専門家

脳の仕組みをよく知れば、お金も恋もうまくいく!イケメン脳神経外科医の話を聞いてみた

2008年からAll Aboutガイドになった菅原道仁さん。現役脳神経外科医としてクリニックを開業する傍ら、「All About」をはじめ、SNS配信型ウェブメディア「citrus」でコラムを書くほか、著書も10冊を超え、メディア出演の機会も増えてきました。医師でありながら情報発信を積極的に行うその意図や、菅原流「脳との付き合い方」の極意を伺います。

All About「家庭の医学」ガイド 菅原 道仁

国立国際医療センター、国立病院東京災害医療センター救命救急科を経て現在、菅原脳神経外科クリニック院長。「だれもが安心して、人生を楽しむために。そして人生目標を達成するために」をモットーに、医療を提供。また脳科学をベースにした「モテと非モテの脳科学」「頭の中の貧乏神を追い出す方法」など著書も多い。

■治療して長生きする時代から、楽しく元気に長生きする時代へ

(広報・柏原)――こんにちは。脳神経外科医って、私の人生の中でも先生以外に会ったことがないので、本日はいささか緊張しております。さっそくですがなんでまた先生は、脳神経外科を選ばれたんでしょう? 

ははは。父親が脳神経外科医だったこともありますが、一通り医学部で勉強したときに一番脳が興味深いと思ったからですよ。

(広報・柏原)――どんなところに興味を持たれたんですか?

人間と動物の一番違うところが脳。その専門性を追求するというのは、ライフワークとしてすごく面白いと思いましたね。

(広報・柏原)――なるほど。そして先生は救急医療病院を経て、現在は地域で開業医をしていらっしゃいます。その経緯について教えてください。

救急病院では、突然倒れて、搬送されてくる患者さんをたくさん見てきました。家族も泣いている。本人だって若くてまだまだ夢もあっただろうに。僕らも治療してもうまくいかないなど、悔しい思いをたくさんしてきました。日本の医療システムでは、救急病院で治療した患者さんは、一般病棟に引き継がれるなどして最後まで責任をもって診療できないのが現状です。

でも、これは私にとって、とうてい納得ができるものではありませんでした。そこで、救急から在宅まで一貫した医療を提供できる医療システムの構築を目指し、あえて救急病院を飛び出し、地域に根付いた脳神経外科の専門病院に身を投じることにしたんですよ。

(広報・柏原)――僕らには想像もできないくらい、厳しい現実をたくさん見て来られたんですね……。

脳梗塞の人って、命は助かっても寝たきりになっちゃう人もいますからね。それを介護するために家族も仕事を減らさざるを得ない現実があるわけですよね。

(広報・柏原)――ある日突然、そんなことが起こることもあるんですね。

もちろんです。まだまだ医療も未熟な部分が多くて、治療できることにも限界があります。そう考えたら病気になる前に何とかした方がハッピーな場合が多いよね、という気持ちに至りました。

■人生目標から逆算して、よりよい人生を作っていく

最近の世の中の流れとしては、病気になってから病院に行くのではなく、楽しく元気に生きるという「人生の質」を求められるようになっています。

(広報・柏原)――いくら長生きでも寝たきりで周囲に迷惑をかけていたのでは、本人も周りもつらいですよね。

そうなんです。病気にならないようにするための「予防医学」や「予想医学」と言われる分野が進んでいて、僕も「予想医学」に力を入れています。

(広報・柏原)――「予防医学」と「予想医学」って、どう違うんですか?

「予防医学」というのは、”病気にかからないように普段から食生活に気を付けましょう”、”メタボ診断された人は痩せましょう“といった一律的なイメージ。それをオーダーメードにしたのが「予想医学」です。

(広報・柏原)――オーダーメードといいますと?

現代はテクノロジーの進歩で、遺伝子をチェックしたり、スマホでライフログも簡単に取れるようになってきているじゃないですか。個人の人生目標だったり、ライフスタイルにそれらを当てはめて合わせて考えていくんです。

(広報・柏原)――具体的には?

例えば自分がグルメにこだわる人だったら食べることを制限したくはないですよね。だったらリスクを分かった上で、遺伝子など考慮し、食べられることに重きを置いたライフスタイルの改善を提案するわけです。スポーツ選手でなんとしても100秒を10秒以内に走りたいと思っている人には、まったく違う提案になりますよね。

(広報・柏原)――なるほど、一律に「お酒はダメ」とか「たばこはもってのほか」「運動しろ」と言われても、その人ごとにこだわりたいポイントは違いますよね。

そうです。実はたばこに耐性を持っている遺伝子の人もいるし、逆にすぐにガン化しやすい人もいる。遺伝的な背景やライフスタイルや人生目標を知って、人生目標から逆算したような健康管理を提案したいと思っています。

(広報・柏原)――壮大ですね。個人の人生目標も関係してくるんですね。

そうですよ。4年前に、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが「あなたは乳がんに87パーセントなりますよ」と言われ、乳房を取ることを選択しました。自分の人生に起こりうるリスクをチェックした上で、いくつかの選択肢からチョイスをし、よりよい自分の人生を生きる。そのための指針になるのが「予想医学」です。

■クルマを買うか、MRIを買うか悩む時代が来る!?

(広報・柏原)――遺伝子研究が進めば、もっと一般化するのでしょうか?

まだまだすべてがわかっているわけではないし、複合要因もあることも事実だけれど、どんどん精度が上がってきてはいる。最近のテクノロジーの進歩で言えば、アップルウォッチで心電図がとれるようになりましたよね。

(広報・柏原)――確かに少し昔までは考えられないような進歩です。

そうなると、自家用車を買う代わりに、CTスキャンとかMRIを買う時代がくるかもしれないですよね。クルマと同じような値段になって、コンパクトになれば。

(広報・柏原)――クルマかMRIか、どちらを買うか悩む時代! 驚きです。しかし、遺伝子学や予想医学が発達する未来とは、生まれたときにはもう人生が決まっているんじゃないかってことになりますかね?

いやいや。環境や状況もありますからね。才能という器は、皆さん絶対持っているんですよ。それが音楽の才能だったり、絵の才能だったり、運動の才能。その器に大小はあるんですけれど。

(広報・柏原)――器ですか……?

そう。それを埋められるかどうかは生まれた後の環境だったり努力なんですよ。すごく大きな才能の器があっても、ちょっとしか中身を埋める努力をしなかったら、大成はしないでしょう。小さい器でもすごく努力をすれば、器からあふれるほどの才能になる。そうすれば器は大きくなるかもしれませんね。

(広報・柏原)――なるほどー。なんだかしみじみしてきました。先生。人生の幸せってなんなんでしょう?

どうしたんですか。急に(笑)。やっぱり、究極の幸せは自己実現じゃないでしょうか。自分が思ったようなことができた。その毎日の積み重ねが幸せなんだと思います。僕の幸せは何かというと、寝るときに「今日幸せだったな、今日も良かったな」と思えること。それがハッピーかな。その積み重ねが未来です。イチローもそうでしょ。バットを毎日振り続けた結果が10年連続200本安打ですよ。

(広報・柏原)――先生、寝る前に毎晩そんなことを考えているんですか? それ、死ぬまで続けるつもりですか?

そんなこと言ったって、明日死ぬかもしれないんですよ。我々の人生で決まっていることは死ぬことだけ。「損はない」じゃなくて、「意識をしておくべき」という感じでしょうか。

■人生の目的を遂行するための、健康であり、お金であり、恋である

(広報・柏原)――先生は多忙な中、書籍もたくさん書かれていますね。その書籍も、小難しいことではなく、脳の仕組みを説きながらモテるとはどういうことか、お金を貯めるにはどうしたらよいかと書かれているので、とてもわかりやすいです。

ありがとうございます。

(広報・柏原)――「予想医学」とは一見関係ないように感じますが、どうしてこういった本を書かれているのでしょう?

根底では全部つながっているんですよ。僕のライフワークで一貫しているのは、その人が人生の目的を遂行するためにできることを広く伝えたいということ。お金を増やすのは、目的じゃなくて、「人生の目的」を叶えるための「手段」ですからね。健康を説くのも、人生の目的に向かって進むために必要だから。

(広報・柏原)――そうかあ。実は僕、「頭の中の貧乏神を追い出す方法」を読んだら、ビンボー脳があてはまりすぎてグサグサきちゃったんです。そもそもビンボー脳ってどういうことなんでしょうか?

今はモノを売るために世の中が回っていますから、そういうものに踊らされちゃダメということ。踊らされることをビンボー神と表現しましたけれど。悪魔のささやきを少し疑えということです。

(広報・柏原)――僕、実はブランド物の洋服をついつい買ってしまうんですが、自分の中では、誰かに認められたいという気持ちはなくって。もともとファッションとかアートが好きだから自分自身を高めていると言い訳をしているんですが……。

いいじゃないですか! それは素晴らしい。

(広報・柏原)――え。ビンボー神じゃない?

ブランドの服を自分の信念で買っているならビンボー神じゃないんですよ。「これ似合いますよ」と店員に勧められて買っていたら、それはビンボー神に操作されている。自分の気持ちに素直になって、俺の生き方はこうなんだという軸があれば、それは、あなたにとって必要なものなんです。

(広報・柏原)――お墨付きをもらったから、また買っちゃいそうです(笑)

自分で考えて、自分の人生に必要なものを買いなさいということですよ。

(広報・柏原)――最新の著書である「モテと非モテの脳科学」では、同じくAll Aboutガイド(男の夜遊び)である山田ゴメスさんと、恋愛について書かれていますけれど、僕も39歳なのに、いまだにモテたいと思っちゃうんですよねえ(溜息)。

いいじゃないですか。我々が一番「俺ってすごいな」と思えるのは、意外と他人の評価、つまり相対的な評価なんです。女の子から「ワー」「キャー」と言われたいのは、自分を高める上で悪いことではありません。

(広報・柏原)――そ、そうですか(汗)。

ただ、それは自分のほうが優位でありたいというマウントの裏返しでもある。だからこのマウント感覚が手放せれば、もっと幸せになれますよ。

(広報・柏原)――そのためにはどうしたらいいんでしょうか?

ブランドの服が好きならそこに突き進んでいれば、結果「ステキ」と言ってくれる人がどこかにいるかもしれない。でも女の子が喜びそうだからブランド服を着るというのではダメですよ。まずは、本当に自分がブランド服を好きなのか、自問自答してみることかな。

(広報・柏原)――わー。どうなんだろう。わからなくなってきた。

■脳みそはだまされやすい。だから、情報に踊らされず、しっかりと考える時間をもつべし

(広報・柏原)――ところで、All Aboutガイドになったきっかけは、なんでしょうか?

仕事の関係で少し時間があったときに、どうやったら病気にならない方法を、もっと広く伝えられるかなあと考えていたんです。ちょうどそこにAll Aboutガイド募集の記事を見つけたんです。

(広報・柏原)――ガイドになってみていかがでしたか?

発信力があるところでコラムを書かせてもらえて、光栄でした。昔書いた記事が今でも読まれていると聞くと、それは自分が今までやってきたことの証だと思うし、それで病気にならない人が一人でも二人でもいたらうれしいですよ。

(広報・柏原)――先生には、医療系の記事を書いていただいていますが、昨今フェイクニュースなどの問題が世間を騒がせたこともありました。生活者のネットへの向き合い方についてアドバイスがあれば、お願いします。

我々の脳みそって、だまされやすいんです。だから情報に踊らされやすいという性質があります。異なるルートで同じ情報に3回触れたら真実だと信じてしまうんですよ。A君とBちゃんが付き合っているという話を3人に聞くと、大体信じる。心理学的にもそうなんですよ。

ネットの普及により、噂話が世界規模になっているのが現代。だから情報のソースはどこなのかちゃんと考えていかないといけない。それからもうひとつ。みんなもっと自分の頭で考えなくちゃ。

(広報・柏原)――SNSを見てるだけでタイムラインにどんどん情報が入ってくるのは便利ですからねえ。

便利な世の中になりすぎていると感じます。僕は、最近スマホを夜はオフにしていますよ。情報をうのみにするんじゃなくて、どういう意味であのニュースを配信したのかな? この記者はどういうことを考えているのかな? この情報のソースはなにかな? ということを考える時間に充てているんです。

(広報・柏原)――ああ。確かにそれは大事かも。自分自身、情報の海に漂って、時間が浪費されていると感じることもあります。ちょっと、心がけてみよう。ところで今後、先生は発信していきたいことはありますか?

うつになる人も多いので、そこに手を差し伸べてあげられたらと思っていますね。

(広報・柏原)――あのー。今度、モテる男になるための相談を個別にお願いしたいです!

それは特別料金で!(笑)

文:宗像 陽子

■これまでの「ガイドと●●シリーズ」はこちらから

84 件

おすすめの記事

専門家 脳の仕組みをよく知れば、お金も恋もうまくいく!イケメン脳神経外科医の話を聞いてみた

2008年からAll Aboutガイドになった菅原道仁さん。現役脳神経外科医としてクリニックを開業する傍ら、「All About」をはじめ、SNS配信型ウェブメディア「citrus」...

コト オールアバウトがいま、「広報誌」を作る理由

広報グループが運営しているこのオウンドメディア「About All About」も開設から1年近く経過しましたが、このたびオールアバウトとして初となる広報誌を発行する運びとなりました...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.21】五感をフル稼働して味わう「麺」が主役の広尾の名店!

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第21回はていていさんからのバトン受け、事業開発部から木下さんが登場! 木下さんは「先輩社...

コト 【2019年度入社式を開催】18名の新入社員を迎え入れました

2019年度、オールアバウトグループでは、過去最多となる総勢18名の新入社員を迎え入れました! 今日は4月1日に行われた入社式の様子をお届けします。

ヒト <部署紹介 Vol.13>個人を強くすることで、組織力の強化を図る人事グループ

オールアバウトで働く人をグループごとに紹介する部署紹介。第13弾は企業にとって重要な資本である「ヒト」に関わる人事グループをご紹介します。