専門家

一杯のコーヒーに秘められている作り手の情熱や世界観そのストーリーを伝えていきたい【カフェガイド 川口 葉子】

カフェを愛し、カフェを記録して残したいと始めたサイトが、時代の流れともリンクして、川口さんをカフェの第一人者に押し上げた。カフェとはコーヒー一杯分の時間を提供してくれる場所。そう語る川口さんの原点とは

All About【カフェガイド 川口 葉子】

川口 葉子(かわぐち ようこ) ライター、喫茶写真家。Webサイト『東京カフェマニア』主宰。著書に『東京カフェを旅する』(平凡社)、『京都カフェ散歩』(祥伝社)、『カフェとうつわの旅』(青山出版社)ほか多数。雑誌、Web等でカフェやコーヒー特集の監修、記事執筆多数。

美しい化石としてカフェを記録に残したい

「小さいころの夢は考古学者になることでした。大切に思っているカフェを写真と文章で記録し始めたのも、わずか数年で消えてしまうことも少なくないカフェを、せめて美しい化石として保存したかったから。100年後に誰かが『東京のカフェのかけら』として発掘してくれたら、こんなにうれしいことはないですね」

こう話す川口葉子さんの個人ホームページ「東京カフェマニア」は、1999年末の開設からすぐに、その選択眼の確かさと趣のある独特の語り口で多くの読者を獲得。魅力的なカフェを探す指針として厚い信頼を得ている。

高校生の頃から喫茶店を頻繁に利用していた川口さんが、「東京カフェマニア」の開設に踏み切ったのは、通っていたカフェの閉店がきっかけだった。

「毎夏、夫の出身地である伊豆大島に出かけ、海で泳いだ後は、ネイティブ・アメリカンの音楽が流れ、島の音楽好きの憩いの場所となっていたカフェを訪れるのを楽しみにしていました。ところがある年、いつものように行ってみたら、そのお店が大家さんの都合で立ち退きを余儀なくされ、閉店していたんです。なにげなくカフェに座っていた間は、この空間は永遠に続くものだと思いこんでいたのに、現実はそうではなく、ある日突然なくなってしまうこともある。いつかは私の記憶も薄れてしまうでしょう。そう気がついたら、なんとしてでも記録として残しておきたくなりました」

カフェにゆるやかに流れる時間を独特の筆致と写真で切り取っている川口さんにとって、カメラは頼もしい相棒だ。いかにお店の魅力を伝えるか。今日も真剣勝負が始まる。(http://allabout.co.jp/gm/gc/196928/)。

自分の好みと世の中の動きが合致した

大学卒業後、外資系IT企業に勤務し、Webデザインの仕事に従事していた川口さんにとって、ホームページを作りカフェを記録する作業はさして難しいことではなかったようだ。
「会社員としてやってきたことは、いまの仕事にすべて役立っています。Webデザインの技術も学べましたし、アポ取りなどのビジネスマナーも身につけることができた。ムダな経験は一つもありません」と川口さんは振り返る。

ホームページは1軒のカフェの紹介記事からスタート。その後、2、3日に1軒のペースで掲載するカフェの数は増えていったが、写真撮影の許可を得る際、川口さんはずいぶんと緊張したという。今でこそ、「東京カフェマニア」といえばカフェ好きはもちろんのこと、カフェ経営者の間でも高い知名度を誇るが、開設当初は当然ながらまったくの無名だったからだ。

しかし、すぐに活路が開ける。ホームページ開設から半年後には、雑誌でホームページが紹介され、その後、出版社からも「ホームページの内容を本にしませんか」とのオファーが届く。取材を進めやすい状況はみるみるうちに整った。著作もすでに20冊近い。
「ちょうどカフェが注目されはじめた時代でもあり、個人のホームページ作りが流行りだした時期でもあった。自分の好みと世の中の動きがたまたま合致していたように思います」

旅行も大好きな川口さん。旅のお供として欠かさず持ち歩いているのがコーヒーセットだ。ペーパードリップで淹れたコーヒーを列車や飛行機の中でも楽しんでいる。(http://allabout.co.jp/gm/gc/196928/)。

小泉誠さんの主宰する「こいずみ道具店」で買った、川口さんお気に入りの漆のコーヒーカップ。tocoro cafeの空間も、同じデザイナーが創り出しているそうだ。

嫌なものを減らすことを追求した結果がいまの私

もうひとつの転機となったのがAll Aboutのガイド就任だ。2003年に会社を辞めた直後、All Aboutの「カフェ」ジャンルでの募集を知った友人から「あなたがやるしかないでしょう」と勧められ、応募。「100本のリンク集の作成」というハードな課題も乗り越え、川口さんは熱心に記事を更新していった。現在、「東京カフェマニア」ではカフェから依頼された求人情報やカジュアルな情報を主に掲載し、カフェに取材した内容はAll Aboutに紹介するという形でサイトを住み分けしている。

「軽い気持ちで応募しましたが、もともと書くのが好きだったから続けてこられた。人間には綿密に計画を立てて物事を進めていくタイプと、その時々のなりゆきにまかせるタイプの2種類がいますが、私は明らかに後者(笑)。無理をせず、嫌なものや苦手なものをできるだけ減らすことを追求した結果がいまなんです」

こう笑う川口さんだが、取材姿勢や手掛ける記事の完成度は「真剣勝負」という言葉がふわしい。綿密な取材をもとに細部に至るまで抜かりなく、店の個性、店主の魅力を鮮やかに描き出す。この店にぜひとも行ってみたい。読者にそう思わせる強力な熱源が、柔らかな文章の随所に満ちている。

取材の際に欠かさず持ち歩くICレコーダーと手帳。

1通の手紙で、取材・執筆に対する心の持ち方が変化

All Aboutのガイドを続けるうちに、カフェの取材と執筆に対する川口さんの「心の持ち方」は自然に変化していった。

「最初は『保存欲』からスタートしましたが、そのうち、自分が書くことを通して、社会に何をプレゼントできるんだろうかと考えるようになった。契機になったのが、あるお店の方からいただいた丁寧なお手紙です。空間づくりやメニューの背後に見え隠れしている、オーナーの志や理想とする世界のようなものに目が向いて、それらをピックアップして書いたところ、とても喜ばれたんですね。謙虚なオーナー自身があえて口に出さないことを読み取り、自分が伝えていこうと強く思うようになりました。それを通して、良いカフェが人々に長く愛され、続いていくこと、ひいては街に自由で気持ちのいい場所が増えていくことにつながれば」

単なるカフェの記録の保存でもなければ、よくある“美味しい”というグルメ記事でもない。店主やスタッフがカフェを通して何を実現し、何を目指しているのか。「東京カフェマニア」や川口さんの著作物が他のカフェ本と一線を画し、「何度も何度も読み直した」という熱心な読者を生み出している理由はそこにある。

居心地の良いカフェを作るのは店主だけじゃない

カフェの楽しみ方について、川口さんに尋ねてみた。

「私自身にも責任がありますが、いまは情報過多になっているので、減点法でカフェを評価する方が多いのはちょっと残念。レビュー目線でカフェを訪れるのではなく、もっとシンプルにカフェで過ごす時間そのものを楽しんでいただけたら嬉しいですね。お店の方ともよく話すんですが、『お客上手』になるとカフェはより楽しくなる。居心地の良い素敵なカフェを作るのはお店の方ばかりじゃない。お客上手なお客さまもカフェの作り手なんですよ」

仕事がなくてもカフェには頻繁に足を運ぶ筋金入りのカフェマニアである川口さんの今後の予定は、目白押しだ。テーマはどれもカフェだが、切り口はすべて異なる3冊の新刊の執筆を進めている。

「目標は特に定めていません。大好きなものから離れないでいたいだけ」と川口さん。世の中の空気を取り入れつついまも進化を続けているカフェの「いまそこにある空気」をこれからも優しく、そして鮮明に切り取ってくれるに違いない。

川口さんの大のお気に入りのカフェ、tocoro cafe(東京都世田谷区)のオーナー夫妻と。「こちらのお店はミニマリズムの極致。茶道のようにひとつ一つの立ち居振る舞いが美しいんです」と川口さん。
文/三田村蕗子 写真/金田邦男
19 件

おすすめの記事

ヒト <プレイヤーズ vol.3> 柔軟・的確な対応のために、サービスの立ち上げから関わる「攻め」の法務 高橋実穂

オールアバウトの成長や変革に寄与した人物にお話を伺い、仕事に対する価値観や取り組みの詳細を深堀りしていく「プレイヤーズ」。今回は2016年度の「社長賞」を受賞した経営管理部 法務グル...

コト オールアバウトがいま、「広報誌」を作る理由

広報グループが運営しているこのオウンドメディア「About All About」も開設から1年近く経過しましたが、このたびオールアバウトとして初となる広報誌を発行する運びとなりました...

ヒト <リーダーズvol.12> 不確実な世の中で”長く続く会社”になるために

今年3月の決算説明会にて、7期連続増収・過去最高売上高更新を発表したオールアバウト。2020年に迎える創業20周年に向けて、今、順調に業績を拡大している背景について、代表の江幡さんに...

人気記事ランキング

コト 若手社員が社会人としての価値を上げるべく主体的にとりくむ「若手勉強会」って?

今年3月から営業部の新卒社員によってひっそりとスタートした「若手勉強会」。 当初の参加人数は8人だったものの、今では他部署からの参加者も多く約15人が常時参加するウィークリーセミナ...

ヒト <9月の新メンバー>会社のビジョンにある「自立」という言葉に共感(経理グループ・川野)

今月入社した中途社員を紹介します。

専門家 女性だけの問題ではない。意外と身近な「不妊治療」、専門家とオープンに話してみた。

All Aboutの専門家(ガイド)に色々聞いてみるコーナー。 今回は、爆笑問題・太田光も絶賛の人気Podcast番組「バイリンガルニュース」でMCを務めるMamiがレポーターとして...