ヒト

営業で培った経験を武器に、メディアが共創する新たなプラットフォームづくりに挑戦

新卒2期生として、2007年に入社した大和田誠さん。12年にわたって営業を担当し、現在はプラットフォーム開発部でコンテンツマーケティングプラットフォーム「All Aboutプライムアド」の提携メディア開拓や商品開発を担当しています。今回は、営業から商品開発へ活躍の舞台を移した大和田さんの人物像、そして仕事観に迫りました。

大和田 誠(おおわだ まこと)
プラットフォーム開発部 コンテンツネットワークグループ マネジャー
2007年オールアバウトに新卒入社。約10年間にクライアントのマーケティング課題に向き合うソリューション営業に従事。2018年から営業で培った経験を武器に、コンテンツマーケティングプラットフォーム「All Aboutプライムアド」を構築するプラットフォーム開発部を兼務。2019年より同部署に異動し、コンテンツネットワークグループのマネジャーに就任。

――まずは、新卒入社から12年にわたって担当されてきた、営業のお仕事について教えてください。

2007年に入社してから約12年間、総合情報サイト「All About」の広告営業を担当し、様々な業界の宣伝担当や広告代理店のマーケティングパートナーとして、クライアントの課題に向き合う仕事をしていました。

オールアバウトの営業なので、提案内容は当然ながら自社メディアを使ったソリューションがメインですが、クライアントの課題によってはオールアバウトに固執せず、他メディアを活用したり、SNSやイベントなども絡めたほうが効果的である場合があって。その場合、調整で社内外の協力がかなり必要になるのですが、クライアントの課題解決を優先し、外部のソリューションと組み合わせた提案をすることが多かったと思います。解決手段が増えれば提案の幅も広がりますから、クライアントからの要望を既存の商品に当てはめるのではなくて相談を受けながら解決策を考えていく、そんなスタイルで仕事をしていましたね。そういった提案をしているうちに、一部のクライアントからは、ブランド戦略の部分から相談を受けて、コミュニケーションストーリーを作るところから入らせてもらえるなど、貴重な経験をさせてもらいました。

■メディア同士の共創で、本質的なコミュニケーションプランを

――現在、所属しているプラットフォーム開発部でのお仕事について教えてください。

弊社のコンテンツマーケティングプラットフォーム「All Aboutプライムアド」の基盤となる、優良なメディアネットワークの構築を担当しています。主なミッションは提携メディアの開拓ですが、ネットワークを活用して、さまざまな特性を持つ各メディアの強みを活かす取り組みも推進しています。メディア同士がつながることで、どんなシナジーを生み出せるか。そういったことを考えて、メディア提携と商品設計を両輪で進めているという感じです。いくつか商品もリリースしていますが、まだまだこれからというところですね。

――メディア同士が生み出すシナジーにはどのような強みがあるのでしょうか?

メディア同士が共創(きょうそう)することで、より価値のあるコミュニケーションプランを企業に提案することができると思います。ユーザーのことを最も理解しているメディアが、それぞれの強みを活かした形で横断的なコミュニケーションプランをデザインすれば、よりユーザーの共感が得られたり、ブランドに対する理解の質を高められる施策を実現できるのではと考えています。
これは自分が営業時代に感じていた課題でもありますが、昨今デジタルにおいては、リーチと効率性を重視したプランニングに集約されるケースが非常に多いと思っています。GoogleやFacebook、Twitter、LINEといった規模とテクノロジーを強みとしたプラットフォーム頼みで、フルファネルでのマーケティングをそのプラットフォーム上だけで完結する場合も多いです。もちろん、それらのプラットフォームはデジタルマーケティングにおいて非常に重要な手段ではありますが、コミュニケーションの質や目的によっては、それだけで完結できないことは確かです。
改めて、メディアやコンテンツがコミュニケーションの手段として役割を担えるということを、クライアントに伝えていきたい。そのためには、施策のプランニングや効果測定部分もしっかりと明示できる仕組みが必要だと思っています。そういう意味でも、コミュニケーションの最前線にいるメディア同士が連携し、横断的な指標で本来のクライアントが解決したい課題に対し施策がどう寄与したのかを図れるような、メディアコンテンツを軸としたプラットフォームを目指したいと思っています。

■ゴールは営業時代も今も同じ。営業と並走して役立つ商品を

――営業から開発への異動で、仕事はどのように変わりましたか?

クライアントのマーケティングを支援するというゴールは、営業時代も今も同じですが、営業時代は個別クライアントの課題解決に向き合うことがミッションだったのに対して、今は課題解決を実現するためのソリューションである商品、つまり武器作りから関わっているところが大きな違いです。価値あるソリューション(商品)をつくるには、やはりクライアントを取り巻く市場環境や課題に対する知見は必要で。営業の現場に携わってきた自分だからこそ、今のポジションで貢献できる部分があるのかなと思っています。
また、商品は作るだけではだめで、流通方法を考えることも重要です。販路をしっかり作る過程においても、自分の場合は長年お付き合いをさせていただいてきた、広告代理店とのリレーションがあるので「こういうことを考えていて、こういうチャレンジがしたいんだけど……」といった相談を前もってさせてもらえるのは大きいですね。‥‥こんな感じで、営業の現場こそ離れていますが、トライアンドエラーを繰り返して商品を作りながら、営業と並走している感覚です。
他のメディアと話をする際も、アライアンスを組むとクライアントに対し何ができるようになるのか、実際に自分が担当したクライアントの事例をお話することで、より納得感をもってもらえます。やはりクライアントの声は、メディアの人が一番知りたいことでもあるので、それを包み隠さず話すことで、より信頼してもらえるし、先方の温度感が大きく変わると感じます。話をしているなかで、メディア同士で感じている課題は共通することも多く「一緒にいい事例をつくりましょう!」と強く共感いただくこともありますね。

――なるほど。現場を知っているからこそ、会社の外と中をつなぐ商品企画ができるわけですね。

そうですね。あとは、商品を作るとなると部署間の連携が多くなるので、必然的に社内でのコミュニケーションがすごく増えました。部署内にエンジニアがいるというのも、以前と変化した部分です。営業時代はエンジニアと直接話をすることがあまりなかったので、新鮮に感じています。日々、わからない用語が飛び交っているんですけど(笑)、そこも含めて良い刺激になっているなと。自分のリテラシーの低さを感じることで勉強する機会は増えたと思います。

あと、営業とエンジニアでは考え方のアプローチがまったく違っていて。そういう意味でも、営業側、開発側の両方の立場にいる自分は、社内における橋渡し役になることも役割のひとつかなと思います。

■「会社に仕事をやらされている」と思ったら終わり。仕事をする環境はあまり関係ない。

――ここまで営業から商品開発に至るまでのお話を伺ってきましたが、キャリアパスの途中、選択肢として転職は考えなかったのでしょうか?

転職は何度か節目で考えましたが、会社に残る選択をしてきました。営業現場が純粋に楽しかったことと、実績を残せてきたことが大きな理由です。今回も、異動先のプラットフォーム開発部が、今までやってきた営業が活かせる現場であるということ、あとは外部環境の変化から会社の大きな変革期に差し掛かっている今、ここに自分がいられることはチャンスだと思ったからです。新しい市場作りに自分が携われるのは、大きな“やりがい”ですよね。

ただ、「オールアバウトじゃなきゃいけない」とは思っていないです。というのも、「なぜ、自分がここで仕事をしているのか?」を突き詰めると、あまり場所や環境は関係ないと思うんです。ただ「会社に仕事をやらされている」と思ったら終わりだと思います。「やらされ仕事」をやっているうちは、どこに行っても同じで、成長できないかなと。

――大和田さんは、マネジャーとしての経験も長いですよね。マネージメントにおいて、自己流のポリシーなどはありますか?

マネジャーとしては8年やってきましたが、自己流のポリシーという大それたものもなく、そしてまわりに比べて決して優れたマネジャーではなかったと思います(笑)。
あえていうのであれば、自分にとってマネジャーという職種は、メンバーあってのものだと思っています。

自身の長年の経験や知識を教えたり、指針をメンバーに見せたりすることはもちろん重要だと思いますが、メンバーたちが「チャレンジしたい!」という風土を作り上げることや、仕事をどんどん任せてそのサポートをすることが、自分の役割だと思っていました。「責任は負うから、好きにやってこい!」と。たまに、我慢できなくて自分で動いちゃうんですけど(笑)

ただ、ひとつだけ言えるのは相手の受け取り方を常に考えてコミュニケーションを図ることは、マネジャーにとって大切なことだと思います。ある尊敬する方から「人は言い方が100%だよ」と言われたことがあって。それは自分の中でも強く残っていて、意識するようにしていました。プラットフォーム開発部に異動してから、より多くの部署と関わることが増え、コミュニケーションの重要性はより強く感じるようになりました。

■自分が動くことで、営業起点の新規事業にチャレンジするカルチャーを作れたら

――最後に、今後、オールアバウトでチャレンジしたいことを教えてください。

なによりも今は、目の前にあるやらなきゃいけないことを具体的に形にして、きちんと売れるコンテンツプラットフォームづくりをすることです。プラットフォーム開発部に異動してメディア開拓をするなかで、単純にメディアってすごいなって思うことが多くて。特に紙媒体の企画力、写真などのクリエイティブなど、コンテンツ力は驚くほど高い。個人がメディアになる時代だけど、専門的にプロがつくるコンテンツはさすがだし、正しく評価されるべき。そこに対して価値をつくっていくというのをまずは頑張っていきたいですね。

あとは、この目標に向かって自分が動いていくことで、営業が一丸となって新しい事業にチャレンジするという風土が生み出せるのではないかと期待しています。その先についても考えている部分はありますが、それよりも今、目の前にあることを一生懸命取り組むことが大事かなと。そして、その過程で同業のメディアから多くのことを学びたいです。

――ありがとうございました!

36 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.4>ビジョナリーな創業代表 江幡が目指す“スキルワーカー”が活躍する社会(後編)

オールアバウト創業社長の江幡さんのインタビュー。前編では、江幡さんの思い描く理想の社会と、それを実現する“スキルワーカー”という存在について話を聞きました。これからのオールアバウトは...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

ヒト <リーダーズ Vol.10>オールアバウトグループ成長の牽引役、『サンプル百貨店』の取り組み

2011年に資本業務提携をした後、2012年3月にオールアバウトのグループ会社となったオールアバウト ライフマーケティング。話題の商品がお得に試せる「サンプル百貨店」を主力サービスと...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.20】歓迎ランチにもおすすめ! 女子ウケよし、コスパよしの「しゃぶしゃぶランチ」

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第20回はコンテンツプロデュース部から新卒2年目のていていさんが登場! 日頃から同期や先輩...

お知らせ アラフォー世代のモヤモヤを専門家が解決! 『モヤフォー研究所』を立ち上げました

2019年3月、アラフォー世代の不安や悩みを調査し、All Aboutガイドの力を借りてモヤモヤの解決策を提案する研究所『モヤフォ―研究所』を立ち上げました。

コト 2017年度入社式が行われました!

こんにちは、広報グループのやなぎです。新しい春。出会いの季節ですね。 今年度、オールアバウトグループでは計13名の新卒社員を迎えました! 今日は、4月3日に行われた入社式の様子を...