ヒト

<リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは、現在20の提携メディアとともに、新たなメディアの形を模索し続けています。紙出身の編集者である荒井さんならではの着眼点で、Webメディアの未来をどう築いていけるのでしょうか。話を聞きました。


荒井 洋平(あらい ようへい)
株式会社オールアバウトナビ 「citrus」編集長

1971年生まれ。出版社を経て、2006年オールアバウト入社。ウェブマガジン『For M』『For F』『News Dig』の編集長を歴任。2016年よりオールアバウトナビ『citrus』『Facebook navi』編集長に就任。

■紙出身の荒井さんが仕掛けた新たなメディア「citrus」

—まずは荒井さんのこれまでのキャリアと現在のお仕事について教えてください。

僕の編集人生は、車雑誌から始まったので、オールアバウトに入ってからも最初は総合情報サイト「All About」のプロデューサーとして車や旅行を担当していました。その後は「For M」などWebマガジンの担当マネージャーをしたり、ニュースメディアを新規に立ち上げたりした後、オールアバウトが保有するコンテンツを他のメディアに提供するアライアンス部門の責任者をやっていました。そして現在、グループ会社のオールアバウトナビに出向して分散型メディアプラットフォームと我々が呼んでいる新メディア「citrus」の編集長をしています。

—「citrus」を立ち上げた背景について教えてください。

「All About」の最大の流入元は検索エンジンなのですが、それ以外の流入を増やすために、トラフィックバーター(提携メディアに自社の記事を提供するのと引き換えに、記事内に自社メディアへのリンクを掲載し、提携先からPVを獲得する)のしくみで記事を提供したり、ソーシャルメディアへの投稿を積極的に行ったりしていました。しかし、そのやり方では、提携先のサイトデザインや運営方針の変更などによって、流入数が乱高下してしまうという課題がありました。5年後、10年後を見据え、オールアバウトグループとして、インターネット全体を“ひとつのメディア”と捉える中で、今後どうやって成長していくべきか考えていました。
ちょうどその頃、オールアバウトナビでも、新しいメディアビジネスの展開を検討していたところでした。2011年にオープンしたオールアバウトナビが運営する世界唯一のFacebook公認ナビゲーションサイト「Facebook navi」には、450万人ものFacebookファンを抱えているという大きなアドバンテージがあります。そこで、この資産を最大限に活用しビジネス拡大を図ることを考え、「Facebook navi」という器をベースに、良質なコンテンツを持つ様々なメディアと手を組みました。それによって生まれたのが、それぞれが独自に作るオリジナルコンテンツに加えて、記事広告までも自社サイトへリンクバックをせず、相互に流通させる新たなメディア「citrus」です。

—グループ会社をまたがっての想いが合致して生まれたのが「citrus」だったのですね。

そうですね。「citrus」の立ち上げには、「オールアバウトグループのビジネス上の課題を解決する」という目的と、僕らの「編集者として、パブリッシャーの価値、オリジナルの記事の価値を維持したい」という想いも大きく影響しています。

僕は編集者として20年くらいメディアビジネスに携わっていますが、昔はオリジナルの記事を作ることにこそ価値があるというか、メディアがオリジナル記事を作るのが当たり前でした。そこからキュレーションメディアやバイラルメディアのような、オリジナルコンテンツを加工して流す人たちが出てきたことにより、相対的にオリジナルの記事を作っているパブリッシャーの地位が下がってきていると思っていて、それを危惧していました。
各メディアが独自に作る良質なコンテンツはもっと見られるべきだと思う。だからこそ、パブリッシャー同士で手を取り合い、ドメインにこだわらず編集・広告どちらのコンテンツも自社サイトへのバックリンクを設けずに見せていくという、分散型の時代の波に乗っていきたい。そのため「citrus」ではトラフィックバーターの形はとらず、「450万人のアセットをフル活用してもらう代わりに、互いにビジネスメリットを享受できる仕組みを作っていきましょう」と提携メディアを口説いていきました。

■「citrus」が目指すコンテンツの流通の新たな形

—「citrus」は現在何メディアと提携しているのですか?

「citrus」はWebサイトでもあり、プラットフォームの名称でもあるんですが、「citrusアライアンス」と呼んでいる提携メディアが、当初の8メディアから徐々に広がって、現在20まで広がっています。そのうちの多くが「citrusと組んでみたらメリットがあったから、うちの他のメディアでもやってみたら?」といった感じで、同じ版元の中で横展開する形で増えていきました。
他のパブリッシャーのみなさんが最もメリットに感じてくださっているのは、やはり「Facebook navi」が抱える450万人のFacebookユーザーへコンテンツを届けられる点ですね。「citrus」で掲載した記事を「Facebook navi」のFacebookページへポストするのはもちろんですが、他にも提携メディアの記事下には、彼らのFacebookページへの「いいね!」を促すプラグインを仕込んでいるので、“「citrus」に掲載された提携メディアの記事を読んで、面白かったらそのまま「いいね!」を押す”という流れを生み出せているようです。

—確かに、とっても自然ですよね。

もうひとつの肝は、広告記事も互いに出稿し合っているところです。しかも、ただhtmlファイルを渡して載せてもらうのではなく、それぞれのメディアのデザインに合わせるために写真とテキストをもらってCMSに流し込むんですよ。もちろんクレジットは提携メディアの名前を入れますので、例えば「citrus」の中に「GetNavi web」のコーナーができるイメージです。

—提携先の選定基準はありますか?

先にあげているとおり、独自のコンテンツを作っている良質なメディアであるというのが基準の一つ。あとは「citrus」のメインターゲットが「Facebook navi」のファンの属性である“都市部の可処分所得の高いアラフォー”としているので、おのずと提携メディアもそこに近しい属性になっています。とはいえ、今後は若い人へのリーチも強化していきたいので、提携メディアも若い人をターゲットとしているところを増やしたり、FacebookだけでなくTwitterやInstagramでも訴求しながら「citrus」のプラットフォームを強化していきたいですね。

—Facebookへ投稿する際に、気をつけているポイントはありますか?

「Facebook navi」のアカウントに投稿して跳ねそうなものだけをピックアップしています。citrusアライアンスでは、互いの編集記事を載せるかどうかの判断は各メディアに委ねられているので、なんでもかんでも相互に流しているわけではありません。

あとは、投稿する際の文面は編集部内で作成しているので、OGP(FacebookなどのSNSでシェアされた際に、そのページのタイトル・URL・アイキャッチ画像を表示させる仕組み)のイメージがそぐわないものは別の写真に差し替えたり、投稿用にタイトルを変更することもあります。1日に10本ほど投稿しているので、“いかに効率よく、最適な情報を投げていくか”ということには、かなりこだわっています。

■「citrus」が動画に力を入れる理由とは?

—今「citrus」では動画に力を入れていると聞いていますが、現状どのくらい見られているのですか?

基本的に動画はすべてFacebookで投稿していて、再生回数は平均15万、ものによっては100万回近く再生されるものもあります。視聴完了率95%以上が3万回くらいあるので、比較的見てもらえているのではないでしょうか。

—なぜ動画に力を入れるのでしょう?

今後タイアップ動画市場がもっと広がっていくと考えているからです。すべて内製して、今のうちにノウハウを貯めて勝ちパターンを見つけておきたいという狙いがあります。

—「citrus」で製作している動画とは、どんなものですか?

記事の内容をスライドショーにしているイメージです。「citrus」は9割がスマートフォンからのアクセスが占めているのですが、スマートフォンで見ると、どうしても多くの文字を読み込むのが難しくなってしまいます。

そこで、テキストで伝えていた情報を、要点だけギュッとまとめた“コラム動画”というスタイルにして見せていくことにチャレンジしているところです。外出先で見ることを前提としているので、テロップを入れ、音声がなくても視覚的に理解できるようにしています。

—今年の3月にオールアバウトが日本テレビと資本業務提携したのに続き、5月にはグループ会社のオールアバウトナビも資本業務提携を発表しました。どのような取り組みをしていくのでしょうか??

そうですね。日本テレビの放送素材のうち、ソーシャルメディアで反応が良さそうなコンテンツと連携し、さらにソーシャルメディアに最適化した形で編集するという作業を始めています。具体的には、番組の1コーナーをコラム動画に再編する形です。

やはりテレビ局の作るコンテンツって、圧倒的にクオリティが高い。そうした質の高いしっかりとしたコンテンツをWebでも露出させていくことで、僕らのプレゼンスをあげてファンを増やしたい。僕らのWebでの知見と、テレビの良質な素材をうまく掛け合わせることで、「citrus」にしか作れないコンテンツを提供していきたいですね。
(取材・文 野本 纏花)
38 件

おすすめの記事

専門家 お洒落かっ!デートコースとしても使える男同士の恵比寿「はしご酒」プランを、山田ゴメスに聞いてみた

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 第3弾は、All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスさんに、...

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは...

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

人気記事ランキング

コト 【メディア・広告関係者必見】意外と知らない”薬機法”のイロハと広告表現 ※判別チャート付き※

薬事法の大改正によって、2014年11月25日に施行された「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」。略称は「医薬品医療機器等法」ですが、「薬機法」とも呼ばれ...

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...

コト オールアバウトの「オーダースーツ支給制度」を徹底レポート!

オールアバウトではこの春入社した新卒社員に対して「オーダースーツ」を支給するという新制度を作りました。制度導入後、記念すべき第一号の社員達に密着し、自分にぴったりのスーツが完成するま...