ヒト

正しいことをして儲けることの大切さ。ガイドとともに作る新たな専門家基盤。

昨年10月、ガイドサービス部のジェネラルマネジャーに就任した佐々木望さん。オールアバウトの財産である「ガイド」をベースに、これから何を成し遂げようとしているのか。事業に対する想いなどとあわせ、佐々木さんのお人柄、考え方に迫ります。

佐々木 望(ささき のぞむ)
ガイドプロデュース部 ジェネラルマネジャー
2005年に慶應義塾大学経済学部を卒業。大手旅行会社で法人営業として勤務後、2006年にオールアバウトに入社。広告営業として5年従事したのち、グループ会社の株式会社オールアバウトライフマーケティングの営業、マーケティング、オペレーションを担当。2015年よりオールアバウトに戻り、コンテンツオペレーション部、商品企画部、ガイドサービス部のジェネラルマネジャーを歴任。2019年4月よりガイドプロデュース部のジェネラルマネージャーに就任。

■第2新卒としてオールアバウトに入社

―10年以上前ですが、佐々木さんは第2新卒として入社されたそうですね。

大学を卒業後は大手旅行代理店に入社し、1年ほど法人営業を担当していました。なぜ旅行代理店だったかというと、大学のサークル活動で海外旅行の手配などが好きだったというのはありますが、たまたまです(笑)。学生のころは漠然と「新聞記者になりたい」と考えていたんですが、就職活動もろくにしないまま大手の新聞社を何社か受けて、当然のように落ちて、急に焦りだしたんですね。そんなときに旅行代理店に運良く受かって。そこで1年間、良くも悪くも体育会系の営業職で鍛えられました。
営業はすごく好きでやりがいはあったのですが、やはりメディア関係の仕事がしたいという思いが強くなって。そこで、記者、メディア営業、インターネット関係に絞って転職先を探していたところ、エージェントからオールアバウトを紹介された、という経緯ですね。

■目立ちたい、活躍したいという思いでフットワーク軽く

―オールアバウトではこれまで、どんな仕事をされてきたのでしょうか。

おそらく私は、オールアバウトの中でも特に部署異動が多い1人だと思います。
2006年にオールアバウトに入社して、最初はメディア広告営業担当として働き始めましたが、入って1年ぐらいして、当時の大阪営業所で人が足りなくなったという話を聞いて、ならば自分がと手を挙げました。大阪から戻った後も、グループでEC領域を担当するオールアバウトライフマーケティングの代表取締役社長の土門さんから声をかけてもらって、二つ返事でECの世界に飛び込みました。今思えば常に新しい一歩を追い求めていたように思います。面白そうだと思えばすぐに手を挙げて、チャンスと思えばまたポジションを変え……とフットワークは軽いほうで。目立ちたい、活躍したいという欲が強かったのかもしれないですね。大阪行きも、当時お付き合いしていた彼女(今の奥さん)に相談もせず話を決めて、後でめちゃくちゃ怒られたのを覚えています。
目立ちたいと言っても、自分は1つのことをスペシャルに突き詰めていくような性質ではなく、脇でこつこつと仕組みを作るような仕事の方が実は得意で、好きなんだと思います。ですから、そうした仕事ができるというニオイを敏感に感じ取って、積極的に名乗りを上げるようにしていました。

■マーケティングを学び、力を蓄えた日々

―ライフマーケティング社から戻ったあとは、オールアバウトでコンテンツオペレーション部を立ち上げられたそうですね。

オールアバウトに戻ったのは2015年の10月ですね。当時のコンテンツマーケティング推進室には企画グループが設置されていて、自分をふくめマネジャー経験者などベテラン勢が、営業メンバーの企画づくりをサポートしつつ、自分も営業して……ということをしていました。振り返ると一番忙しくしていた時期ですね。そしてコンテンツマーケティングを推進する上で、目的・考え方・戦略・戦術など基本的なマーケティングをがむしゃらに勉強した時期でもあったと思います。
実はマネジャーとして戻ってきたものの、オールアバウトの営業としては3、4年ほどのブランクがあって。デジタルマーケティングの世界はものすごいスピードで進化していて、自分がいたころと営業の手段もけっこう変わっていた。部下から「もうちょっと現場のこと知ってください」と苦言を呈されたこともありました。なので、現場感を常にもっておく意味でも、営業と並走して企画づくりができたのはよかったですね。

■オールアバウトの「コア」は「ガイド」である

―そして商品企画部ジェネラルマネジャーを経て、ガイドサービス部ジェネラルマネジャーとなり、ビジネス側からメディア側に移られました。

自分としては、メディア側に来たとは思っていなくて、どちらかと言えばインフラ側に来たと解釈しています。ガイドサービス部は2018年10月に独立した部署ですが、ガイドの活躍機会を広げることをミッションとしています。実は、数年前に外部環境の変化もあり、これまでのオールアバウトの戦略を改めて見直すタイミングがありました。似たようなサービスが数多く立ち上がってきて、かつてほどオールアバウトの優位性を示すのが難しくなるなか、どこに投資していけばいいのか。各部門の責任者が集まり、それぞれが思うオールアバウトの源泉を話し合ったとき、最終的にそれは「ガイド」であるという答えに帰結しました。

―なるほど。どのような議論がされたのですか?

代表の江幡さんが掲げる会社のビジョンは「個人を豊かに、社会を元気に。」です。国の制度に頼れない今、個人が自立して情報やサービスを選択する力を身に着けなければならないなか、専門家の知見はより求められていく。今後ますます企業が主役ではなく、個人が主役となる世の中になるだろうと考えています。そのようななかで、今のオールアバウトはガイドの強みを本当に活かしきれているのか、改めて議論しました。
知らなくて損する人をなくすために、オールアバウトの強みの源泉であるガイドの力を最大化させるにはどうすればよいのか。その答えのひとつとして、強みであるガイドをよく知ることだと考えたとき、実はそれが全くできていないことに気づきました。

■ガイドとのコミュニケーション不足を痛感して

―ガイドのことを把握できていなかった……具体的にどういうことでしょうか。

All Aboutが開設されて今年で19年になります。現在、約900名のガイドの方にご活躍いただいており、本当にいろいろな人がいます。編集部や営業部、広報からグループ会社がそれぞれガイドに仕事を依頼しているのですが、その情報は部署で分断されていて、社内で共有されていない場合もあります。彼らが何を思っていて、何に困っているのか。オールアバウトに対してどんな意見・要望を抱えているのか。半年前は、こういった情報をすべて把握している部署が社内になかったんです。我々はいつの間にか、一番大事なパートナーであるはずのガイドのことをわかっていると言える状態ではなくなっていたんですね。

そこでガイドのことだけを考える部署を新設しようとなったのが、ガイドサービス部ができた背景です。

―ガイドサービス部として半年やってこられて、手ごたえは。

まずはじめたのは、社内に散らばっているガイドに関する情報を集約するデータベースの構築です。ガイドとコミュニケーションを取り、ガイド一人一人の最新の情報を集めながら、その上で我々に何ができるのかを考える。そんな半年だったように思います。
最終的なガイドサービス部のミッションは、All Aboutだけでなく、ガイドが力を発揮できる活躍の場を増やし、それに最適なマッチングをしていくこと。次のフェーズは専門家のプラットフォームとしてのメディア、サービスを活性化させる。今はその準備を進めています。

―ガイドに改めて向き合ってみて、思われたことはありますか?

この部署にきてから、今まで以上にガイドの皆さんに会う機会が増えたのですが、あたりまえですが、その専門性に驚かされます。そしてその専門性を「社会や誰かの役に立ちたいと思っている人」が非常に多いんですよ。オールアバウトの社員もそうなんですが、社会に対していいことをしたい、正しくお金儲けをしたいと思う人じゃないと、このサービスを続けていくのは難しいと思っていて。改めて、オールアバウトのビジョンと心を同じくしてくれている方と一緒に仕事をしているんだなと感じました。

また、ガイドがもつ専門性を役立てる方法は多様にあるとも感じました。オールアバウトでは、ガイドになっていただく方の条件として専門性が高いだけでなく、その知見をわかりやすく人に伝えるガイド能力を求めていて。従来はAll Aboutで記事を書くことを前提に、執筆力にこだわっていました。しかしガイド能力は執筆力に限らず、講演やメディア出演などに求められるプレゼンテーション能力など、必要な能力は仕事によって様々。必ずしも執筆力がいるわけではないんですよね。そこで最近では、ガイドになる前に仕事をお願いしてみることで、その人の専門性や、アウトプット力などを審査させていただくことをしています。それによって、その方が得意とする仕事の種類、専門領域をこちらも把握することができるので、今後の仕事とのマッチングがしやすくなるのも利点です。

■企業とガイド、ガイドとユーザーをつなぐハブになりたい。

―最後にオールアバウトで働くやりがいを教えてください。

自分の家族には常々こう伝えているんです。「オールアバウトで働くことは私のワガママだ」と。給料をはじめとしてさまざまな選択肢がある中で、オールアバウトに居続けるのはなぜなのか。それは、ここで働くことが楽しいからだと思います。いいことをして儲ける、そのための仕組みをつくるというのは難題ですが、それに挑むことはとても楽しいと感じていて。私1人ではできなかったとしても、仕組みを作り上げて、みんなで回していけば、すごく大きなことができる。それは大いなるやりがいにつながります。

部として難題に挑むには、俯瞰した視点で全体を見て、会社全体で共通のストーリーを作り上げ、納得感を持って、モチベーション高く仕事をしていく必要があって。そのために、まず自分の思考のプロセスを外に出すことを意識的にやっています。

―たしかに、佐々木さんは打ち合わせ中に考えていることを全部喋ってくれるからわかりやすいと部下から評判でした。

そうなんですね(笑)。自分の中に正解を持っているわけではないですから、「営業的な数値はこう」「他の部ではこうしている」と、頭の中をさらけ出して、迷っていることは迷っていると伝え、部の皆で煮詰めていく。そうすることで、部内の共通言語ができあがっていくと思っています。それは部署間においても同様で、いろいろな部署に優秀な人はいるけれども、皆が別々の言語で語っているせいで、なかなか話がつながっていかないということはよくあります。今後は、サービスを売る側と作る側の言語を統一し、互いの意思や情報を共有していくために、そのどちらをも経験してきた私がハブとなって、両輪をつなぐ役割を担っていきたい。そう考えています。ガイドの皆様とも積極的に意見交換をできたらなと。言いづらかったりするようなことも遠慮なく言っていただけるような、オープンな関係性を築きたいと思っています。

―ありがとうございました!

37 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは...

専門家 月間200種類のスイーツを試食?!「スイーツジャーナリスト」のお仕事に密着してみた

All Aboutの専門家のお仕事について聞くコーナー、今回はTBSテレビ「マツコの知らない世界」などのテレビ番組への出演や、ラジオ、新聞、雑誌、SNSでスイーツの魅力を発信し続ける...

ヒト <リーダーズvol.12> 不確実な世の中で”長く続く会社”になるために

今年3月の決算説明会にて、7期連続増収・過去最高売上高更新を発表したオールアバウト。2020年に迎える創業20周年に向けて、今、順調に業績を拡大している背景について、代表の江幡さんに...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.21】五感をフル稼働して味わう「麺」が主役の広尾の名店!

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第21回はていていさんからのバトン受け、事業開発部から木下さんが登場! 木下さんは「先輩社...

コト 【2019年度入社式を開催】18名の新入社員を迎え入れました

2019年度、オールアバウトグループでは、過去最多となる総勢18名の新入社員を迎え入れました! 今日は4月1日に行われた入社式の様子をお届けします。

ヒト <部署紹介 Vol.13>個人を強くすることで、組織力の強化を図る人事グループ

オールアバウトで働く人をグループごとに紹介する部署紹介。第13弾は企業にとって重要な資本である「ヒト」に関わる人事グループをご紹介します。