コト

シェア研修で開催「マインドフルネスセミナー」の内容を公開!

オールアバウトが2012年から導入している新入社員研修「シェア研修」。2018年度は新たな取組みとして、外部の企業と合同で「マインドフルネスセミナー」を実施しました。多様な働き方がある現代において、仕事の生産性を高めるにはどうしたら良いのか。専門家によるレクチャーを実際に受けてきました。

オールアバウトでは、2012年から新入社員を対象に、他社の新入社員と合同で行う「シェア研修」を導入しています。新人の頃から他社と関わりをもつことで、外にも意識を広げ、思想や行動の多様化・オープン化し、次世代を担う人材を育成を目的に、様々な独自的なカリキュラムで構成されるシェア研修。今年は例年の内容に加えて、「マインドフルネスセミナー」をトライアルで導入!スティーブ・ジョブズ氏などの経営者や、Googleなどの企業が導入するなど何かと話題になっている「マインドフルネス」。その導入理由から実践方法までをレポートいたします。

■なぜ新入社員研修でマインドフルネスセミナー?

まず、なぜ新入社員研修でマインドフルネスセミナーを導入したのか、人事マネジャーの岡部さんに話を聞きました。
――株式会社オールアバウト 人事グループマネージャー 岡部
「人生100年時代と言われる現代において、仕事の生産性を高めることは、健康管理の観点からも、社会で生き抜く上でもとても重要です。そこでオールアバウトでは働き方改革の一環として、リモートワークなど様々な施策をトライアルで導入しています。今回は、集中力を高める施策の一つとして、”マインドフルネス”のセミナーを新入社員研修にトライアル導入しました。」
スティーブ・ジョブズをはじめとする著名な経営者や、Googleなどの企業も導入するマインドフルネス。今回のセミナーでは、マインドフルネスの権威であり、「世界のエリートがやっている最高の休息法」などといった著書を出されている、アメリカ神経精神医学会認定医の久賀谷亮先生にお越しいただきました。

■専門家による「マインドフルネス」講座

 (4319)

今の時代は、特に脳や体が疲れるようになっています。携帯電話などを見ると情報量が多いし、いろんなことがスピーディーに行われます。そういった状態の中で、我々の心は常にさまよっていて、頭の中がパンパンになってしまっています。そうすると疲れやすくなる。疲れを取るには、上手に休む方法が必要となります。そこで企業などが取り入れているのが、シンプルで正しい休息法である『マインドフルネス』です。

過去や未来というものの大半はストレスの原因になります。先週ミスをしてしまった、という過去のストレス。明日は上司とのミーティングがあるという、未来のストレス。そんなふうに、過去と未来からストレスが来るのです。そのストレスから逃れるのは、“今”に注意を向けるということが重要です。
『マインドフルネス』とは何かに注意を向けるということ。それも、熱心にやる。獲物を狙う猫は、狙った獲物に注意を向けます。注意が向くのは“今”。過去でも未来でもなく、目の前に獲物がいるという、“今”なのです。

少し科学的な話をすると、脳の中心にある部分をデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)といいます。ここは、ぼんやりしているときなど、何もしていないときに動くのですが、かなりのエネルギーを消耗します。『マインドフルネス』というのは、このDMNの活動を鎮める効果があります。
『マインドフルネス』により、疲れやストレス、雑念がなど、脳の負担が減ります。そうやって脳にスペースを作ることによって、集中力や生産性があがる、といわれています。
薪をくべて火をおこすとき、薪と薪との間にスペースがあると酸素が入り、火がおこしやすくなります。スペースというのは、人間の脳にも必要なものなのです。
ここにいるみなさんは、新しく学ぶことが多かったり、将来の不安があったり、いろいろあるでしょう。そういうときこそ、ブレイクをとって一時停止をしてみてください。そのほうが、実りが多くなります。『マインドフルネス』というのは、休みにくい、疲れがたまりやすい現代社会の中で、シンプルでいつでもできる正しい休息法です。ポイントは、“今、この瞬間にいる”。それを意識することだけです。

■ビジネスパーソンが持っていたほうが良い、「マインドフルネス」の知識

セミナーでは、紅茶を使った「マインドフルネス」を提案し、実際に自社でも取り入れているユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社取締役人事総務本部長の島田由香氏も登壇。自身の体験や社内での取り組みなどを交えて、“自分に意識を向ける”ことの大切さを話してくださいました。
 (4327)

私自身、4~5年前から『マインドフルネス』を体験して、会社にも取り入れました。ビジネスパーソンになる最初の段階のところでこの知識を持っている/持っていないとでは、すごく差が出てくると思います。

これから、仕事に生産性を求められることが多々あるでしょう。そのときに大切になってくるのが、先ほど久賀谷先生のお話にもあった“スペース”です。心や時間に余裕があると、生産性が高まります。他人や仕事、家のことなどにエネルギーを使ってしまうことを私は“human doing”と呼んでいます。私たちはもっと“human being”であるべきなんです。自分の在り方に意識を向けるということです。『マインドフルネス』は、“human doing”を“human being”に戻してくれます。マインドがフルの状態ではなく、マインドフルでいること。これが確実に生産性を高めてくれます。新人研修でこれを取り入れるというのは、すごくいい取り組みなのではないでしょうか。

■「マインドフルネス」を実践!

そしていよいよ、久賀谷先生の指導のもとマインドフルネス実践です!
 (4331)


まずは背中をまっすぐに伸ばして、目を閉じ、数回軽く呼吸をします。
なるべく体の力は抜いて、特には力が入りやすい顔、顎や眉間などはゆるめるよう心がけるのがコツです。

次に、体の感覚に注意を向けます。
呼吸は普段どおり行いながら、頭のてっぺんから足先まで、普段と違う感覚がないか、痛みや疲れなどがないか注意を向けます。
次に左足の親指に意識を向け、靴下や靴に触れている感覚、隣の指に触れている感覚など普段、注意を向けていないものを意識しましょう。

体の感覚に注意が向けられたら、次は呼吸に注意を向けてみます。
鼻からでも口からでもどちらでも構いません。自分が心地よく感じるかたちでやってください。
鼻から空気が入る感覚、あるいは空気が口や喉を通ってお腹に入っていく感覚を意識しましょう。

これをやっている最中、頭に、何かしらの考えが浮かんでくるはずです。それはすごく自然なことで、いいか悪いかなど考える必要はありません。もし何かしらの考えが頭の中に湧いてきたら、その自分が考えている事象に気づくことが大事。考えている事に気づいたら、またゆったりと呼吸に注意を向けてください。また別に考えが浮かんだら、同じことをする。それを繰り返してみてください。

 (4337)

先生によると、こうやっている間にも、脳には変化が起きているのだとか。
眠くなる人も多くいるそうですが、それも自然なこと。最初は眠くなったり、リラックス効果を感じなかったり、「これでいいのかな?」と半信半疑の人でも、だまされたと思って継続すると、効果を感じられるのでは、とお話されました。

■紅茶を使った「マインドフルネス」

基本的なマインドフルネスのステップを確認した次は、紅茶を使った実践方法を教わりました。
何か飲み物を飲むという行為を意識することで、マインドフルネスを実践しやすいのだとか。やり方を先生が解説します。
 (4341)

それでは紅茶を手に持ち、”紅茶を飲む”という行為に対して注意を向けてみましょう。
まずは紅茶を眺めます。ここでは五感を使います。色、湯気の様子、コップの熱さ、香り、そして味。苦味や甘みなど、複雑な味を感じられると思います。口に含んで、口の粘膜でも感じてみてください。飲み込んだときの、口から食道を通ってお腹に入るときの感覚にも気をつけてみましょう。
呼吸法だけだと思っていた「マインドフルネス」ですが、このように食事をする際に五感を使って“今”に注意を向けるというもの、その手法の一つになるそう。いずれもポイントは、“今”に注意を向けることだそうです。

■セミナーを受けてみて

参加した新入社員にセミナーの感想を聞くと、ほとんどの人が自分に意識を向ける事の難しさを感じたものの、Mindをfullにするのではなくmindful(意識して)で生活する大切さを意識していきたいと話していました。
また先生の話の中では、マインドフルネスで心にゆとりをもてば、弱みをオープンにさらけ出す事ができるというのも印象に残った様子。自分の強みを活かし、弱い部分は得意な人に頼ることが大切であるとう先生の言葉に、チームで働く・活動するうえで重要な要素を見出したようです。

新入社員に限らず、日々の生活のなかで、またいざという時、集中力を発揮したい時など、
長い社会人人生をよりよく過ごすために、「マインドフルネス」を活用してみてはいかがでしょうか。
28 件

おすすめの記事

お知らせ 今年多くの人が決断した5つの”コト”ランキング、「国民の決断アワード2017」発表!!

今年で5回目となるAll About発の「国民の決断」アワード。今回はオールアバウト本社で発表会を開催しました。「住まい」「マネー」「暮らし」「キャリア」「健康」の5部門のうち、今年...

ヒト <リーダーズ Vol.10>オールアバウトグループ成長の牽引役、『サンプル百貨店』の取り組み

2011年に資本業務提携をした後、2012年3月にオールアバウトのグループ会社となったオールアバウト ライフマーケティング。話題の商品がお得に試せる「サンプル百貨店」を主力サービスと...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

人気記事ランキング

コト 新人が"仮想同期"と切磋琢磨! 次世代リーダーを育成する「シェア研修」って?

2012年よりオールアバウトが導入しているIT企業複数社合同で新人研修を行うシェア研修。今年も3社30名の新卒社員たちが参加。研修の様子をお伝えするとともに、オールアバウト人事担当者...

ヒト "動"と"静"、両極端なトップセールス二人が語るオールアバウトにしかない価値

2017年通期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の呉屋大志さんと、2017年下期のMVPを受賞したアカウントプランニング部の吉開健太さん。2人のどんなところが評価されたのでし...

コト 【ゴチエビス vol.8】栄養が偏る一人暮らしに嬉しい、家庭的な“ぼっちランチ”

オールアバウトの所在地、恵比寿にある社員行きつけのお店をリレー方式で紹介する「ゴチエビス」。第8回はオールアバウトの営業活動を担う、アカウントプランニング部 新卒3年目の“とめちゃん...