ヒト

地域医療から予防医療へ。佐渡島を愛するオトコが社長直下で取り組むウェルネス事業

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みを深堀していく「Players」。今回は社長直下のウェルネス事業推進室・平野祐さんにお話を伺いました。平野さんがなぜ予防医療に惹かれるようになったのか、またオールアバウトでどんな新規事業を作ろうと思っているのかその背景と人物像に迫ります。

平野 祐(ひらの ゆう)
ウェルネス事業推進室
EHR(地域医療連携ネットワーク)に特化したコンサルティング会社2社を経て、2017年4月入社。社長直下の「ウェルネス」分野の新規事業立ち上げを担当。プロジェクトで2年住んでいた佐渡島をこよなく愛し、今でも年に2回は訪れる。その都度友達を連れたツアーとなり、今まで案内した人数は延べ50人

■正しいヘルスケア情報が届かない生活者と、サービスをうまく伝えられない事業者をつなげたい

――ウェルネス事業推進室での、平野さんの現在のお仕事について教えてください。

この1、2年ぐらいで日々の健康管理やダイエットをサポートするなどヘルスケア系のサービスは、どんどん立ち上がっていますが、生活者にとってはどのサービスがいいか目利きがむずかしいですし、本当はいいものなのに正しく使われなかったりする。マッチングがうまくできていない状態です。
まだ具体的な中身は言えないのですが、ウェルネス事業推進室では、ヘルスケアに関する情報が届いていない生活者と、サービスの存在やその良さをうまく伝えられない事業者をつなぐ「予防医療のプラットフォームビジネス」の構築をめざし、日々がんばっています。

「All About」の健康・医療カテゴリは、生活者向けの情報サイトの中でも最大級のユーザー数を持っているんですよ。ただの情報提供だけには終わらずユーザーに対してもっと価値のあるサービスができるはずと考えています。

■最初の会社では、佐渡島の医療情報の一元化プロジェクトに参加

――オールアバウトに入社前はどんな仕事をしていたんですか?

オールアバウトは新卒から数えて3社目になります。最初に入ったのは、CRM(顧客管理システム)に強みを持ったコンサルティング会社でした。その会社が、2012年から2014年にかけて新潟県の佐渡島で、電子カルテや検査の情報を地域で統合するプロジェクト を受託したので、すごく興味を持ち、自ら手を挙げそこに参加しました。

当時、佐渡島の住民は6万2000人。そのうち65歳の人口が37%で、道を歩いている3人のうちひとりはシニア層という高齢者社会でした。高齢化に伴って医療と介護を必要とする人数が増える一方、僻地なのでお医者さんも看護師さんも行きたがらないし、供給が不足している状態だったんですね。地域的な特性として、新潟本土の病院に行くには、日本海をこえなければいけないのですが、海が荒れて、二日間ぐらい船が出ないときもある。島で医療を完結させることが急務でした。

そこで、このプロジェクトで行ったのは医療情報の一元化です。地域の中に100ほどある医療機関や介護施設が、ばらばらに管理していた電子カルテ情報などを、島内でプライベートクラウド化し、個人の疾患の情報、飲んでいる薬の情報、血液検査の結果、健康診断や手術の情報などの一元管理をめざしました。

■システムを最大限に生かすため、施設や住民を説得

管理システムを作る上で大変だったのが、まず地域の施設・医療機関に説明をして、理解を得たうえでシステムに参加してもらうこと。さらに勝手に個人情報の共有はできないので、住民の一人ひとりに同意書を書いてもらうという作業です。

こういったプロジェクトは全国でありますが、住民を巻き込まないと絶対に失敗するんです。いくらお金をかけてシステムを作っても、登録をしてくれる人が1%しかいなければ、救急車で運ばれても、100回に1回しか使われないわけですからね。

なので、ほんとに地道な作業なんですが、「救急車で運ばれたときにかかりつけ医の診療記録が搬送先の病院でわかるよ」とか「退院した時にちゃんと情報の引継ぎをしてもらえるので、次のところできちんと対応してもらえるよ」とか、そういったメリットを個別に伝えることで賛同を得て登録をしてもらっていました。
結果的に、1万3000人、全島民の20%を超える人たちに登録してもらい、当時では、全国で1、2を争うカバー率になりました。

この佐渡島プロジェクトは、社会人人生を左右する大きな分岐点とも言えるくらい貴重な経験になりました。東京に戻った後も医療系のプロジェクトに携わりたいと思っていた矢先、当時のプロジェクト責任者が地域医療に特化した会社を作ることになり、私もそこに転職しました。

その会社では岩手県の陸前高田市の被災地でのプロジェクト推進など、地域によって異なる課題を捉えながら、住民に役立つ健康支援を軸にした仕事に従事しました。

■健康であれば可能性は無限に広がることを実感。予防医療に興味を持つ

――佐渡島のプロジェクトはじめ、そもそも健康関連のビジネスに興味を持ったのはなぜですか?

実は1歳ごろからかなり激しいアレルギー体質で、小学校に入る前は体の9割が包帯という感じでした。アトピーも喘息もひどくて、夜もつらいし、好きなスポーツもできない。

4年生の頃はマラソン大会にも出られませんでした。ですが、6年生くらいになると一気に体質が改善。以前は走ると喘息も今まで高山トレーニングのような状態だったのか、足も速くなって最後16位で入賞だったんですよ。それまで「あれもダメ。これもダメ」と制約ばかりだったのが、「あれもできる。これもできる」と無限に可能性が広がった感覚を覚えています。そこで、「病気との付き合い方や健康を管理して自分を守っていく」「ベストな状態を保ってその人の可能性を広げていく」予防医療に関心をもつようになったんです。

■「なにもないから面白い!?」イチから作りたくてオールアバウトへ入社

2社目では、主に先輩たちが事業計画を描いていたこともあり、もっと自分で新しい事業計画を作りたいという思いから転職を決意。オールアバウトともう1社ヘルスケア系ベンチャーから内定をいただきましたが、大きく3つの理由から最終的にオールアバウトを選びました。

もし予防医療をずっとやって行くのなら、自ら「事業を作っていく」のでなければ面白くはない。しかし、ヘルスケア系ベンチャーでは、経営陣が出来上がっているため、それはできそうもありませんでした。一方オールアバウトは、これからヘルスケア分野を立ち上げるフェーズだったこともあり、ある意味なにもない状態(笑)。「なにが必要なのかイチから考えることができる」というのが、1つ目の理由でした。

2つ目は、オールアバウトの「専門家と手を携えていく」という姿勢に共感したことです。
5年半くらい医療従事者や介護従事者の方と仕事をしてきて、その専門性、パッション、献身的な姿勢、そういったものに、非常に敬意を感じるようになりました。ヘルスケア系サービスを展開するベンチャー企業には「医者は不要」といった風潮も一部ありますが、「メディカルな世界と一緒にやって行かないとちゃんとしたものはできない」というのが、自分の実感です。

3つ目は、様々なプロジェクトをするうえで、「誰とやるか」というのがやっぱり大事。最終的には代表の江幡の人柄です。江幡自身も、過去にご家族の健康面での問題などで大変な思いをされて、 健康領域に強い思いを持って取り組んでいるということを知り、ぜひ一緒に仕事をしたいと思いました。

■オールアバウトの強みを生かして実績を増やしていく

――オールアバウトに入ってからの実績について教えてください。

入社直後に厚生労働省のポータルサイトの運営を受託しました。佐渡島のような地域医療ネットワークの成功事例の発信をしたかった厚生労働省にとって、僕の専門性とオールアバウトが持つ情報サイトの運営ノウハウは、とても有効だったと思います。

2つ目は「趣味」を「健康事業」として展開できないか、という観点で生涯学習事業を展開するグループ会社のオールアバウトライフワークスと共同で、長野県の松本市に対して、2017年度に取り組んだプロジェクトです。地域の高齢者が積極的に社会に関わり、生きがいや自身の健康に繋げることを目指す実証事業として実施しました。
そして、今年度新しく取り組んだのが、「オンライン禁煙プログラムの推進」です。オンラインでの禁煙外来の仕組みを構築したベンチャー企業と一緒に、健康保険組合向けのソリューションを作っています。

具体的には、オンライン禁煙プログラムに参加してもらうために、禁煙に対するリテラシーを高めたり、態度変容してもらうための禁煙情報サイトを、約20の健康保険組合に向けて提供しています。禁煙プログラム中や終了後にもサポートを続けることで禁煙の成功率を高めます。これは、厚生労働省の公募事業としても採択され、実証実験として手掛けています。

この3つをいわば名刺代わりの実績とし、最終的なゴールである予防医療プラットフォーム構想にいかに近づけるかというところを目指しています。

■メディア運営で蓄積した、無関心の人の背中を押すノウハウと実積

――そういった経験を通じて感じたオールアバウトならではの強みはなんですか?

前述の禁煙を例に挙げると、人がなにか行動を起こすためには、いくつかのステップを踏むと言われています。無関心の状態から関心を持ってもらい実行し、それを維持し続ける。医療の世界では、「行動変容ステージ」という考え方があります。
ヘルスケア事業を推進していく上で、オールアバウトの第一の強みはまさにここにあります。つまり、コンテンツを通じて無関心な人に注意喚起し、関心を持ってもらう、その人に刺さるものを伝えて、行動にうつしませんかと訴える。実際、広告ビジネスを展開する事業部においては”コンテンツマーケティング”という手法で、行動変容に対するたくさんのノウハウや実積を蓄積しています。

また、行動に移してもらうという点で、もうひとつ強みがあります。

それは、「All About」には健康領域はじめ信頼性の高いコンテンツが18万本もあるのですが、「健康」の他にも「転職」「投資」「結婚」など全部で1300テーマをカバーしていること。「All About」では個人情報を取得していませんが、禁煙の記事を読んでいる人が、他にどんな記事を読んでいるのかといったテーマ横断的な閲覧行動データは持っています。
ヘルスケア系サービス全般が抱える課題として、“周辺領域の動機付けコンテンツが少ないこと”がよく言われていますが、オールアバウトの場合、その閲覧行動データから分析して、「禁煙×子育て」「メタボ×節約」といった、それぞれのユーザーの興味・関心度に応じたコンテンツを提供することができます。これによって、さらに関心度を高めて、次のステップへ踏み出してもらう試みも可能になってきます。

これらは20年近く総合情報サイトを運営してきた実積があるオールアバウトだからこその武器であり、ほかの事業者との差別化ポイントになってくると思います。

■ウェルネス事業推進室が、新しい事業の取り組みの担い手になる

――今後はどんなことにチャレンジしていきたいですか?

自分たちの強みを研ぎ澄ますこと。つまり行動変容させるコンテンツの質を高めるということ。もうひとつは質を高めたうえで、信頼できるパートナーとしっかりと関係性を作っていくこと。その過程として企業同士の連携、出資やM&Aなどは避けては通れない道だと思っていますので、そこもがんばっていきたいです。

さらに、ウェルネス事業推進室には様々な医療情報やヘルスケア情報が集まってきます。そういった情報をここに閉じ込めておくのではなく、グループ会社全体に対してのハブとなり、我々が関与することによって、メディアビジネス×ウェルネスとか、トライアルマーケティング×ウェルネスといった、新しい事業の取り組みづくりの担い手になれたらなと思っています。


(文:宗像 陽子)
40 件

おすすめの記事

専門家 月間200種類のスイーツを試食?!「スイーツジャーナリスト」のお仕事に密着してみた

All Aboutの専門家のお仕事について聞くコーナー、今回はTBSテレビ「マツコの知らない世界」などのテレビ番組への出演や、ラジオ、新聞、雑誌、SNSでスイーツの魅力を発信し続ける...

ヒト <リーダーズvol.13> 目指すべきは持続可能なエコシステムの構築

オールアバウトでは、2017年にアドベリフィケーションツールを導入し、優良メディアのみに絞ったアドネットワーク「All Aboutプライムアド」をローンチしました。次いで2018年5...

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

人気記事ランキング

コト 【ゴチエビス vol.21】五感をフル稼働して味わう「麺」が主役の広尾の名店!

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第21回はていていさんからのバトン受け、事業開発部から木下さんが登場! 木下さんは「先輩社...

コト 【2019年度入社式を開催】18名の新入社員を迎え入れました

2019年度、オールアバウトグループでは、過去最多となる総勢18名の新入社員を迎え入れました! 今日は4月1日に行われた入社式の様子をお届けします。

ヒト <部署紹介 Vol.13>個人を強くすることで、組織力の強化を図る人事グループ

オールアバウトで働く人をグループごとに紹介する部署紹介。第13弾は企業にとって重要な資本である「ヒト」に関わる人事グループをご紹介します。