コト

新人が"仮想同期"と切磋琢磨! 次世代リーダーを育成する「シェア研修」って?

2012年よりオールアバウトが導入しているIT企業複数社合同で新人研修を行うシェア研修。今年も3社30名の新卒社員たちが参加。研修の様子をお伝えするとともに、オールアバウト人事担当者に聞いた、シェア研修に込めた人材育成への熱い想いをお伝えします。


こんにちは、広報の安田です!
5月も半ばを迎え、新入社員たちは新人研修を終えて配属先での実務に就いているという会社も多いのではないでしょうか。新入社員の育成は企業の人事部門にとって重要なミッションですが、多忙な人事部や配属先の部署にとっては、それにかけるリソースが不足することが多く、特にテクノロジーの進化が激しいIT業界では、市況のあらゆる変化に適応しながら活躍し続ける人材をどのように育成するのかということも大きな課題となります。

そのような中、今回はオールアバウトが導入している、次世代リーダーの育成を目的とした新しい新人研修のあり方を提案する「シェア研修」についてお伝えします。

■人事担当者に聞く! シェア研修のはじまりとその特徴について

まず、シェア研修が始まった背景、その目的と成果について、経営管理部 人事グループ マネジャー 岡部さんにお話を伺いました。

――シェア研修はそもそもどのような経緯で始まったのですか?

シェア研修はもともとオールアバウトとIT総合情報ポータルを運営するアイティメディア株式会社の人事担当者の交流がきっかけとなり、2012年から始まった試みです。当時は新入社員も数人規模だったため、研修にかけるリソースを効率化しようという狙いだけではなく、変化の激しいIT業界のなかで、自社の枠にとらわれることなく広い視点をもち、次世代のリーダー候補を育成しようという強い想いや理念が背景にありました。

――シェア研修によるメリットはどのようなものなのでしょうか?


通常の新人研修ですと、大企業では内製化しているところもありますが、我々のような規模の会社では外部機関での集合研修などが一般的。また、外部の集合研修でも他社の人と一緒に研修を受けますが、一時的な関わりに留まることがほとんどです。

一方、シェア研修では、約1か月間に渡り他社と合同で研修を行うため、他社にも同期と呼べる存在ができます。そのことを仮想同期と呼んでいますが、カラーが異なる他社の新卒と出会うことで、世の中には様々な考え方があることを知り「井の中の蛙」にならない人材の育成につながると考えています。
また、仮想同期の存在は、社外からの刺激となって、モチベーションを高めることにも寄与しています。例えば、仮想同期の誰かが社内でMVPを受賞した時に、会社関係なくお祝いのメッセージを送り合うということはよくあります。そして、そのことが各社の新人たちのモチベーションを高め、「自分たちも負けてはいられない」と刺激を受けたという話を他社の人事担当者から聞きました。このような刺激し合える社外の横の繋がりを若いうちにもてるということは、彼らの未来にとってとても重要なことだと考えています。
一方、人事側にもシェア研修によるメリットを多く感じます。ベンチャー企業の場合、研修は1人が担当するケースが多いですが、シェア研修は複数社で運営をするため、自社のみの研修よりも幅広い内容をカバーすることが可能となり、さまざまな研修のやり方を学ぶことができます。また、新任の人事担当者がマナー研修の講師を行うなど、人事担当者を鍛える場としても有効です。

■研修設計にも妙あり! 参加メンバーに応じた手作りの研修プログラムとチーム分け

――シェア研修のプログラムの特徴について教えてください

シェア研修のプログラムは、ビジネスマナーやソーシャルメディアポリシー、ミッションステートメント研修など社会人として必要となる基礎的な内容から、プログラミングなどIT業界で働くにあたり必要な知識や経験を得るための研修がベースとなります。大きな特徴は、研修の講師を参加企業の社員や役員が担当するということです。参加企業の事業内容などに即した研修内容となるため、新卒社員にとっては配属後すぐに役に立つより実践的な内容となっているはずです。また、2018年度は新たな取組みとして、外部の企業と合同で、仕事の生産性を高めるにはどうしたら良いのかを学ぶ「マインドフルネスセミナー」を実施しました。
ビジネスマナー研修の様子

ビジネスマナー研修の様子

社会人としての心得やビジネスマナーを座学での知識のインプットから実践までを学びます
ミッションステートメント研修の様子

ミッションステートメント研修の様子

何事にも「目的を持って行動する」ために、自分の理想や価値観を元にミッションステートメント(自分の憲法、行動指針)を設定。それぞれが発表しフィードバックをもらいながらブラッシュアップしていきます

■シェア研修の総仕上げ 白熱の会社対抗プレゼンバトル!

人事担当者のシェア研修に込めた熱い想いを伺ったところで、約1か月続いたシェア研修の総仕上げである会社対抗のプレゼンバトルが開催されるため、取材に駆け付けました。
 (4323)

会場はガイアックスのシェア型オフィス「Nagatacho GRID」

プレゼンバトルその1:他社紹介

プレゼンバトルの1日目は、自分が所属する企業ではなく、シェア研修に参加する株式会社ガイアックス(以下、ガイアックス)と株式会社モバイルファクトリー(以下、モバイルファクトリー)について紹介する他社紹介。プレゼンを行う先は、ガイアックスとモバイルファクトリーの人事担当者! 自分よりも詳細を知っている他社の人事担当者に対し、企業理念や事業内容とその特徴、ときには創業者のバックグランドなどを紹介します。
紹介する企業の情報は自分で調べるだけでなく、その企業の新入社員からヒアリングするのも特徴。プレゼンする側のヒアリング能力や情報を引き出す力も問われますが、ヒアリングされる側も自社の魅力をいかに伝えられるかが問われます。
時にはジェスチャーを交え、自分の言葉でプレゼンします

時にはジェスチャーを交え、自分の言葉でプレゼンします

人を惹きつけるプレゼンに自然と人だかりが……

人を惹きつけるプレゼンに自然と人だかりが……

プレゼンが終わると、人事担当者からのフィードバックがあり、それをもとにプレゼンの修正を行います。これを2社分繰り返すことにより、限られた時間のなかで収集した情報から重要なポイントを整理し、伝わるプレゼンを組み立てる力がアップしていく様子が見て取れました。

プレゼンバトルその2:会社対抗“ガチ自社紹介”

翌日はシェア研修の総仕上げとなる、会社対抗のガチ自社紹介。まず、会社ごとにチームをつくり予選を行います。いままでの研修で学んだあらゆるスキルとここまで切磋琢磨し共に成長した仲間同士のチームワークを活かし、資料づくりやプレゼンの組み立てを行います。
 (4339)

1スライド1メッセージのわかりやすいプレゼン。4人交代でプレゼンを行う作戦のチームでは、それぞれ話し手の個性が光ります
 (4342)

ビジネスモデルだけでなくオールアバウトグループの社員像に共通する「利他主義」にフォーカスするチームも
そして、予選を経て選ばれた代表チームは決勝戦に進みます。残念ながら選ばれなかったチームが本選前のわずかな時間に「みんなでプレゼン内容をもっと良くしよう!」と声をかけて集まる姿に、目的を見失わず最後まで一丸となってやり遂げる姿勢が感じれる場面も。
 (4344)

代表チームのプレゼン内容をみんなでブラッシュアップします

■ついにはじまる プレゼンバトル決勝戦!

決勝戦では、外部から特別審査員を招き、各社の代表者プレゼンをプロの視点で評価します。今回の外部審査員は、イベント書き起こしメディアを運営するログミー株式会社代表取締役 川原崎様と、企業・団体の想いを届けるストーリーテリングサービスを手掛ける株式会社PR Table取締役/共同経営者 菅原様です。起業家としてメディアやPRビジネスの第一線で活躍されるお二方を目の前に、発表者も少々緊張気味。
 (4348)

外部審査員のログミー株式会社 代表取締役 川原崎様(写真左)と株式会社PR Table 取締役/共同経営者 菅原様(写真右)

■白熱した各社代表によるプレゼン 果たして決勝戦の結果は……?

トップバッターはモバイルファクトリー。将来への取り組みとして、位置情報ゲームを自治体の地方創生プロジェクトに活用する展望など、画像を多く盛り込んだ見やすいスライドで紹介しました。
 (4351)

モバイルファクトリー代表チーム
そして、オールアバウトチームの出番です。自社の紹介だけではなく、オールアバウトを取り巻く市場環境や今注力するべきことなどをプレゼンし、審査員からの質問に対しても自分たちの言葉で丁寧に、そして熱意をもって答えていました。
 (4353)

オールアバウト代表チーム
 (4354)

たくさんの人を前に、堂々としたプレゼンを繰り広げます
 (4356)

質疑応答タイム 正面から質問を受け止め、自分たちの考えを伝えます
最後は、ガイアックス。それぞれがCEO、COOになりきり、同社がもつ3つの魅力を個性あふれる話し手が交代でプレゼンします。
 (4358)

ガイアックス代表チーム

■優勝はモバイルファクトリー代表チーム

特別審査員による審査の結果、わかりやすい伝え方、全体から細部に落とし込んだ理解しやすいプレゼン構成が評価され、優勝はモバイルファクトリーとなりました。優勝が発表された瞬間、会場では拍手が沸き起こる中、オールアバウトの新卒社員はみな、負けたのが悔しくて泣きそうだったとのこと。それだけチーム一丸となり本気で勝負に挑んでいたオールアバウトチームでした。
特別審査員による総評では、プレゼンの冒頭でコミュニケーションの目的を伝えておくことによって、聞き手が安心して聞くことができるようにすることや、ミッションやビジョンなど抽象的なものを説明するときは、具体的なエピソードを織り交ぜることで説得力が高められるなど、とても有益なアドバイスをいただきました。
シェア研修に参加し、仮想同期のなかで自分の意見と他者の意見をぶつけ合い、得たものを取り入れながら壁を越えていく経験を数多く積んだ彼らは、有機的なつながりをもつ仮想同期とともに、各社の未来、そして、日本の未来を背負っていくのだという確信を持ちました。

各社の人事の皆様、そして新卒社員の皆様、本当にお疲れ様でした!

 (4364)

最後はみんなで記念写真 みんなとてもいい笑顔です
49 件

おすすめの記事

専門家 年間100本の取材も受ける!「葬送・終活ソーシャルワーカー」がどういう仕事なのかを本人に聞いた

All Aboutの専門家のお仕事について聞くコーナー、今回は葬送・終活ソーシャルワーカーの肩書を持つ、「葬儀・葬式・お墓」ガイドの吉川 美津子さんのお仕事を聞いてきました。

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

人気記事ランキング

コト 新人が"仮想同期"と切磋琢磨! 次世代リーダーを育成する「シェア研修」って?

2012年よりオールアバウトが導入しているIT企業複数社合同で新人研修を行うシェア研修。今年も3社30名の新卒社員たちが参加。研修の様子をお伝えするとともに、オールアバウト人事担当者...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

コト 【ゴチエビス vol.8】栄養が偏る一人暮らしに嬉しい、家庭的な“ぼっちランチ”

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第8回はオールアバウトの営業活動を担う、アカウントプランニング部 新卒3年目の“とめちゃん...