専門家

壮絶な経験から介護アドバイザーに転身 年間220本以上のセミナーをこなす「介護ガイド」の仕事とは

All Aboutの専門家のお仕事を聞くコーナー。今回はAll About「介護」ガイドの横井孝治さんです。正しい介護情報を広く伝えるため、文字通り全国を飛び回り多忙な毎日を送る「カリスマ介護アドバイザー」横井さんに話を聞きました。

All About「介護」ガイド 横井 孝治

2001年の夏、何の準備もなく始まった両親の介護。初めてのことに戸惑いながらも、懸命に模索する中で得た有益な介護情報を自ら発信・共有するため、2006年末に株式会社コミュニケーターを設立。2007年11月には介護情報サイト「親ケア.com」をオープンさせた。現在は介護情報のスペシャリストとして、介護に関する執筆、講演活動などを精力的に行っている。

■痩せて老け込み、何かに怯え続ける母。ただ謝るばかりの父。突然始まった壮絶な介護

――50本、100本、200本と年々倍増する講師依頼に、ますますお忙しい横井さん。企業のマーケティング職から介護アドバイザーへの転身のきっかけは、突然向き合うことになった親御さんの介護だったそうですね。

著書の『親ケア奮闘記』にも書いた通り、それは2001年の夏、私が34歳のときに突然始まりました。私は大阪住まいで、実家は三重。ほぼ毎日実家に電話して、友人の少ない母の話し相手になっていた私は、いつものように実家に電話をかけました。すると電話の向こうで母は「すべてを失ってしまった!」「何もわからない!」と泣き叫んでいました。

父に状況を聞くと、「朝から急におかしくなった」と弱々しく言うばかり。心配になった私は「すぐに帰る」「病院に連れて行こう」と言うのですが、なぜか拒むのです。結局その時は「自分が何とかする」と言う父に押され、逐一連絡を取り合うことを約束して、しばらく様子を見ることにしました。 その頃、私はちょうど大きな仕事を抱えていて、三重に帰ることができたのは秋も深まってからのことでした。帰ったときには実家の様子は一変。家は荒れ、母は痩せ、すっかり老け込み、何かに怯え続け、一方父は「すいません」と謝るばかり。そもそも会話が成り立ちません。それなのに病院へは行かないと頑なな両親。しまいには私に土下座して「連れて行かないでくれ」と頼んでくる始末です。そのときの私は、突然のことに何の手も打てず、そのまま大阪へと戻ってきてしまったのです。

――今は介護ガイドをするほどに知識を得ている横井さんでも、最初から巧く対応できたわけじゃないんですね。

本などで母の症状を調べれば調べるほど、心の病ではないかという疑いが濃くなっていきました。やはり専門医にかかるべき。そう判断し、なんとか説得して精神科の病院に連れて行くことができたのは、翌年の1月も半ばでした。母は2カ月ほど通院で投薬治療を行っていましたが症状は改善せず、ついに専門の病院へ入院することになりました。

そうなると、今度は父の日常生活が立ちゆかなくなります。私は大阪で仕事を抱えていますし、妻子もいます。三重に通い詰めて父の世話をするわけにはいきません。食事は保存食を中心に据え、食器の後片付けなど最低限の家事だけは父にやってもらうよう言い聞かせ、掃除や洗濯は自分が帰省した際にまとめてやると決めました。

――大阪でお仕事があり、ご結婚もされていて、お子さんもまだ小さかった頃に、それは大変な決断だったのでは。

今なら、それが無茶なことだとわかるし、破綻も見えています。しかし当時は、介護をしているという認識すらありませんでした。結局、食事の用意すらろくにしなかった父は脱水と衰弱で倒れ、入院する騒ぎになります。父の独り暮らしに限界を感じていた私は、高額療養費の申請のため町役場を訪れた際、何かサポートしてもらえるような制度やサービスがないかと尋ねました。しかし当時は、介護保険のサービスも始まったばかりで、各窓口の連携がうまく取れておらず、何度となく心細い思いをしたのを覚えています。

そうした中、在宅介護支援センターという介護の相談窓口が実家の近くにあることを知り、あるケアマネジャーさんと出会います。じっくりと時間をかけて話を聞いていただき、どのようなサポートがあるのか教えてもらいました。また、他人を家に入れるのはイヤだと拒んでいた父母の説得にも力を貸してくださいました。そのケアマネジャーさんと出会っていなければ、私は無茶な遠距離介護の途中で力尽きていたことでしょう。これは比喩でも誇張でもありません。実際に力尽きてしまった人はたくさんいて、悲しいケースはそこここにあふれています。

――ケアマネジャーさんと出会うまでは、誰にも頼らず、まさに手探りで介護をされていたんですね。

今でこそいろいろな情報がインターネット上にあふれていますし、行政も多少はシステマチックに動いてくれるようになりました。しかし当時はほとんど何の手がかりもありませんでした。働き盛りの30代半ばの男が、どうやって介護をすればいいのか。そもそも私自身が介護だと思っていませんでしたからね。親からはさまざまな要求が上がってくるのに、自分はどこから着手すればいいのかわからない。とにかく考えたくないことは後回しにしていった結果、ずいぶん遠回りしたように思います。

■効率よく、ラクできるところはラクをして。介護で困る人をゼロにしたくて介護の道へ。

――横井さん自身の体験から、介護情報の共有という大命題が生まれたんですね。

私のように追い込まれた末に遠回りをして、時間と体力を無駄に費やし、神経をすり減らす前に、もっと介護サービスや利用法について知り、効率よく、ラクできるところはラクをしてほしい。そのためには、介護に関するさまざまな情報を発信し、多くの人と共有する仕組みが必要だと考えました。そうして私は勤め人を辞め、「株式会社コミュニケーター」を設立。それまでの経験を活かした販促プロデュース事業と、両親の介護から学んだ介護情報事業の2本柱で歩んでいくことになったのです。

「介護で困る人をゼロにしたい」それが会社が掲げる目標であり、私の念願です。現実的には達成できるはずのない目標ですが、限りなくゼロに近づけるべく、正しく有益な情報を発信し続けたいと考えています。現在運営しているWebサイト「親ケア.com」は、介護に関する正しい情報を包括的に得られる場所であり続けたいと、日々情報の充実・更新に努めています。

――介護で困る人をゼロに。All Aboutのガイドになられたのも、そうした思いからだったのでしょうか。

そうですね。「親ケア.com」の場合は「介護の●●についての情報が欲しい」という具体的なニーズのある方が多いのですが、All Aboutだと「ちょっと介護に興味がある」といったライト層や予備軍の方にもリーチできるのでは、という期待もありました。「親ケア.com」では情報を客観的に整理して伝えるようにしていますが、All Aboutではもう少し「私」という人間を色濃く出して、自分が思うことや経験談、失敗談を多く伝えることで、より身近に感じる記事になるよう心掛けています。最終的には「やってみましょう」と行動につなげるような呼びかけをするにあたって、「自分」を出した記事の方が、読み手の皆さんが入ってきやすいのではないかと思うんですね。

■介護はゴールの見えないマラソンのようなもの。「親ケア.com」やAll Aboutがその一助となれば

――横井さんご自身がそうだったように、身近に要介護者がいない人の場合、介護を「自分ごと」としてとらえるのは難しいことではないでしょうか。現時点では始まっていない介護に対し、どのように対策していくのがいいのでしょうか?

そうですね。両親が健在かどうか、兄弟はいるのか、結婚しているかなど、このように介護のパターンは8種類あります。まず、自分にはいくつのパターンが存在するのかチェックしてみてください。

 (8219)

出典:横井氏の講演資料より
介護はある日突然やってきます。もちろん前兆をとらえられる場合もあるでしょう。しかし、誰の身にも、ほぼ確実に訪れることとして覚悟しておくことが必要です。親が要介護になったら、兄弟が、もしくは配偶者が……と一通りシミュレーションしておけば、どんな問題が表面化するか、ある程度見えてくるはずです。

介護はゴールの見えないマラソンのようなもの。長く続くケースが多く見られます。厚生労働省の調査から割り出すと、平均介護期間は男性が13.58年、女性が15.19年です。ときには子育てと介護を両立させることも求められます。

持続可能な介護のために何が必要なのか。ただ頑張るだけでは介護する側もされる側も疲れるだけです。頼れる人・制度を知り、利用できるものを活用するために、「親ケア.com」やAll AboutというWebサイトがあるじゃないか!と思い出していただけたらうれしいですね。

――自分がどのパターンに当てはまるか理解したところで、今のうちにしておいた方がいいことは何でしょうか。

家族とのコミュニケーションですね。離れている家族とは、最低でも、週に1回、1分でもいいので電話で話すようにしましょう。心の距離を近くしておくことが大事です。特に親は、子供に「元気?」「大丈夫?」と聞かれたら「元気」「大丈夫」と答えます。親は子供にウソをつく生き物なんです。そして子供も、親が大丈夫と言っているからと甘えてしまう。多少調子が悪そうだなと思っても、見て見ぬふりをしてしまう。それでは介護の初手を誤る危険があります。

何でもない会話の中で、ウソを見破れる程度にはコミュニケーションをとっておく。そうすれば、親の心身の変化に聡くなるばかりか、介護の際に必須となるお金の話に対するハードルも下がるでしょう。介護は、要介護者の財布で行うことが大前提です。そのためには、親の収入・支出について把握しておく必要があります。「資産はどこにいくらあるの?」なんて、年の一度の帰省で子供から急に尋ねられても驚くだけですよね。金銭的な行き詰まりは、即、介護の破綻につながります。無用な悲劇を生まないためにも、親とのコミュニケーションを密にすることからまず始めてほしいと思います。
横井さんのお仕事に密着~介護セミナーを取材



この日、横井さんはふれあい健康事業推進協議会が主催する「介護準備のためのセミナー」に講師として登壇。今回は協議会に加盟する企業の複数社から約60名が参加しました。

会場いっぱいに集まった参加者たちに、まずは自分自身がどのような経緯で介護アドバイザーになったのか、遠距離介護から始まったご両親の介護エピソードを交えながら紹介。遠距離介護の大変さを語る横井さんの話に大きくうなずく方も参加者の方も多数いらっしゃいました。



横井さんの資料は図解化されており、とても見やすい。ポイントはすべて口頭で伝え、後で読んでおく用の参考資料もいつも配布するそう。
出典:横井氏の講演資料より


選択肢を提示し、ただやってみてください、で終わらないところが横井流。介護のことを親と話すための準備として、日々のコミュニケーションが大事。という話では、参加者に「毎週1分でいいから親に電話してみましょう」と宿題を出しました。あわせて、「どんなことを話したら良いかわからないですよね? 例えば今日、介護のセミナー行ってみたけど介護ってちょっと心配なんだよね……とか、最近の天気や花粉の話題など、本当に些細なことでいいので、自分から話を切り出してみてください。そうすると親からの話を聞くきっかけにもなるんです。」などと、普段あまり話さない親とどんな話をしたら良いかのヒントも伝えていました。




取材協力:ふれあい健康事業推進協議会/公益財団法人 総合健康推進財団
URL:https://fureai-k.com/

■介護は3世代で考える。将来、我が子にさせたくないことは、自分もしない

――横井さんのアドバイスはとても具体的で、ぐっとハードルが下がるのを感じます。

よく「要介護者の心に寄り添って」と言われます。もちろん介護者は、要介護者の希望を叶え、要介護者が心身共に満ち足りた環境で過ごしてほしいと願うでしょう。しかし、要介護者は心身が弱っている状態ですから、いろいろと無茶なことも言います。健全な頃には決して言わなかった、自分本位な願いもぶつけてきます。

私の場合もそうでした。両親が元気なころは常々「自分たちで施設に入るから世話はしなくていい」「同居なんて必要ない」と言っていたのに、介護が始まった途端「なんで離婚して世話してくれないんだ」「仕事も辞めて同居して」と泣いて懇願するのです。見事なまでの手のひら返しでした。大阪で生計を立てていた私が、突然三重の実家で同居し、両親のすべての世話をできるはずもないですし、そもそも離婚する気などありません。子供もかわいい盛りです。それをどうにかしろと言ってくる両親や周囲の人たち。私が我慢すればすべて丸く収まるのか?と追い詰められました。そこで試してみてほしいのは、「3世代で考える」ことです。
 (8233)

出典:横井氏の講演資料より
「将来、我が子にさせたくないことは、自分もしない」という判断基準をもって親の介護にあたりましょう。将来、我が子に離職してもらってまで同居して介護してほしいのか。我が子の貯蓄に頼ってまでキレイでサービスがよく利用料金の高い老人ホームに入りたいのか。そう考えることで、要介護者の要求の取捨選択がラクになります。

――要介護者の気持ちにより添うことは大事だけど、介護者が犠牲になっては意味がないということですね。横井さん、本日は介護に関する貴重なお話をいただきありがとうございました。

取材・文:西尾 真澄

■これまでの「ガイドと●●シリーズ」はこちらから

38 件

おすすめの記事

ヒト <オピニオンvol.1>正しいデータに向き合わなければ、デジタル広告市場は崩壊する ― デジタルマーケティングの未来 ―

業界ニュースを取り上げ、解説や分析、意見を掲載する新コーナー「Opinion」。初回はメディアビジネス本部 執行役員 本部長の箕作聡が担当。メディアからプラットフォームへ変革を宣言す...

ヒト <リーダーズvol.13> 目指すべきは持続可能なエコシステムの構築

オールアバウトでは、2017年にアドベリフィケーションツールを導入し、優良メディアのみに絞ったアドネットワーク「All Aboutプライムアド」をローンチしました。次いで2018年5...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

人気記事ランキング

お知らせ アラフォー世代のモヤモヤを専門家が解決! 『モヤフォー研究所』を立ち上げました

2019年3月、アラフォー世代の不安や悩みを調査し、All Aboutガイドの力を借りてモヤモヤの解決策を提案する研究所『モヤフォ―研究所』を立ち上げました。

コト 【ゴチエビス vol.20】歓迎ランチにもおすすめ! 女子ウケよし、コスパよしの「しゃぶしゃぶランチ」

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第20回はコンテンツプロデュース部から新卒2年目のていていさんが登場! 日頃から同期や先輩...

コト 【ゴチエビス vol.19】「Tokyo Vegan Guide」を書いた社員の行きつけ! 様々な食習慣に対応できるお店のランチ

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第19回は外国人向けの日本総合情報サイト「All About Japan」の編集長、キアラ...