆さんが参加されています。まずは都道府県に一人はがん患者さんに対応できるFPがいる状態を目指しています。実現までの道のりは長いですけれど。 ゆくゆくは国の相談支援体制がもっと充実してほしいと思いますね。


ノバルティスファーマ主催の「働く世代、がんと向き合うためのセミナー」に登壇する黒田さん。暮らしとお金のことで知っておきたいことについて話されました。

―もっとがん患者さんの相談に対応できるFPの活動が広まってほしいですよね。

私は「がん患者専門のFP」としてブログ、SNS、ホームページで情報発信をしているのですが、ある程度のキーワードの検索をすることでやっと見つかるという程度でした。もっとたくさんの悩んでいるがん患者さんや家族の方に情報を知ってもらいたい、そして医療従事者やFPの皆さんにも「がんとお金」の必要性をもっと知ってもらいたいという思いで、All Aboutでのガイドを始めたんです。All Aboutはやはり信頼できるサイトとして認知度が高いと思います。

オールアバウトも、黒田さんの活動の認知普及に協力できれば、こんなにうれしいことはありません。今日はありがとうございました。

■All Aboutガイドを取材する「ガイドと●●」シリーズ、他の記事も読んでみてください

文:宗像陽子
ライター・All About「歌舞伎」ガイド・子育てサイトココフル♪編集長。インタビュー記事や子育て記事、日本芸能についてなど、様々な媒体で情報発信中!
44 件

おすすめの記事

専門家 365日毎日違うホテルにチェックイン!? ホテル評論家はどういう仕事なのかを本人に聞いた

All Aboutの専門家に色々聞いてみる本コーナー、今回は新レポーターの砂流さんが担当する『ガイドのお仕事』!取材したのはマツコの知らない世界にも出演する、All About「ホテ...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

ヒト <リーダーズvol.14> 多様な価値観が溢れる時代にAll Aboutが目指す"One to One"の提案

『あなたの明日が動きだす』をスローガンに、信頼ある情報を提供し続ける総合情報サイト「All About」。今後、さらなるユーザーとのエンゲージメント強化に向けた新たな取り組みについて...

人気記事ランキング

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

コト 今年は恵比寿もアツかった……オールアバウトのハロウィンパーティーをレポート

ハロウィンといえば“渋谷ハロウィン”が話題となっていましたが、恵比寿のハロウィンはもっと熱い?! ということで、先日オールアバウト社内で開催されたハロウィンパーティーの様子をレポート...

お知らせ 2019年3月期第2四半期決算説明会をおこないました。

2018年11月8日に行われた、株式会社オールアバウト平成31年3月期 第2四半期 決算説明会資料の内容を書き起こしでお伝えします。