ヒト

重要なのはポリシーと決定力。レガシー化した社内CMS移行プロジェクトの舞台裏

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みを深堀していく「Players」。今回はガイドメディアツールのリニューアルプロジェクトを牽引した株式会社オールアバウト メディアビジネス本部 メディア開発部 1グループマネージャーの田中賢志さんにお話を伺いました。プロジェクトの功績が讃えられ、「2018年上期みんなが選ぶMVP」を受賞された田中さんの人物像に迫ります。

田中賢志
メディアビジネス本部メディア開発部
WindowsのソフトウェアやAndroidアプリ、Webシステムの開発経験を経て、2017年にオールアバウトに入社。現在はメディア開発部1グループのマネージャーとして活躍。趣味はクラフトビールを飲むこと。仕事中の落ち着いた頼もしい雰囲気とは打って変わり、お酒の席では少年のような陽気さをみせる。飲んでいる時は仕事の話をしないらしい。

■納得感を持ってサービスを良くするための開発がしたい

——田中さんの今までのキャリアとオールアバウトの入社理由を教えてください。

これまでエンジニアとして、主にWindowsのソフトウェアやAndroidアプリの開発、Webシステムの開発に携わってきました。前職までは受託開発が中心で、多種多様なサービスの開発経験が積めたのは良かったのですが、納品したシステムが、その後どんな評価を受けているのかが見えなかったり、受注した範囲でしか仕事ができなかったりするのが嫌だったんですよね。受発注の関係だと、「この機能って本当にいるのかな」と思うものでも、やるしかない。自分の中で、「サービスを良くするにはどうすればいいか」という発想で、納得感のある仕事がしたいという思いが強くなり、自社サービスを運営している企業への転職を決めました。

オールアバウトを選んだのは、長年続いているメディアということで、ユーザーさんから愛されているサービスなのだろうと思ったからです。そんな多くの人から愛されているサービスを良くするために、自分がエンジニアとして何か貢献したいと思って、1年半前に入社しています。

■GMCツール移行プロジェクトの舞台裏

——入社して早々取り組まれた社内CMSの移行プロジェクトが複雑かつ膨大な作業を要するものだったと聞きました。

このプロジェクトは僕が入社する前から始動していたものなのですが、総合情報サイト「All About」に記事を書く約900人の専門家、All Aboutガイドの皆さんが記事を入稿するCMS「ガイドメディアツール」をリニューアルするというものです。

入稿ツールといっても、この「ガイドメディアツール」は機能がモリモリで。ガイドに応募された方の審査情報から、発注、納品、検収まで、ガイド記事に関わる全てを管理していて、扱うデータがものすごく膨大だったんですね。しかも老舗メディアだけに、7年くらい運用されている、もはやレガシー化したツールのひとつでした。

そんな中、使用するサーバーの保守期限の関係で、「ガイドメディアツール」を入れているSQL Serverから脱却する必要があり、この機会にデータ整理を行ってCMS自体をリビルドし、MySQLへ移行することになりました。問題は、そのSQL Serverを参照しているアプリが他にもたくさんあって、「ガイドメディアツール」と連携しているということ。新しいCMSから登録・編集するデータはSQL Serverにも登録する必要があり、データを同期するためのバッチファイルを作る必要がありました。CMSの開発自体は半年ぐらいで終わっていたのですが、この仕組みづくりが大変で。僕がプロジェクトマネージャーになったのはこの頃なのですが、新旧のデータの整合性のチェックなど、地道な作業だったことは間違いないですね。

——かなり長期にわたったプロジェクトだったそうですが、その理由は?

もともとSQL Serverからの脱却を最優先事項として始まったプロジェクトだったので、CMS自体のUI/UXは後回しになっていたんですね。しかし、途中でSQL Serverをクラウドに移行できることになり、サーバーの保守期限が伸びたんです。そこで、ツールを使う編集部から改善要望も出ていたので、優先順位を変えてUI/UXの改善を行うことになり、リリース期限が延長されました。

改善要望としては、画面遷移数やボタンの位置といった細かい部分ではあるのですが、長年使い慣れたツールからの変更ということもあり、使い勝手を維持するために、UX/UIはとても重要で。プロジェクトの長期化は歓迎されることではありませんが、開発主導で作っていたCMSが、実際にツールを使う人の意見を反映したものとなったので、結果的には良かったと思います。

■重要なのはポリシーと決定力。ぶれずにやりきることが何より大事。

——プロジェクトを進行する上で気を付けていたことはありますか?

自分がマネージャーの立場になったときに一番意識したのは、“まずリリースする”ということですね。開発手法にはウォーターフォール型開発とアジャイル型開発と2種類あり、ウォーターフォールはその名通り、要件を決めて、設計して、実装して、テストして、リリースする、上から下にしか行かない開発方法で、主に受託開発で採用されます。アジャイルは、要望を入れて開発して要望を入れて開発してというのを回していくもので、今回はアジャイルを採用したので、要望が膨らみがちになっていたのが課題でした。すでに何度かリリースの延期が続いてメンバーが疲弊していたこともあり、改善は最低限必要なものに留めさせてもらい、リリース後に調整しようと決めました。

——リリースが延期になることで、作業時間が増えて余裕ができたわけではなかったんですね。

単純に期限が伸びるだけなら楽になるかもしれませんが、作業量も多かったですし、ここまでがんばろうと無理をしてやってきたものが伸びるのは、精神的にはよくないですよね(笑)。ハーフマラソンだと聞いていたのに、ゴール直前で「フルマラソンに変わったから、まだまだがんばって」と言われたら、がっくりきちゃうじゃないですか。やっぱりゴールを決めたらやりきるというのは重要だと思います。

あとは、なんでもそうですが、開発においては特に、何が最低要件なのか、依頼する側と開発で認識をすり合わせた上でポリシーを作るのが大事で。自社サービスでやっている以上、開発側も依頼する側も“こういうのを作りたい”という共通のゴールを持っておかなければいけなかった。そうした共通認識ができていなかったことが、プロジェクトが長期化した要因ではないか、と思っています。

ポリシーがあると意思決定を早めることができるんですよね。自分が進行を任された後は、できるだけ“すぐに”と“ブレずに”というのを意識して、決断力をもつことを意識していました。あとはプロジェクトのメンバーの健康状態も気をつけて見るようにしていました。

——エンジニアの健康状態を管理するために、具体的に行ったことは何ですか?

メンバーの体調はもちろん重要ですが、ここでいう健康状態とは“プロジェクトにちゃんとコミットできる状態を維持できているか”“良好な開発環境が整えられているか”という意味です。もし健康でないのなら、その原因を見つけて排除することが、自分の役割のひとつですね。

■企画側と距離が近いのが理想。色んな要望をぶつけてほしい。

——プロジェクトがひと段落した今、オールアバウトでやりたいことは?

今、所属している「メディア開発部」の役割とミッションは、『当事者意識を持って考えながら、開発者としてオールアバウトをリードしていくこと』です。今は、これまで作った膨大な数のアプリの中で、手がかかる部分をなるべく排除するという“捨てる作業”が中心ですが、これが終わり次第、新しいことにどんどんチャレンジして、開発も一緒になってサービスを立ち上げていきたいです。

仕事は成果が見えたほうが良いと思っているので、お願いされたことをそのまま全部受け入れるのではなく、ミッションにもある当事者意識を大切にしながら、それをやることによってどんな効果が得られるのか、自分でちゃんと理解して、本当に必要なことなのかどうか判断できる開発者でありたいと思っていますし、チームメンバーにもそうなってもらいたいですね。

——受託ではなく、企画側の視点をもった開発チームが理想ということですね。 改めて田中さんが考える、求めるエンジニア像を教えてください。

依頼された案件だけをやる人は、今後、求められる領域が狭くなっていくと思います。エンジニアにおいては、ただ待っているだけではなく、どうすればサービスを良くできるか考えて言語化し、改善策まで提案できるのが、良い開発者だと僕は考えていて。良いものを作るには、相手がどう考えているかを知ると同時に、自分の考えを相手にしっかりと伝えるコミュニケーション能力も必要だと思っています。

コミュニケーションという点では、企画側の人ももっと課題や意見をぶつけてほしいと思っています。例えばシステムやツールは使っていると慣れが出てくるので、多少使いにくくてもそのまま放置されることが往々にしてあるんですが、突き詰めていくと、そういうところで失っている時間って意外に大きい。やるべきじゃない仕事が発生して本質的な業務ができないのであれば、それは改善の余地があるはず。もちろんすべて解決できるわけではないし、検討に時間はかかると思うけど、解決を提案できるような立場に行きたいですね。今は開発が各事業部につく組織体制になっているし、フリーデスクで物理的に近くにいることも増えているはずなので、「ここもうちょっとこうならないの?」っていうのはぶつけてもらえたらと思います。

——最後に、田中さんが働く上でモチベーションの源泉となっているものを教えてください。

業務効率が上がったなど、開発したものを評価してもらえると、やはりモチベーションが上がります。特に開発コストを抑えていいものが作れた時、それを評価してもらえたときは、素直に嬉しいですね。開発ってバグとかの報告はよくあるんですが、あまり良いことは共有してもらえないので、そういう声も気軽にフィードバックしてもらえるとありがたいです(笑)

こういう成功体験はやはり自信にもつながるし、チームメンバーにも多くの成功体験を持たせられるようマネージャーとして頑張りたいと思っています。そのためにも改めて“やりきる”ことが大事。やりきるだけで成功体験だし、アウトプットに対し意見をもらうことも重要。メンバーが、恐れずどんどんアウトプットしていけるよう後押ししていきたいですね。
28 件

おすすめの記事

専門家 脳の仕組みをよく知れば、お金も恋もうまくいく!イケメン脳神経外科医の話を聞いてみた

2008年からAll Aboutガイドになった菅原道仁さん。現役脳神経外科医としてクリニックを開業する傍ら、「All About」をはじめ、SNS配信型ウェブメディア「citrus」...

コト 「Advertising Week Asia」に執行役員・箕作が登壇~生活者をいかに態度変容させるか、ブランドリフト観点でのアドベリフィケーション活用について

世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング・広告など多くのテーマでセッションが展開されるイベント「Advertising Week Asia」。アドベリフィケーションに関す...

専門家 “あるもの” で「サンタ専用ソリ」をつくったら意外とよく出来た

総合情報サイト「All About」が誇る900人の専門家(ガイド)に色々聞いて、教えてもらうこちらのコーナー。 今回は、All About「工作・手作りグッズ」ガイドのトモコ ガル...

人気記事ランキング

専門家 人生における本当の意味でのキャリア形成とは。「かかりつけ医」のように、一人ひとりに寄り添う転職エージェント

20代・30代のキャリアデザインガイドとして、またモヤフォー研究所での頼もしきアドバイザーとして、活躍中の末永雄大さん。自らも転職ののち、独立起業して現在は大手とは違ったアプローチで...

コト 2019年3月期決算説明会をおこないました。

2019年5月10日に行われた、株式会社オールアバウト平成31年3月期 決算説明会資料の内容を書き起こしでお伝えします。

専門家 なぜ、不満の多い人生になるのか?心の中にあるカギを見つける、手助けをしたい【ストレスガイド 大美賀 直子】

多かれ少なかれ、現代人はストレスを抱えている。その正体を知り、うまく付き合う方法を教えてくれるのが「ストレス」ガイド、大美賀さんだ。もうすぐ400本という記事の積み重ねは、彼女の成長...