コト

リモートワークって実際どうなの?試験導入の様子をレポート ※トライアルルールも全公開

オールアバウトでは2018年2月より、リモートワーク制度を試験導入することになりました。そこに込めた人事グループの想いや、実際にリモートワークを実践した社員の話を通じて、オールアバウト的”働き方改革”の実態に迫ります。また、記事の最後には弊社が策定した導入時のトライアルルールも公開しているので、これから自社でも取り組みを検討している人事担当者の方は必見です!

こんにちは、広報グループの柏原です。昨年あたりから”働き方改革”が声高に叫ばれる中、各社さまざまな取り組みを行っています。かくいう弊社も、社員の声を拾いながら人事グループを中心にオールアバウトならではの働き方ってなんだろう?という議論を繰り返した結果、2018年2月よりリモートワークをトライアル運用しています。

そこでリモートワークの目的や、そこに至るまでに経営層と議論になったポイントを人事担当者にインタビュー。加えて、すでに実践した社員数名にもそのメリット・デメリットをざっくばらんに語ってもらいました。

■リモートワークは「きっかけ」に過ぎない

(左)経営管理部 人事グループ マネジャー 岡部さん、...

(左)経営管理部 人事グループ マネジャー 岡部さん、(右)同グループ 竹之下さん

――――リモートワークのトライアルに至った経緯を教えてください。

岡部: 2017年の夏頃に社内で「働き方」に関するアンケート調査を実施したところ、リモートワークに対する強いニーズが見て取れました。また、同時期に執行役員と人事方針について議論する合宿を行った際、オールアバウトの企業ビジョンである「個人を豊かに、社会を元気に。」を実現するために社員に求めていくことの一つとして「自立」というキーワードが出てきていました。

「自立」を重んじる会社なのですから、働き方も「自立」を促すきっかけとなるものにしたいと人事グループで議論をし、リモートワークについて経営陣に提案したのです。実は、人事グループとしては、リモートワークそのものにはあまりこだわっていません。先行して取り組んだ企業が取りやめている事例もあり、メンバー全員が自立した大人でないと成り立たない仕組みだとも感じています。そのため、経営陣と慎重に議論を重ねました。今このタイミングでのトライアルに踏み切ったのは、個人・組織に対して意図的に”ゆらぎ”を与えたかったからなのです。

――”ゆらぎ”というのは具体的にはどういうことなんでしょうか?

竹之下: ”ゆらぎ”を与えたい、というのは、「自立」を促す過程として、意図的に「不安定」を創り出したい、ということです。オールアバウトが「自立」という考え方を大切にしているのは、私たちを取り巻く社会環境の先行きが不透明であり、より厳しくなっていくことが予想される中で、世の中の人が、自ら知識・スキルを身に付け、自分ならではの夢や思いをもって、自分らしく豊かに生きるお手伝いをすることが、オールアバウトの存在意義だと考えているからです。

しかしながら、その社会的意義を実現しようと言っているオールアバウトの社員自身の働き方に関して「自立」を促進する仕組みになっているか?と問われると、そこはまだ満足できるものではないと感じています。今回のリモートワーク導入は、「働く場所・時間」に関して制約を取り払い、社員が「自立的・自律的に」働けるようにする取り組みのひとつです。

この取り組みを手放しで喜ぶ社員がいる一方で、良くも悪くもオールアバウトのメンバーにはお行儀がよい人が多く、「自分で決めてよい」というスタイルにとまどいを覚える節もあります。そのとまどい・不安に向き合っていくことが自立のために必要ではないかと考えています。

今回の取り組みの狙いは、「オフィス以外の場所で仕事をしてほしい」のではなく、「場所・時間にとらわれず、自分・チーム・会社にとってよいと思う働き方を自分たちで考えて働いてほしい」というものです。ここで肝となるのが「自分たちで決める」ということです。そのための仕掛けとして、会社全体としてはざっくりしたルールしか設けず、詳細なルールについては、チームごとに話し合って考えてもらうことにしました。

「自チームのパフォーマンスを上げるのは、どういう働き方か?」を考えるためには、自組織のミッションや構成メンバー各自の役割を見つめ直すことが必要となります。このプロセスを経ることで、自分たちが取り組むことの意義への理解が深まり、高く・深く・広く・長い視点で新しいアイデアが出てくることを狙っています。その意味で、オールアバウトにとってリモートワークは、それ自体が働き方改革の目玉なのではなく、自立を促す長い長い取り組みの、ひとつの「きっかけ」なのです。

――一般的にリモートワークは業務効率や生産性向上といった目的で語られることが多いと思うのですが、そのあたりどうですか?

竹之下:ひとつの仕事に集中できるようになったり、災害時でも業務が進められるなど、業務効率や生産性の向上もあるとは思ってます。ただ、より大事なのは、先ほどの話につながりますが、働き方の自由度が増すなかで、働くことの本質的な意味を問い正し、新しい発想や、抜本的な改善の芽が生まれてくることです。

また、どこでも働けることで、仕事とプライベートを合わせた生活全体の質が上がり、巡り巡って成果・業績にもプラスの影響が出ると信じています。

――生活全体の質が上がるとは?

竹之下: 例えば、共働きで子育て中の男性社員(当社でも多いケースです)の場合。日中に子どもの保育園、幼稚園、学校等の行事があるとき、これまでは奥様が会社を休むなどして対応していました。今ではリモートワークが選択できることにより、夫である男性社員が、朝からお昼過ぎまで行事に参加し、その後オフィスに行かずに自宅で仕事に取組む、といったことが可能になっています。

負担感なく仕事も家庭の役割も果たすことができる。これだけでも素敵な変化ですが、効果はそれだけではありません。子育てをしながら働く女性にとって”夫に頼っていいんだ”と思うことができるのはとても心強いと思います。夫婦の信頼関係が強固になり、心身ともに健全な状態を保てることによって家庭の幸福度が上がります。幸せを感じているときとそうでないときのパフォーマンスはどちらが高いでしょうか?

私たちは、一人ひとりの社員に、幸せな状態で生産性高く、イノベーティブな仕事をしてもらいたいと考えています。

――4月末までがトライアル期間で、その後、本導入するか検討とのことですが、KPIはあるのですか?

岡部:KPIについては随分議論しましたが、特定の数値目標などは敢えて設けないことにしました。リモートワークの利用率等の数値はあくまで参考であり、一番大事なのは”クリティカルな悪いニュースがない”ということですね。「クリティカルな悪いニュース」とは、例えば、取り組みの趣旨に沿わないネガティブな使い方(周囲へ迷惑をかける、サボる等)が見受けられる、業務時間の極端な増減、業績悪化といった状況です。

トライアル期間も残り1ヶ月となりましたが、これまではそのような傾向は見られません。ただ、取り組みの趣旨を忘れ、リモートワークというひとつの形だけが残ってしまう、ということにならないよう、継続的に趣旨を伝えていく活動を行っていく必要はあると考えています。

■【ケーススタディ】リモートワークをやってみてどうでしたか?

という訳で、ここからは実際にリモートワークを実践したさまざまな職種の社員4名に感想を一問一答で聞いてみました。

【ケース1~制作部・三輪さん】

 (4009)

Q.今までの実施回数
週1~2日、合計10日程度。

Q.どこで、どんな業務をしましたか?
自宅のダイニングで、出社時と同様の仕事をしていました。

Q.実施してみての率直な感想は?
会社にいるときよりも「その日にやりたい仕事」に集中できるため、個人の仕事効率は格段に良いです。途中で思考を分断されないので、特に、企画やアイデアを考える仕事はやりやすいです。また、通勤時間が必要ない分、睡眠時間やプライベートの時間が増えるのもありがたい。仕事をしながら、自宅にある美味しいコーヒーや、様々な種類のお茶を自由に楽しめるのもメリットの一つです。

一方で、椅子や机が仕事用ではないので、疲労や腰痛など体への負担が大きいのがデメリット。また、会社ではデュアルディスプレイで仕事をしているのですが、自宅にはないので不便に感じることもあります。今後、自宅の仕事環境をどこまで整えていくか……ですね。

個人の仕事としては上記のような感じですが、チームを考えた場合は、まだ自分の中でも検証中です。同じ部署のメンバーや、一緒に仕事をしている営業・運用・編集の担当と、会社にいるとき同様のコミュニケーションができるか、緊急時や何かあった時にスムーズに対応ができるかなどが今後の課題。リモートワークという環境に対する慣れや、場合によっては新たな決めごとが必要かもしれません。

【ケース2~システム部・布村さん】

 (4001)

Q.リモートワークを使おうと思った理由
システム部ではリモートワークの向き不向きやメリット、デメリット、実際に導入するとしたらそれまでに解決しておきたい課題を知るために、トライアル期間中は全員が「最低で月に一度、最高で週に一度」実施するというルールがあるからです。

Q.今までの実施回数
2月・3月に1回ずつ。

Q.どこで、どんな業務をしましたか?
通常の出勤通りに起きたら業務開始時刻まで時間があったので洗濯をしました。その日の作業で確認が必要なものがある場合は早めにチャットやメールで確認事項を相手に送り、返答が来るまでは確認事項が少ない作業から優先的に片付けるようにしました。通常より早く業務を開始したため、業務終了時刻を早めることができましたね。

Q.実施してみての率直な感想は?
出勤時間が無くなると通常より早く業務が開始できるので時間に余裕ができます。また、時間を調整しやすくなるので業務前後のプライベートの時間を有効的に使うことができます。仕事とは別で写真の活動を続けているので、展覧会設営のための準備などです。

デメリットとしては、(トライアル期間ということもあり)音響設備が整っておらず、会議時はリモートする側とオフィス側の音の拾い方を誤ってハウリングを起こしたり、音が聞こえない問題が発生していることが挙げられるので、ここの改善が必要だと思いました。

【ケース3~編集部・松永さん】

 (4010)

Q.リモートワークを使おうと思った理由
通勤時間が1時間20分と長く、満員電車で体への負担が大きいので、その軽減のためというのが一番の理由です。また、2歳の子どもが1人いるのですが、夜に世話が出来ていない状態が続いていたので、リモートワークをすることで、妻の負担も軽減したいとも思いました。

Q.今までの実施回数
自宅で3回、カフェで1回の計4回です。

Q.どこで、どんな業務をしましたか?
記事の更新作業や記事発注など比較的ルーティン業務に使っています。朝は、子どもを保育園に送ったら帰宅してすぐに業務を開始。業務終了後は妻に変わって、家事(晩ごはんの支度)や子どもの遊び相手をしてますね。

Q.実施してみての率直な感想は?
体がとにかく楽です。終了時間を決めて仕事をすることも影響しているかと思いますが、そもそも社内にいるより静かなので、集中して仕事ができ、効率が上がっています。あとは家族との時間が多く取れるようになりました。デメリットは、コミュニケーション。チャットでのやり取りは直接対話より手間がかかりますね……。またカフェは、長時間の作業には向かないと感じました。

【ケース4~商品企画部・小松さん】

 (4011)

Q.リモートワークを使おうと思った理由
自席にいると相談を受けることが多いため、集中してPCに向かい続ける時間が取りたかったから。あと家庭の事情ですが、小2の長女にバスに乗って習い事に行かせているのをやや申し訳なく思っていました(他のお母さんは当然送ってそのまま見学……)。また今年は春からPTA役員を引き受けなければならず、今後は最低でも月1回、平日午前や午後の1~2時間参加することを余儀なくされるので、そのためだけに遅刻・早退することを避けたいという気持ちがありました。

Q.今までの実施回数
2回。月・火は定例が多いため、水・木あたりを毎週狙っています。

Q.実施してみての率直な感想は?
非常に快適でした。やはり移動時間ゼロで仕事開始・終了できる魅力は想像以上ですし、 その分、勤務時間を「無理なく」延ばすことができます。これなら今後、子ども1人につき月1回参加が義務付けられているPTA活動(鬼の平日昼間指定)も無理なくこなせそうで安心しました。

そして、何よりも子どもが嬉しそうだったこと。実は小学校へ入学してから「おかえり~」と子どもを家で迎えられたのは、この日が初めてだったんです。二人で並んで仕事(と宿題)を黙々とこなしました。いつもは心細い思いで習い事のためにひとりバスに乗るのを、車で送ってあげられて嬉しかったです。子どもも「次はいつお家で仕事するの?」と楽しみにしているようです。

とは言え、デメリットはない訳ではありません。席にいない状態のため、営業や制作担当が急ぎで対応してほしいことがあるとき、やはり私以外の周りの人に声がかかることになり、サポートしてもらっている……そこは今後も肝に銘じたいです。また、何か問い合わせをもらった場合、メール・チャットと、基本的には「文字」で返すため、直接顔を見て会話すればすぐに解決するような内容でも、なかなか双方の意図が伝わらず時間がかかってしまうことも。より注意深くコミュニケーションする必要があるなと思いました。

私たちの部では、業務開始時にその日のToDo予定を共有し、終了時に実際の業務を報告します。突発案件があるので、その通りにはできなくて当然なものの、何をやったか常に公開するため良い意味でやると決めた仕事への「プレッシャー」が大きく、自宅にいるからぐうたらする……ということにはなりませんでした。

もちろん、業務上リモートワークしづらい方には申し訳ない気持ちもありますが、できるだけたくさんの人に実感してもらいたいです。

■人事担当者必見!リモートワーク導入にあたってのトライアルルール(ダウンロード可)

さて、ケーススタディとして4名の社員の話を聞いてみましたが、概ね好評のようですね。この記事を書いている私は、会社に来る方が比較的集中できる(≒自宅だと色々と誘惑が多い)ため、未だリモートワークを実践してませんが、皆さんの反応を見ていると、まずは一度トライせねばと思った次第です。

最後に、この記事をご覧になっている他社の人事担当の方向けに、弊社が導入にあたって策定した約50項目におよぶトライアルルール一覧を公開します。

【リモートワークのトライアルルール:ダウンロードはこちらから】

見ていただければお分かりの通り、オールアバウトでは性善説に基づいてこの制度を設計しているため、あえて詳細まで詰め切っていません。これは、部署ごとに上長とメンバーとで、どういう働き方が自分たちにとってベストなんだっけ?という議論のキッカケにして欲しいから。これにより、「私達の部署は週2回まで」や「業務内容・掛かった時間・その振り返りを都度レポートする」などローカルルールも生まれているようです。

4月末までが試験期間ですが、果たしてその後、本格導入に至るのか否か?結果については、またこちらでご報告したいと思います。

※追記※■その後の進捗についてはこちらから

31 件

おすすめの記事

ヒト <リーダーズ Vol.5>WEBメディアのコンテンツ流通に新たな形を生む「citrus」の挑戦

2016年4月にスタートした分散型メディアプラットフォーム「citrus(シトラス)」。立ち上げとともにオールアバウトナビ社へ出向し、「citrus」の編集長を務める荒井 洋平さんは...

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

コト 「Advertising Week Asia」に執行役員・箕作が登壇~生活者をいかに態度変容させるか、ブランドリフト観点でのアドベリフィケーション活用について

世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング・広告など多くのテーマでセッションが展開されるイベント「Advertising Week Asia」。アドベリフィケーションに関す...

人気記事ランキング

コト 若手社員が社会人としての価値を上げるべく主体的にとりくむ「若手勉強会」って?

今年3月から営業部の新卒社員によってひっそりとスタートした「若手勉強会」。 当初の参加人数は8人だったものの、今では他部署からの参加者も多く約15人が常時参加するウィークリーセミナ...

ヒト <9月の新メンバー>会社のビジョンにある「自立」という言葉に共感(経理グループ・川野)

今月入社した中途社員を紹介します。

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...