ヒト

<リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは、“スキルワーカー”とともに、どこへ向かうのか。後編では、江幡さんのビジョンをさらに深く語ってもらいました。


江幡 哲也(えばた てつや)
株式会社オールアバウト 代表取締役社長

武蔵工業大学(現 東京都市大学)電気電子工学科卒業。1987年株式会社リクルート入社。エンジニアとしてキャリアをスタートし、その後数多くの事業を立ち上げる。 2000年6月に株式会社リクルート・アバウトドットコム・ジャパン(現オールアバウト)を設立。2005年9月にJASDAQ上場を遂げる。 2006年、講談社から「アスピレーション経営の時代」を発刊。専門家ネットワークを基盤に世の中の「情報流・商流・製造流」の不条理・不合理に対してイノベーションを起こし、“個人を豊かに、社会を元気に”することを目指す。

■「All About」が信頼性にこだわり続ける理由とは

—前編で、スキルワーカーの台頭がもたらすメリットとして、“個人の自立”がキーワードとして挙げられました。個人が自立することで、社会はどのように変化するのでしょうか。


多くの人が疲弊した社会システムに乗っかった危険な状況から脱せられる、これがとても重要かつ必要な変化ですね。成熟し複雑な日本の未来を生きる私たち生活者のニーズは「不安なく、賢く、そして自分らしく」の3点だと思っています。その実現のためには“個人の自立”は欠かせません。まずは自立の基盤づくりによる不安の解消です。「お金に困らない、健康に困らない、そしてキャリアに困らない」これがあって初めて「不安なく、賢く、そして自分らしく」人生を楽しむことや、それに向けてのチャレンジができます。
これまでの社会システムではこの3つは国や企業が支えてくれていました。とても大切なことなのに学校では、お金や健康そしてキャリアについての授業はありません。しかし、超少子高齢化した社会ではそれらを支える従来の仕組みはもう機能しないでしょう。国や企業に頼らず自分で何とかしなくてはなりません。それには、今後の社会変化を見据えた、信頼できる知や情報が必要です。

ですので、私はまず知を産み出し、たくさんの人に提供するしくみとして総合情報サイト「All About」を創りました。「All About」では、スキルワーカーの先駆者であるガイドさんを現在約900人まで増やしてきました。2001年2月15日にスタートしたときは161人でしたから、だいぶ増えましたね。

—“知の交流”によって個人の自立を促すメディアだからこそ、信頼性にこだわっているのですね。


そうです。信頼性の追究は、メディアが始まった当初から一貫して変わりません。メディアの規模を拡大して普遍的に影響力を生み出していくためには、信頼性が欠かせないのは、当然のことですから。

「All About」が始まった当時はまだインターネットの黎明期でしたが、そこからインターネット社会になって、誰もが発信できるようになり、メディアが多様化していくなかで、玉石混交の情報が溢れ出した情報洪水が起こることは、容易に予見できました。

メディアにおいて信頼性は重要かつ絶対的なものだし、これからもより高まっていくと思います。僕らとしては、今まで通り、愚直に続けていくだけなんですけどね。

—信頼性のほかに、今後の「All About」が大事にしていきたいものは、何ですか?


ひとつめは「インターネットの世界に最適化し続けること」です。言うまでもなく、インターネットの世界は、テクノロジーと密接な関係があります。生活者の情報取得行動をとっても、検索エンジンで調べる、ソーシャルメディア内で出会う、もしくは検索すらせずにハッシュタグを通じて情報へアクセスするようになってきている。

そうした情報に接触する態度やツール・デバイスは日々変化し続けるので、こうした環境に準拠して適応していかないと、いくら良いコンテンツを作っても、生活者のところへ届けられません。もっと言えば、生活者にとってインターネットの世界がひとつのメディアなので、それを踏まえた上で適切にコンテンツが使われるようなデリバリー構造に進化していかないといけない。つまり“ONE Internet”なんです。昨今「分散型メディアの時代」と言われるのもその流れのひとつです。
もうひとつは「アクションの促進」。情報に接触した後、その人の何かしらのアクションをサポートする。ECでの購買や申し込みといったデジタル上のアクションはもちろん、リアルの場でも人を動かす、オールアバウトの影響力を出していきたいと考えています。

■オールアバウトがグループとして打ち出す次の一手

—オールアバウトは、グループ戦略としてメディア以外の事業にも進出していると思いますが、具体的にどのように展開されているのでしょうか。


話題の商品を定価の半額から3分の1の価格でお得に試せる「サンプル百貨店」というサンプリングサイトも子会社のオールアバウトライフマーケティングが運営しており、売上がすごく伸びています。コンビニやスーパーで売っているような飲み物・お菓子・食べ物から始まって、今はお酒・薬・ファッションなど、さまざまなジャンルにまで広がっていて、さらに今後はサービスECの領域、具体的には宿やレストランの予約やコンサートチケットなどにまで広げていくこともできます。

伸びている要因のひとつとして会員の方がお試しした結果をクチコミとして拡散してくれるということがあります。そこで影響力の強いプロシューマーと呼ばれる人が生まれていて、企業に対する影響力を出し始めているんです。プロシューマーの方のクチコミやフィードバックが商品の改善につながったり、他の人のお試し買いを後押ししたり。この方たちも一種のスキルワーカーです。

サンプル百貨店では年に4回、「RSP(リアルサンプリングプロモーション)」という体験型イベントを行っています。招待した会員1,000人に対して、企業の商品開発の担当者が直接自社商品のプレゼンテーションをしたり、実際に商品を試食してもらったりします。会場では、プロシューマーが市民記者と化し、記者会見さながらにスマホで会場の様子を撮影。メーカー担当者の話と共に、商品を使ってみた(食べてみた)感想を即座にブログやSNSで紹介し、その投稿はネット上で拡散されていきます。このイベント会場の後方では、小売店のバイヤーの皆さんも、その様子をご覧になっていて、生活者の反応を見るトライアルマーケティングの機会にもなっています。

このように企業が消費者と直接的に対峙する場を作るということは、企業にとって新しいマーケティング手法になりますし、生活者にとっては商品を知って試せることで“失敗しないで買う”きっかけになると考えています。

—インターネット上のメディアだけでなく、リアルにも進出されているのですね。


はい。リアルに進出している事業として、もうひとつ、生涯学習を領域としたオールアバウトライフワークスが手がける「楽習フォーラム」というサービスがあります。成熟した超高齢社会の日本で、人にものを教えるとか、人からものを学ぶことは一生続く重要なことだと思っています。このサービスは、生涯学習を支援するために、主に子育てが終わった主婦のみなさんに、好きなカリキュラムで技能を習得してもらったあと、自宅の空き部屋などを利用して教室を開いていただき、近所から生徒を集めて一緒にコミュニティを作ってもらうというものです。カリキュラムは現在50分野ほどあり、中でも主力はジュエリー作りやお花などのハンドメイド。“好きを仕事にする”というのがビジョンワードです。私たちが育成・輩出した先生が、現在、全国で15,000人ほど活動しています。

主婦の方が社会に戻る構造として、自分で先生になることで月々数万~数十万を継続的に稼げるようになると、自立できますよね。そうした動きがマイクロで、全国に網目状に増えていくと、大げさに言えば今の日本政府が提唱している「地方の活性化・女性の活躍・モノづくり」、これらをすべて草の根で実現していけるプラットフォームとなっています。
このようなやり方で社会課題を解決して、日本を豊かにしていく。また、世界の国々も日本のように成熟化していくのは時間の問題なので、いずれ世界でも同じ問題が起きていく。そのときにトップバッターとして課題解決するしくみを持っていれば、将来的にはグローバルでも事業展開できますよね。こんな夢を持って、スキルワーカーの創出を軸に、今の事業を展開しています。

—江幡さんがオールアバウト創業当時に思い描かれたビジョン通りに進んでいるように見えますが、まだできていないことはあるのでしょうか。


たくさんありますよ。メディアの「All About」でいうと、月間ユーザーが3,000万人以上いるので、「不安なく・賢く・自分らしく」生きることを支援する“知の交流”はある程度できていると思います。昨今インターネット業界で「ネットメディアは情報の信頼性がない」と言われる中で「All About」のようなメディアが再注目されてると思っていますし、2000年代から先進的な構造で信頼感を損なわないでやってきたという点において、情報レベルでは大きな影響力を持っていると思います。が、実際にコンテンツを読んだ後に行動に結びついているかというと、まだまだ不十分だと思っています。

3年前に変えたサイトスローガン「あなたの明日が動きだす」にもある通り、行動を促すフェーズへと移行しているところです。もっともっと、そこはやっていかないといけません。

一方で、メディア以外の領域には着手して日が浅いですし、掲げている目標が高邁すぎるので、まだまだ2合目くらいじゃないですか。僕が死ぬまでに、終わらないかもしれませんね。でも、約300人のグループ社員、約900人のガイドをはじめとした1万人を越えるスキルワーカーの皆さん、3,000万人以上のユーザーなど、多くの人がこのビジョンに共感して、うねりを起こしてくれれば、社会システムを変えることも決して夢じゃないと思っているんです。
(取材・文 野本 纏花)
30 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ vol.1> 新編集長、大塚が見る「All About」の今と未来 

こんにちは、広報グループの大貫です。 弊社が運営する総合情報サイト「All About」ですが、2017年1月に新しい編集長が就任しました! そこで、ジェネラルマネジャーや、執行役...

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは...

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

人気記事ランキング

コト 【メディア・広告関係者必見】意外と知らない”薬機法”のイロハと広告表現 ※判別チャート付き※

薬事法の大改正によって、2014年11月25日に施行された「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」。略称は「医薬品医療機器等法」ですが、「薬機法」とも呼ばれ...

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...

コト オールアバウトの「オーダースーツ支給制度」を徹底レポート!

オールアバウトではこの春入社した新卒社員に対して「オーダースーツ」を支給するという新制度を作りました。制度導入後、記念すべき第一号の社員達に密着し、自分にぴったりのスーツが完成するま...