コト

グローバルチームがSDGsをテーマに徹底議論!「シブヤインテリジェンスライブ2018」参加レポート

日本の魅力を海外に発信するインバウンド・アウトバウンド事業を行うグローバル推進室が、SDGsによって抽出された世界課題に向き合う國學院大學主催のワークショップ「シブヤインテリジェンスライブ」に参加した様子をレポートします。

3月14日〜16日の3日間に渡り渋谷ヒカリエで開催された「シブヤインテリジェンスライブ2018」。國學院大學が2015年から開催するこのイベントは、渋谷地域の企業や団体、國學院大學の教員と学生が協働して現代課題に取り組むワークショップです。

第4回目となる今年は、国連サミットで採択された国際目標「SDGs」をベースに、現代社会が直面する最新課題を抽出。「アイデアどろぼう」をスローガンに、普段接点のない人達が同じ課題を共に考えることで、知見の共有やアイデアの共創を目指す……ということで、弊社の中でも多様なバックグランドを持つグローバル推進室から5名のメンバーが参加してきました。
グローバル推進室が参加した2日目のテーマは「教育」。

■国際的に注目される日本式教育モデル「特別活動」

 (3809)

イベントの冒頭では、國學院大學 人間開発学部初等教育学科の杉田洋教授が登壇。
杉田教授は、グローバル化された時代において、各国の教育モデルはこれまで以上に国を超えて参照され、状況が変化している中、ここ数年は人間形成の観点から世界的に注目されている日本独自の「特別活動」、通称「特活(TOKKATSU)」を議題にあげました。

この「特活」とは、例えば学級委員のような生徒の組織や、集団登下校、日直、朝礼、夕礼、放課後の掃除、給食当番などグループで取り組む活動全般を指します。こういったグループワークは日本教育の特徴であり、他国ではあまりみられないもの。実は今、この「特活」が社会性・感情面の育成に有効であり、IQ(知能)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの非認知能力を高めるとして注目されているそうです。
最近の教育論では、IQよりもこの非認知能力が社会的成功に結びつきやすいとされており、日本人はこの数値が高いともいわれています。

これは日本企業にも根付くスピリッツで、日本式の合意形成や意思決定などがされやすく、課題達成・目標達成という意味では強みとなる一方、同調性や平均化などといった弱みもあります。

また、グローバルで生き抜くために求められるのは、個として発揮すべき多様性のほか、発想の柔軟性と、集団に求められる協調性の双方。第2部では、企業体という組織において有効なブレスト(ブレインストーミング)を杉田教授の指導のもと体験しました。

■ブレストテーマはみんなが参加したくなる「企業版特活」

 (3812)

第2部からは各テーブルに分かれてブレストです。
まず初めにアイデアを個人で出し合うのですが、ここでは質問や持論は一切不要。いかに多くのアイデアを出せるかが重要で、人が発言したアイデアに便乗するのもあり!発言すべてがアイデアであることが理想だそうです。そこで活用したのが、このブレストカード。
 (3814)

カードをめくり、描かれたイラストからインスピレーションをうけて、柔軟にアイデアを広げていきます。
 (3816)

ちなみに、右前にいる“どろぼう”のような恰好した青年は國學院大學の生徒さん。
ふざけているわけではなく、イベントのスローガン「アイデアどろぼう」にちなんで用意されたオフィシャル衣装です。

グループによってもブレストの進め方は様々。たとえばこのチームは、ブレストカードを最初から全部ひっくり返し、アイデアが飛躍できそうなものを選ぶという手段にでたようです。
 (3818)

グローバル推進室チームが出したアイデアは約90。会場で2番目に多い結果となりました。続いて取り組むのは「ブレインライティング」。
 (3820)

やり方は簡単。まず9マスに分かれた紙の一行目にアイデアを言葉や絵で書き、次の人へパスします。2人目の人は、一行目に書かれたアイデアを元に、さらに飛躍させるアイデアを2行目に記入し3人目へまわすというものです。
 (3822)

全ての枠が埋まったシートを受け取ったら、自分が書いたものと、他人によって膨らんだ9つのアイデアの中から、自分が最も気にいったものを選び、新しい紙に具体的に描きます。
 (3824)

最後は1分間のプレゼンテーション。
 (3826)

タイ出身のラチャウットさんは、「世界平和ボタン」を提案。多くの企業が利益重視であるなか、世界平和をテーマに何か実行したり考えたりする時間を作るためのボタンを作り、活動することを提案しました。
 (3828)

中国出身の程君は、「エコの日」を企画。この日は通勤も自転車、エレベーターはもちろん、PCも使用禁止。一切電気に頼らずにアイデアを出すことで、生まれるものもあるのでは?と提案しました。
 (3830)

台湾出身の呉さんが提案する活動は毎日の通勤路の変更。日常と違う景色や体験から、なにか1つ気づきを得て、それを写真に収めて提出。アウトプットだけでなく、外からのインプットを多くもらうことを応援する活動だそうです。
 (3832)

國學院大學の学生の森君は、その名も「オカシなmeeting」なるものを考案。このミーティングのアイスブレイクは上司の一発芸。楽しい空間を意識したほうがいいアイデアがでるのでは?とのことでした。

■グループが発表したのは「賃上げ交渉パーティー」

各自発表が終わったら、チームの中で最も魅力的だと思ったアイデアを1つ選びます。グローバル推進室が選んだのは、手嶋さんが提案した「賃上げ交渉パーティー」。
 (3836)

――手嶋さん「この場では、部下が上司に踊りながら直接年俸交渉ができます。『目標●●%達成したから●●万あげてください〜』というセリフも、踊りながらであれば言いやすく、楽しくかつ真剣に伝わるのが特徴です。また、部下のみが主張するのではなく、上司もその場で踊りながら部下へフィードバックすることができます。『君はここがまだ伸び悩んでるからまだ上げられない!来期一緒に頑張ろう!』踊りながら思いを伝えることで、真意と熱意が伝わる場になるといいなと考えました(笑)」

■会場からでたその他のアイデア

会場では、その他のチームからもユニークなアイデアがたくさん生まれました。
上司が営業担当役、部下が社長役といった普段とは異なる立場を演じる、題して「君の名は」活動や、同じ農場で複数の企業がそれぞれ異なる野菜を育て、収穫時期に野菜を持ち寄り大BBQ大会を行う活動などが提案されました。

会場から出たアイデアは、株式会社ロフトワークの永井結子さんが、グラフィック・レコーダーという方法でまとめてくれていました!
 (3839)

実は多様な意見を取り入れるために日常的にブレストワークが多いグローバル推進室。今回のイベントでいつもと少し違う環境、やり方でアイデアを出してみて、より個が生きることを感じつつも、それを集約して1つのアイデアにまとめあげる組織力が問われるいい経験になったそうです。

みなさま、お疲れ様でした!
 (3841)

38 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(前編)

オールアバウトの創業者である江幡さんは、昨今「スキルワーカー」という概念を提唱しています。江幡さんがオールアバウトの経営を通じて実現したい、理想的な社会や個人のあり方とは、いったいど...

専門家 365日毎日違うホテルにチェックイン!? ホテル評論家はどういう仕事なのかを本人に聞いた

All Aboutの専門家に色々聞いてみる本コーナー、今回は新レポーターの砂流さんが担当する『ガイドのお仕事』!取材したのはマツコの知らない世界にも出演する、All About「ホテ...

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

人気記事ランキング

ヒト <リーダーズvol.14> 多様な価値観が溢れる時代にAll Aboutが目指す"One to One"の提案

『あなたの明日が動きだす』をスローガンに、信頼ある情報を提供し続ける総合情報サイト「All About」。今後、さらなるユーザーとのエンゲージメント強化に向けた新たな取り組みについて...

ヒト <7月の新メンバー>データサイエンスの知見をより深め、ユーザーやクライアント、事業にフォーカスした活用を推進したい(エンジニアリンググループ・秋月)

今月入社した中途社員を紹介します。

ヒト <リーダーズvol.13> 目指すべきは持続可能なエコシステムの構築

オールアバウトでは、2017年にアドベリフィケーションツールを導入し、優良メディアのみに絞ったアドネットワーク「All Aboutプライムアド」をローンチしました。次いで2018年5...